長岡生コンクリート
コンクリートの生みの親だからこその安心コンクリート診断

「診断士が7名在籍する生コン工場」 設計・改修・診断・調査・判定

「診断士が7名在籍する生コン工場」 設計・改修・診断・調査・判定

当社長岡生コンにはコンクリート診断士が現在3名(年度内にはさらに4名増員し7名体制予定)在籍している。不足気味とされているコンクリート診断士が7名在籍する生コン工場は静岡県では当社だけ、全国的にみても珍しい。大規模改修の基礎調査の時にはぜひ思い出してもらいたい。


静岡県建築士事務所協会総会

5~6月は建設業界だけじゃないかもだが、

総会シーズン


スーツ(セットアップ)

※リンクはセメント新聞猪熊さんのコラム、「セメントはファッションです」


昨年度(大抵は3月末まで)の1年間を総括して、

そのまま懇親会みたいなそんな感じ。

だから飲む機会も多い。

通常生コン屋は設計事務所に接触する機会はあまりないため、

勢い設計事務所の総会などにはそもそも及びではないのだが、

10年ほど前から設計事務所へ営業をするいわゆる、

スペック活動(設計織り込み)を始めたことがきっかけで、

建築士事務所協会に出入りするようになった。

もちろん、生コン屋なんかは僕一人だけ。

めっちゃ浮いた存在だけに安心していつも通り浮いてきた。

「生コンニチハ」

協力企業挨拶にたち挨拶をした僕のほうを目をぱちくりさせてご覧になっていた。


建築

土木とならんで生コンの主要市場。

情報が最も最初にもたらされる業態、それが設計事務所。

設計事務所協会や発注機関のお偉いさんのご挨拶に、

「35歳」

という言葉があった。

どうやら静岡県内の県所有建築の平均年齢のことだそうだ。

きっと全国的にもおおむねそんなところだと思う。


人間であればそろそろ更年期

という言葉の後、

「建物においては大規模改修が必要な時期」

というくだりがあった。

Sustainability

時代の要請は生コンではなくて維持管理。

そんな時代に設計事務所も変化を求められている。

創ればいいという時代ではなくなっている。


建築士事務所協会の懇親会に居並ぶ顔ぶれを見ても、

「やけに若返ったなあ」

という感じがした。

10年以上も設計事務所巡りをしていれば、

10年前と現在の顔ぶれの違いにも気づく。

僕と同じか、さらに年下の設計事務所の人間が目立つ。

こわいなあ

と思っていた大先生の姿が徐々に鳴りを潜めている。

世代交代を感じざるを得ない。


生コン屋が設計事務所に何を伝えるべきか?

当社長岡生コンにはコンクリート診断士が現在3名(年度内にはさらに4名増員し7名体制予定)在籍している。不足気味とされているコンクリート診断士が7名在籍する生コン工場は静岡県では当社だけ、全国的にみても珍しい。大規模改修の基礎調査の時にはぜひ思い出してもらいたい。

そんな意味のことを壇上で「生コンニチハ」とともにご説明した。


静岡県の建物の要求品質はただでさえ高い。

それは東海地震を想定してその他府県と比べ安全設計となっている。

静岡県の35歳を迎えた建築物。

それらは5年遅くとも10年以内には一斉に、

・解体

・改修

の二者択一を迫られる。


コンクリート診断士が7名(予定)いる生コン工場は、

静岡県では当社長岡生コンだけ。

そして、静岡県だけじゃなく、生コン工場の診断士登録数No.1は、

生コン全国アライアンスGNN元気な生コンネットワーク

となっている。

生コン工場はコンクリート実務にたけている。

そんなエキスパートが自分たちが供給したコンクリートの劣化状況を判定し、

その後の計画の基礎調査を提供する。


作るから維持するというパラダイムシフトに沿って、

僕たち生コン工場も姿かたちを変えています。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/05/27

あわせて読むなら!

  • 「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    http://www.nr-mix.co.jp/diagnosis/blog/post_39.html宅建業法改正(住宅インスペクション制度の制定)に伴い不動産取引・売買(リフォーム、中古住宅)にホー...

    詳しく見る

  • 「既存住宅状況調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    「既存住宅状況調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    既存住宅状況調査とは新たな日本の住宅循環システムを構築するため、協会が定める受講をした建築士など登録インスペクター技術者による建物状況調査(インスペクション)をもってリフォームなど安心な市場環境を推進...

    詳しく見る

  • 「いや、図面が見当たらないんです|コンクリート診断」

    「いや、図面が見当たらないんです|コンクリート診断」

    古くなった物件をリノベーション。解体新築に比べてお金も時間もかからない。けど、「あれ?図面がない?!」そんな時にも安心。コンクリート診断士の出番です。 図面がない?! そろそろ改修工事かな。 そんな相...

    詳しく見る

  • 「身近なコンクリート診断・調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    「身近なコンクリート診断・調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    身近な診断士によるコンクリート構造物の調査・診断(土木・建築)。コア強度試験、劣化調査、鉄筋腐食、破壊・非破壊検査、環境調査、補修・補強など保全計画の立案その他。   これまでの調査・診断の常識 ちょ...

    詳しく見る

  • 「お前んところの生コンのせいだ!|コンクリート診断」

    「お前んところの生コンのせいだ!|コンクリート診断」

    責任を押し付け合う建設現場。ものづくりのパートナーのはずなのにギクシャクした関係で作られる社会インフラ。ブレイクスルーの鍵はコンクリート診断士をはじめとした生コン屋さんの技術力 「お前んところの生コン...

    詳しく見る

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ