長岡生コンクリート
生コン屋さんとコンクリート診断
コンクリートの生みの親だからこその安心コンクリート診断

生コンでいいことコンクリートで不幸になる人を0に

サービス 見積依頼 コメント
お 名 前 連 絡 先 購入希望 担当者からの連絡を希望しない

「診断士が7名在籍する生コン工場」 設計・改修・診断・調査・判定

「診断士が7名在籍する生コン工場」 設計・改修・診断・調査・判定

当社長岡生コンにはコンクリート診断士が現在3名(年度内にはさらに4名増員し7名体制予定)在籍している。不足気味とされているコンクリート診断士が7名在籍する生コン工場は静岡県では当社だけ、全国的にみても珍しい。大規模改修の基礎調査の時にはぜひ思い出してもらいたい。


静岡県建築士事務所協会総会

5~6月は建設業界だけじゃないかもだが、

総会シーズン


スーツ(セットアップ)

※リンクはセメント新聞猪熊さんのコラム、「セメントはファッションです」


昨年度(大抵は3月末まで)の1年間を総括して、

そのまま懇親会みたいなそんな感じ。

だから飲む機会も多い。

通常生コン屋は設計事務所に接触する機会はあまりないため、

勢い設計事務所の総会などにはそもそも及びではないのだが、

10年ほど前から設計事務所へ営業をするいわゆる、

スペック活動(設計織り込み)を始めたことがきっかけで、

建築士事務所協会に出入りするようになった。

もちろん、生コン屋なんかは僕一人だけ。

めっちゃ浮いた存在だけに安心していつも通り浮いてきた。

「生コンニチハ」

協力企業挨拶にたち挨拶をした僕のほうを目をぱちくりさせてご覧になっていた。


建築

土木とならんで生コンの主要市場。

情報が最も最初にもたらされる業態、それが設計事務所。

設計事務所協会や発注機関のお偉いさんのご挨拶に、

「35歳」

という言葉があった。

どうやら静岡県内の県所有建築の平均年齢のことだそうだ。

きっと全国的にもおおむねそんなところだと思う。


人間であればそろそろ更年期

という言葉の後、

「建物においては大規模改修が必要な時期」

というくだりがあった。

Sustainability

時代の要請は生コンではなくて維持管理。

そんな時代に設計事務所も変化を求められている。

創ればいいという時代ではなくなっている。


建築士事務所協会の懇親会に居並ぶ顔ぶれを見ても、

「やけに若返ったなあ」

という感じがした。

10年以上も設計事務所巡りをしていれば、

10年前と現在の顔ぶれの違いにも気づく。

僕と同じか、さらに年下の設計事務所の人間が目立つ。

こわいなあ

と思っていた大先生の姿が徐々に鳴りを潜めている。

世代交代を感じざるを得ない。


生コン屋が設計事務所に何を伝えるべきか?

当社長岡生コンにはコンクリート診断士が現在3名(年度内にはさらに4名増員し7名体制予定)在籍している。不足気味とされているコンクリート診断士が7名在籍する生コン工場は静岡県では当社だけ、全国的にみても珍しい。大規模改修の基礎調査の時にはぜひ思い出してもらいたい。

そんな意味のことを壇上で「生コンニチハ」とともにご説明した。


静岡県の建物の要求品質はただでさえ高い。

それは東海地震を想定してその他府県と比べ安全設計となっている。

静岡県の35歳を迎えた建築物。

それらは5年遅くとも10年以内には一斉に、

・解体

・改修

の二者択一を迫られる。


コンクリート診断士が7名(予定)いる生コン工場は、

静岡県では当社長岡生コンだけ。

そして、静岡県だけじゃなく、生コン工場の診断士登録数No.1は、

生コン全国アライアンスGNN元気な生コンネットワーク

となっている。

生コン工場はコンクリート実務にたけている。

そんなエキスパートが自分たちが供給したコンクリートの劣化状況を判定し、

その後の計画の基礎調査を提供する。


作るから維持するというパラダイムシフトに沿って、

僕たち生コン工場も姿かたちを変えています。


宮本充也

宮本 充也

主な著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

他、小松英樹、二見武馬

2017/05/27

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「コンクリート構造物系調査会社」 生コン・調査

    「コンクリート構造物系調査会社」 生コン・調査

    コンクリート構造物系調査会社 今やゼネコンでもサステイナブルが関心事。 もちろん、壊して作るがなくなるわけじゃない。 「壊して作る」はいつの時代も残ると思う。 その権化がゼネコンなのだけれど、 その市...

    詳しく見る

  • 「業務の中で英語を使う会社」

    「業務の中で英語を使う会社」

    英語の勉強してますか? グローバルだと世間では国際化がかまびすしいですが、 普段日本で暮らしていると英語に触れる時間は0 だから、普通に暮らしていて特段困ることもないのだけれど、 当今の学生の基本スペ...

    詳しく見る

  • 「どこから手を付けていいかわからない耐久性診断」 コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法

    「どこから手を付けていいかわからない耐久性診断」 コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法

    実際維持管理のような業務は担当部署が設定されそこが一元的に業務遂行をすることでノウハウが蓄積されより精度の高い維持管理業務が期待できる コンクリート診断事業をやっています。 そんなことを伝えるために、...

    詳しく見る

  • 「どこに頼んでいいかわからない」 コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法

    「どこに頼んでいいかわからない」 コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法

    コンクリート診断・調査・シュミットハンマー・クラック調査・中性化試験・強度推定・鉄筋ピッチ・ドリル法、ありとあらゆるコンクリートにかかわることは実は生コン屋さんでもやってます。そして、コンクリート診断...

    詳しく見る

  • 「このひび割れ大丈夫なの?」 ひび割れ・診断・クラック・調査・生コン

    「このひび割れ大丈夫なの?」 ひび割れ・診断・クラック・調査・生コン

    このひび割れ大丈夫なの?最初から大学病院に行く必要はない ひび割れって好きな人いない。 僕たち専門家だって基本は嫌い。 だって、大切な構造物にびしっとひび割れが入っちゃう。 土間コンにしても壁にしても...

    詳しく見る

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
長岡生コンクリート
このページのトップへ