長岡生コンクリート
コンクリートの生みの親だからこその安心コンクリート診断
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「コンクリート技士は生コン工場の運転免許」

「コンクリート技士は生コン工場の運転免許」

何はともあれ、

技士・主任技士試験お疲れ様でした。

当社長岡生コンからも6名の勇者が東京から戻ってきました。

今日答え合わせを行うそうです。

さあ、今年はどんな結果が示されるか。

生コンブログの始まりであります。


コンクリート技士は生コン工場の運転免許

当社メンバー二見さんのコメントです。

なるほど。

やけに納得してしまいました。

となれば主任技士は2種免許みたいなもんか?


横浜の東伸コーポレーションさんでは毎週勉強会を開催している。

近隣の生コン工場や商社の方をお招きし、

毎週講師を立てて自主勉強会が開催されている。

だから同社では技士・主任技士の比率が非常に高い。

ドライバーさんまでも技士の取得者が多くいらっしゃる。

これは文化といっていいと思う。

自主的に勉強をする。

コンクリートに関する専門家となる意欲が醸成される。

そんな文化が組織の中に根付いているのだと思う。

これは一朝一夕に成立するものではない。


コンクリート主任技士取得者

生コン実務にかかわる資格試験としては最上級とされる資格。

当社長岡生コン(長岡さくら工場)では6名の主任技士が在籍している。

社員十数名の会社では多いほうとの自負がある。

コンクリート関連にはこのほかに、

コンクリート診断士

や、

技術士(鋼構造・コンクリート)

などの関連資格もある。


それぞれに要求する知識体系が異なるため、

どれが上位に位置するとかいうものではないけれど、

実務をこなしながら学習をするという意味では、

それぞれに資格取得はとても困難が付きまとう。


こうした資格に対して、

運転免許みたいなもの

という気構えで当社は資格取得を励行している。

その結果、

コンクリート技士

コンクリート主任技士

コンクリート診断士

技術士

の他に、

1級建築士

1級土木施工管理技士

1級建築施工管理技士(予定)

などの関連資格を有する職員が在籍している。


生コン屋さんとコンクリート診断

前置きが長くなったが、

僕たち生コン屋が提供する、

コンクリート構造物の調査・診断サービス

特色としては1名の専門家の独善的な調査・診断ではなく、複数の有資格者(コンクリート以外も含む)の目による多面的な診断にさらし、リスク要因を出来るだけ未然に抽出する

という強みがあげられる。

もちろん、長岡生コンだけではない。

長岡生コンが所属するネットワークは、

GNN元気な生コンネットワーク

といって全国100社に及ぶ生コンアライアンスとなっている。

このアライアンスの背景があれば、

複数の工場の複数の専門家の目にさらすことができる。

それだけ多くの専門家の目にさらされれば、

より多面的な診断・調査が可能となる。

そんな特徴がある。


有資格者

1地域1工場だけではやはり限界がある。

社員10名の会社ではどうしても10名以上の有資格者にはなりようがない。

ただ、社外のネットワークに恃む場合、

その有資格者の数は工場の数だけ増えていく。

そこで共感できる専門家同士が力を合わせれば、

それだけ内容の濃い大規模な専門家集団が生み出される。


資格をたくさん持ってりゃいいってもんじゃない。

ただ、最低限生コンに努めるものとしては、

コンクリート技士は持っておきたい。

だから、みんな受験をするわけだけど。


コンクリート技士(運転免許)を取得したら、

その免許をもとになまこん実務ではいろいろな分野のフィールドがある。

資格試験が示す分野だけじゃない。

組合実務やオフィス関連の仕事、工務関連の仕事。

様々な分野で自分の強みを発揮する場所を見つけることができる。

その分野を極めるためにはある意味では、

自分の強み以外は捨てるというやり方も選択肢だと思う。

技士はとった。

主任技士をとるための時間を割くくらいなら、○○に時間を割きたい

みたいな。


その時分にはない専門性を補完してくれる存在として、

社外のネットワークを利用するというのも選択肢だと思う。


なにはともあれ1年間の資格試験勉強お疲れ様でした。

そして時を開けずに今日からまた仕事の1週間が始まります。

忙しいですねえ。

バタバタしますねえ。

けれどそんな忙しさの中でも一人ひとりが自分のやりたいことを見失わず。

その目標に対して真剣に取り組んでいけることを祈っています。

今年が受かっても落ちても、

お互いまた次の目標に向かって邁進していきましょう。

お疲れ様でした。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/11/27

あわせて読むなら!

  • 「身近なコンクリート診断士は【生コン】に在籍している」

    「身近なコンクリート診断士は【生コン】に在籍している」

    劣化や損傷したコンクリート構造物の性能や機能の評価や診断、今後の予測(LCC)や各種データや情報の把握・分析さらには、補修・補強などのソリューションを提案するプロ、コンクリート診断士。実は一番身近な全...

    詳しく見る

  • 「私そういう説明を聞きたかったんです|生コン屋さんとコンクリート診断」

    「私そういう説明を聞きたかったんです|生コン屋さんとコンクリート診断」

    相続したこの建物。見たところあちこち「大丈夫?」と思ってしまうひび割れとかが散見される。一体何年持つの?何か今ほどこしたほうがいいことってあるの?誰に相談したらいいかわからない。「私そういう説明を聞き...

    詳しく見る

  • 「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    http://www.nr-mix.co.jp/diagnosis/blog/post_39.html宅建業法改正(住宅インスペクション制度の制定)に伴い不動産取引・売買(リフォーム、中古住宅)にホ...

    詳しく見る

  • 「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    http://www.nr-mix.co.jp/diagnosis/blog/post_39.html宅建業法改正(住宅インスペクション制度の制定)に伴い不動産取引・売買(リフォーム、中古住宅)にホー...

    詳しく見る

  • 「既存住宅状況調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    「既存住宅状況調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    既存住宅状況調査とは新たな日本の住宅循環システムを構築するため、協会が定める受講をした建築士など登録インスペクター技術者による建物状況調査(インスペクション)をもってリフォームなど安心な市場環境を推進...

    詳しく見る

このページのトップへ