長岡生コンクリート
コンクリートの生みの親だからこその安心コンクリート診断
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「業務の中で英語を使う会社」

「業務の中で英語を使う会社」

英語の勉強してますか?

グローバルだと世間では国際化がかまびすしいですが、

普段日本で暮らしていると英語に触れる時間は0

だから、普通に暮らしていて特段困ることもないのだけれど、

当今の学生の基本スペックとして、

「英語しゃべれるようになってから卒業」

が普通のようだ。

僕が学生の時は、

「英語使わないし」

みたいな冷めた姿勢でいた。

実際就職先も生コン製造業。

絶対英語使わないし

と高をくくっていたところ、

ところがどっこい今はずいぶんと英語無しでは困ることが多い。

隔世の感がある。

生コンブログの始まりである。


26781576_1135641773204820_1613256132_o.jpg

※定例のNR Intl Meetingの様子。日本語厳禁、英語だけで議論がされる


http://genki-namakon.net/en/topics/

こちらは当社二見さんが担当をする英語ブログ


sinndanneigoburogu1.png

※再新のテーマは「生コン屋さんとコンクリート診断」


sinndanneigoburogu2.png

※当社にはコンクリート診断士が5名所属する


sinndanneigoburogu3.png

※ただ診断したり調査したりするだけじゃなく、きちんとその後もケアをしている

Everyday we have a lot of works to do in NR.

This year, NR released a new product service. It's named "Diagnosis Cracks with NR". Sometimes we are asked about the happening of cracks, by owners.

Why does it happen?
What should I do?
Is it dangerous?

Those cracks look all the same to an ordinary person. But we are professional of concrete. We can sort if it is a dangerous crack or not. Why are we able to? We have the diagnosis qualification from Japan Concrete Institute. So we can pass the exam for it.

Then, when the problem is solved, those cracks should be fixed as before. Now we have a technique for repairing it.

Where are those?
What did you do?
Amazing, isn't it!

If you have any questions. Please call us at ease.

Takema Futami from NR labo.


文章量もそれほど長くない。

二見さんが原案を起こしてフェラーリさんがチェックをする。

もうこれまで何編か発表しており、

少しずつだが業界または技術的な内容が豊富になってきつつある。


もはや生コン技術に関しては国内だけでとどまっていられない時代

当社もイタリアやシンガポール、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、韓国、中国・・・とありとあらゆる地域の人と会社と交流を持っている。

mailも英語が多くなってきたし、

実際に交渉をする相手と英語でやり取りすることも増えた。

プレゼンも英語だったりする。

英語という言語の強みはその情報のリーチ力。

日本語ではせいぜい1億人程度にしか届かないが、

英語の場合は数倍、数十倍の人たちに届くことが可能となる。

届けるだけじゃない。

受信する情報量も英語で得る情報量は日本語の比ではない。


長岡生コンは業務の中で英語を使う会社

今の段階ではまだまだ限定的だけど、

長岡生コンの誰にとっても英語と触れるチャンスがある。

気持ちは英語を公用語にしたいくらいだ。

そもそも僕だって英語を勉強したことはない。

(中学、高校の勉強を除いて)

実際の英語を話す方との交渉を通じて英語を自然と身に着けた。

だから勉強する必要はないと信じている。

英語は単なるコミュニケーションの手段なのだから。


日本という島国にいるとわからなくなってしまうもの。

生コン屋さんは僕たちも含めて、

お山の大将

が多いと思う。

なんか業容が大きかったりするとちやほやされて、

なんかえらくなった気になって尊大な態度を他人に取る。

そんなサンプルが何人か思い浮かぶが(笑)

狭い日本だけじゃなくて広く海外の生コンを知り、

まだまだ広い世界でチャレンジしていけるような。

そんな会社であり続ければいつまでも謙虚にいられると思う。

そんな手段として、

英語、長岡生コンでは力を入れてます。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/01/11

あわせて読むなら!

  • 「私そういう説明を聞きたかったんです|生コン屋さんとコンクリート診断」

    「私そういう説明を聞きたかったんです|生コン屋さんとコンクリート診断」

    相続したこの建物。見たところあちこち「大丈夫?」と思ってしまうひび割れとかが散見される。一体何年持つの?何か今ほどこしたほうがいいことってあるの?誰に相談したらいいかわからない。「私そういう説明を聞き...

    詳しく見る

  • 「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    http://www.nr-mix.co.jp/diagnosis/blog/post_39.html宅建業法改正(住宅インスペクション制度の制定)に伴い不動産取引・売買(リフォーム、中古住宅)にホ...

    詳しく見る

  • 「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    http://www.nr-mix.co.jp/diagnosis/blog/post_39.html宅建業法改正(住宅インスペクション制度の制定)に伴い不動産取引・売買(リフォーム、中古住宅)にホー...

    詳しく見る

  • 「既存住宅状況調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    「既存住宅状況調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    既存住宅状況調査とは新たな日本の住宅循環システムを構築するため、協会が定める受講をした建築士など登録インスペクター技術者による建物状況調査(インスペクション)をもってリフォームなど安心な市場環境を推進...

    詳しく見る

  • 「いや、図面が見当たらないんです|コンクリート診断」

    「いや、図面が見当たらないんです|コンクリート診断」

    古くなった物件をリノベーション。解体新築に比べてお金も時間もかからない。けど、「あれ?図面がない?!」そんな時にも安心。コンクリート診断士の出番です。 図面がない?! そろそろ改修工事かな。 そんな相...

    詳しく見る

このページのトップへ