長岡生コンクリート
コンクリートの生みの親だからこその安心コンクリート診断

「私そういう説明を聞きたかったんです|生コン屋さんとコンクリート診断」

「私そういう説明を聞きたかったんです|生コン屋さんとコンクリート診断」

相続したこの建物。見たところあちこち「大丈夫?」と思ってしまうひび割れとかが散見される。一体何年持つの?何か今ほどこしたほうがいいことってあるの?誰に相談したらいいかわからない。「私そういう説明を聞きたかったんです。身近な生コン屋さんの知識が笑顔を届ける



藏品アパート調査レポート

「このひび割れは等間隔に入ってて、中の鉄筋が錆びてきている兆候です」

「あのひび割れは表面に塗ったモルタル部分だけが割れてきている状態です」

「そのひび割れは幅が0.2㎜以下なので、とりあえず様子を見ましょう」


D1B6921D-0BB1-4590-BD7A-E69E2272D843.jpeg

※当該物件。RC造

川崎市の築19年、RCアパート。

依頼主は近年この物件を相続された専業主婦。

現状を見て悩んでいた。

「あちこちひび割れだらけだけど、大丈夫なんだろうか...」

コンクリートの専門家でなければそのコンクリート構造物が一体何なのか知る由もない

聞きたいのはそういうことじゃない!!

リフォーム業者、不動産業者などへ相談もしてみたが、いまいち腑に落ちない。

「ここはタイルを貼って...」

「そこは仕上げ材を...」

「売る気はありませんか?」

「そういうことを聞きたいんじゃないんです」


そこで相談しようと決めたのが、コンクリートの専門家による簡易診断。

ネットで検索していたら「生コンポータル」へとたどり着いた。



「私 そういう説明が聞きたかったんです」

ひび割れから推測される原因を丁寧に解説した際に発せられた言葉。

なるほど、いちいちのひび割れにはいちいちの理由があって、有害なものとそうでないものが明白に区分される


3D8B45E3-A6B4-43BF-B7BA-6B27159536ED.jpeg

※クラックスケールといってひび割れの幅をはかることによってひび割れを知ることができる

今回の簡易診断の内容

・外観目視による現状把握

・電磁波レーダーによる鉄筋探査

・反発度法による強度推定

・クラックゲージによるひび割れ幅測定

「ひび割れの理由がよく分かりました」

「ひび割れの違いが分からなかった」

「恐怖でした」

「心配するラインが分かって安心できました」

「来てもらって良かった!」

報告書は2週間後を目安に提出します。
コンクリート簡易診断:約10万円+交通費

コンクリートのことなら、生コン屋さんとコンクリート診断

大学病院にいきなり入院じゃない

頼れる町のコンクリートのお医者さん

身の回りにある生コン屋さんはそんな身近な存在です


生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/07/28

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら