長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「2018年の透水性コンクリート」

「2018年の透水性コンクリート」

2018年の覚悟は先ほど年頭の生コンブログで表明した。

まず最初に必要なのは覚悟。

切って絶つ。

そう決めた。

後は具体論、各論に移っていく。

当社で考えれば生コンに関連した事業がある。

成長をもたらすとすればこうした事業の発展にかかっている。

その中のポジティブなテーマ。

15年に及ぶ取り組みとなった、

透水性コンクリートの普及

この事業について考え方を述べたいと思う。

生コンブログの始まりである。


2017年は急激な成長を記録した。

おかげさまでほぼ毎日のように透水性コンクリートの実績を更新することができた。

これまで一つ一つのプロジェクトを追いかけていた事業だったが、

安定的に引き合いをいただき供給させていただけるようになった。

当社事業年度は2月末決算となっているが、

昨年度対比で早い段階で200%を超え、

着地予想は300~400%に迫る勢い。

確実に変化が起きた。

これはインターネットと見学会を織り交ぜた戦略が奏功したものであり、

さらには全国の生コン工場の理解が広がり、

相乗的に成長したもの。


2018年はどのようにするか?

新年早々新年度に向けて予算を固めることになる。

見学会を開始したのは2017年6月からのこと。

そこから9か月(2月末まで)の当社自発的な取り組みと、

実際の引き合い数や成約・受注数の相関関係を冷静に見つめ、

現段階のリソースで可能な取り組みを考えた場合、

いかに受注を増やしていくことができるか。

この事業戦略の仮説は本物なのか?

その検証を粛々と進めたい。

普通にしていれば下っていくエスカレーター。

そこに成長曲線をもたらすことを企図した仮説としての闘い方。

この真価が問われる1年になるだろう。


2017年に経験した成長というシーズ

芽吹き順調に成長していくとしたならば。

生コン工場にとっての新たな事業機会となったとしたならば、

これは生コン産業全体にとっての福音だ。

なにもしていなければ萎んでいく。

萎んでいけば雇用も萎む。

仕入れも萎む。

じり貧というやつだ。

生コンという産業は市場環境に翻弄される業態。

橋やビルが計画されてようやっと必要とされる。

後追い産業ど真ん中。

経済がなくなれば、

僕たちは不必要となる。

経済を産出せない存在。

その中で芽吹いた若木としての事業。

きちんと育てていきたい。


自ら需要を生み出す。

朽ち果てる生コン産業でイノベーションを起こす。

あらたな成長カーブを生み出す。

なんとしてでも達成しなければならないことは、

「自ら需要を生み出す」

という一言に尽きると思う。

なんとしてでも主体的に新たな事業分野を構築する。

他人任せではない。

口を開けて待っていれば割り決(わりけつ)が与えられるではなく、

自分の行動が生み出す新たな事業機会。

その具体的な形を生み出す。

大げさに言えば、

2018年の透水性コンクリート普及

に関する目標は上記の様なことだ。


その先に土間コンの常識が変わる

全国で毎年数十万棟建てられている住宅の駐車場をはじめ、

たった5%といわれる舗装の中でのコンクリートのシェア。

ここが市場となる。

とても大きな市場だ。

数千億円の市場となるだろう。

生コン産業がここに活路を見出す。

確実に市場はある。

そこに行くのも行かないのも、

主体的な生コン工場1社1社の判断となる。

当社は行くと決めた。

この闘いの果てに舗装の常識を変える。

それが透水性コンクリート普及に寄せる僕たちの覚悟。


本年も透水性コンクリートにつきまして引き続きよろしくご鞭撻のほどお願い申し上げます。


2018年元旦


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/01/01

あわせて読むなら!

  • 「手間も、費用も0。やらない手はない。【ランディングページ】

    「手間も、費用も0。やらない手はない。【ランディングページ】

    ドライテック(透水性コンクリートのブランド)のLP(ランディングページ)が完成した。生コンポータル内はもちろん、ドライテックを扱っている全ての人(生コン工場、専門業者)向けに内容を修正し無料配布。ネッ...

    詳しく見る

  • 「ものづくりだけに全ての予算を消化できる【庭コン #1】」

    「ものづくりだけに全ての予算を消化できる【庭コン #1】」

    【庭コンのコンテンツ】・うちの庭だけ! 透水性コンクリートのカーポート ・#デコブロ(デコレーションブロック塀、打ち放しブロック塀工法、コンクリート補修DIYなど) ・有名建築家御用達?! 塗材各種(...

    詳しく見る

  • 「この面積、アスファルトだと高くなっちゃうから」

    「この面積、アスファルトだと高くなっちゃうから」

    新築工事に伴う、敷地セットバック分の舗装。 施主の希望で透水性コンクリート採用。 施工:武井造園(初)、施工:長岡さくら工場。以下、施工者各位の声。 「簡単でいいね」「この面積、アスファルトだと高くな...

    詳しく見る

  • 「日本の地面を変えるのは俺たちだ!|月刊透水性コンクリート Vol.18」

    「日本の地面を変えるのは俺たちだ!|月刊透水性コンクリート Vol.18」

    人としてどのように仕事に向き合うか。「貢献」が仕事という人がいる。透水性コンクリートという仕事に向き合う僕たち生コン工場が社会に貢献できることを探る。 地面を、社会を、そして、環境を変えていく htt...

    詳しく見る

  • 「【土間コン】早いね、これで終わりだもんね【働き方改革】」

    「【土間コン】早いね、これで終わりだもんね【働き方改革】」

    家の周りの犬走り。一部バケツ運搬。水勾配を気にしない。草が生えない。お言葉「早いね、これで終わりだもんね」をいただく。15時30分からの施工で16時30分完了 2m3。埼玉、施工;ミチヒラ造園。生コン...

    詳しく見る

水たまりの出来ないコンクリート「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ