長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/05/18

【施主】「どこで実物見れるの?」【施工者】「ぶっつけ本番怖いな」無料展示サンプル設置について

【施主】「どこで実物見れるの?」【施工者】「ぶっつけ本番怖いな」無料展示サンプル設置について

「興味はあるけど実際のモノをみてみないことには・・」(施主)。「触ったことない材料ぶっつけ本番で提案するのはちょっと・・」(施工者)。採用を妨げる、【施主】【施工者】双方の悩みを一挙解決する方法。ドライテック無料サンプル展示施工と設置について。



「施工練習」「サンプル展示」の一石二鳥!

サイズは900×1800(サブロク)の透水性コンクリートサンプルでは施工後の風合い透水性能をその場で実感できるようになっている。



「透水性コンクリートの実物を見てみたいんだけど」

一般の方から寄せられるこうした希望。

生コンポータルでは「見学現場」としてお住まいのお施主さんの許可を得られた施工現場を見学可能場所として公開している(詳細住所については要問い合わせ)。

ただ、それほど数は多くはないのと、一般の方からすれば「ただ見学するためだけのために1〜2時間移動」は相当な心理的ストレス。

HPで紹介されている透水性コンクリートの施工事例は確かに充実しているけれど、やっぱり一生に一度の買い物、「この目でしっかりみておきたい」という思いはなかなか叶えられなかった。



「ぶっつけ本番は怖いな」

一方の施工者にも悩みはある。

お施主さんから希望される透水性コンクリート「ドライテック」。

庭づくりに関する有名Youtubeでも紹介されたらしく施主から希望が寄せられることも増えてきた。

「やったことないからできません」

とは言わないにしても、それでも得体の知れない、どこが作っているかもわからない製品に付け焼き刃に手を出して失敗でもしようモノなら責任問題に巻き込まれる。

本音では手は出したくないけれど、お施主さんの希望を無下にするわけにも行かない。

動画WEBセミナーで施工方法が研修できるとはいえ百聞は一見に如かず。

やっぱり不安が残る。

⚫︎参考記事:「施工者にWEBセミナー参加を勧めよう!」ZOOM・見学会

⚫︎(WEB)セミナースケジュールと申し込みフォーム

参加申込みをする



【施主】【施工者】双方の悩みを一挙解決「無料展示サンプル設置」

90C58560-509A-4BFB-AB87-92F396534FC7.jpeg

生コンポータルでは展示用材(型枠と材料)を提供する(サイズ、デザイン相談可能)。


3AB6A9D2-75AB-477D-9CD9-F8EB49DB4356.jpeg

興味のある施工者は自社の置き場や事務所前などで気軽に透水性コンクリートの施工を体験できる。

DFEA5CAD-8CBF-4394-8F35-EE9933606012.jpeg

目視での品質チェックの方法(容器に入れた材料を30回シャッフルした後、写真のようにツヤがあって空隙が潰れていない様子の見極め方)。

さらに、

⚫︎敷設

⚫︎均し

⚫︎転圧

それぞれのプロセスでの注意事項。

生コンポータルの職員が立ち合いサンプル展示作成を自ら体験することで施工のノウハウを体得することができる。

施工手順は4m2も100m2も全く同じだから大丈夫。

69D3B3E7-C43B-4265-B7F3-46BF5D902667.jpeg

1回でおよそ4m2程度(サブロクサイズなら2個半)の展示が完成する。



ためらっている【施工者】にはお勧めしよう!【施主】が見学を希望してたら作ってあげよう!

これまで【施主】【施工者】双方から寄せられてきた悩み。

⚫︎実物見てみたい

⚫︎ぶっつけ本番は怖い

生コンポータルでは考えあぐねた末、無料サンプル展示設置の協力に踏み切ることになった。

施工者の事務所や店舗に一度設置されれば、そのサンプル展示は永遠にそこを訪れるお施主さんの目に止まる。

透水性コンクリートのいわば看板・販促ツールの役割を果たすことになる。

すでにお住まいの実物の現場と違って興味のある人は好きなだけバケツの水をひっくり返すことだってできる。

目詰まりが心配ならちょっとした実験だってできるはずだ。

排水性アスファルトと違って透水性コンクリートの場合は「目つぶれではなく目詰まり」なので高圧洗浄などで回復可能。



問い合わせが急増し今や供給体制の構築が急務となったドライテック。

こうしたサンプル展示を47都道府県のあらゆる地域に設置することでよりユーザーフレンドリーな「生コンでいいこと」を目指します。

少しでも関心のある方。

もしあなたがお施主さんだったとしたら「設置してくれる施工者さんを紹介してください」みたいな問い合わせだっていい。

施工者さんだったとして、「うちにも設置したいんだけど」という具体的な打ち合わせもすぐに始められる。

躊躇する必要はない。

欲しい時が必要な時。

ドライテックが目指すユーザーフレンドリー。

数年以内に土間コンクリートの標準となる技術です。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら