長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/06/03

【埼玉】魔法の質問「透水性コンクリートも検討したいのですが」前向きな施工者の見分け方

【埼玉】魔法の質問「透水性コンクリートも検討したいのですが」前向きな施工者の見分け方

埼玉県加須市。駐車場元々の計画は土間コンクリートだったが施主様より急遽「ドライテックでお願いします」と希望が寄せられご期待に沿うことができた。こうした希望にきちんと応えられる施工者が増えればきっと日本の景色はもっと良くなる。
製造:渋谷建材、施工:高橋ブロック(41m2、100mm厚、4名、1時間30分、庭コン)。


施工中の動画

施主からのご指名、その時施工者の反応は?

E253917C-2DAD-4BCE-A893-5C9AB8238A92.jpeg

施工Before。

このところお施主さんからのご指名がつと増えた。

隔世の感がある。

いろんな要因が重なってようやく「透水性コンクリート」という価値が住宅外構のような小規模でありながらも身近な分野に認知されてきたのだ。

透水性コンクリートは元々公園や高速道路のSA、公共物件の外構などに採用されたいたものだった。

(※わが国の透水性コンクリート草分けはパーミアコンといって大手道路会社佐藤渡辺が開発したもの)

僕たち生コン屋さんが展開しているドライテックが採用される分野はパーミアコンとは異なる。

生コン屋さんが全国に3,000件以上ある身近な存在であることからもその対象分野は比較的身近な、住宅外構や駐車場といったところになっていった。

その歴史は15年目を数える。

10年以上前から行っている企業間連携(全国の生コン工場との協業)とインターネットによる情報発信でようやく今日のように「施主からのご指名」が得られるようになった。

その時、施工者の反応は?


7B1E6955-FE5E-48EF-B7F1-ADB6561452B6.jpeg

製造協力はこちらお馴染み埼玉県川越市の渋谷建材。

埼玉県のドライテックを広げた立役者。


9C449BB7-AF13-4685-8288-C507C4039C2A.jpeg

施工スタート。

施工者の高橋ブロックさんは未経験ということもあり、生コンポータルが施工をサポート。

単純なもので、「敷設(ふせつ)」「均し(ならし)「転圧(てんあつ)」をひたすら繰り返すと完成になる。


83136A4E-F83B-4D90-973C-6C251CDB8D77.jpeg

施工After。

お施主さんが希望する「透水性コンクリートの駐車場」はこうして呆気なく1時間半の時間軸で終了した(すきとり、路盤は別)。


施工の全工程はこちらの動画に詳らかにされている。

素人さんがDIYできるくらいだから、プロ施工者の手にかかれば初めてでも見事な仕上がりに。



透水性コンクリートはリトマス紙

土間コンクリートを普通の生コンでやるにしても、ドライテックを検討するにしても、まずはお取引を検討している施工者さんにこう質問してもらいたい。

「透水性コンクリートも検討したいのですが」

この質問はリトマス紙だ。

いわゆる、アルカリか酸かを見分けるリトマス紙になぞらえた「透水性コンクリートも検討したいのですが」で施工者の何がわかるか?

それは、

⚫︎前向きでお客様のためを思っている施工者

⚫︎なるべく新しいことは避ける自分本位な施工者

この区別ができる。

⚫︎参考記事:「《土間コンの3倍高い》デマを流布する嘘つき施工者について」施工原価解説

今はまだ住宅外構において透水性コンクリートは「珍しい」もの。

勉強不足の施工者の中にはまだまだご存知のない方々もいらっしゃる。

「透水性コンクリートも検討したいのですが」

この手の質問に対する施工者の答えは非常にわかりやすいのだ。

「お施主さんのご希望だからなんとかお答えしたい」と色々調べ尽くす施工者。

「(またネットかなんかで余計な入れ知恵をされたな?)いやぁ、その材料はとても特別なものでうちでは扱ってないんですよ。失敗事例も多いって聞いてますし(嘘)」

嘘をついてまで施工を断ろうとする施工者。

非常にわかりやすいのだ。



透水性コンクリートを採用してもしなくても全然OK。

どしどしこの「透水性コンクリートも検討したいのですが」という魔法の質問を後利用いただきたい。

この質問で施工者の前向きさがすぐにわかる。

結果使ってもらわなたって僕たちは全然OK。

庭づくりやエクステリアの業界において前向きな施工者さんがきちんと評価され、やる気のない施工者をもっともっと叱咤することができれば。

持ってエクステリア産業やものづくり全般が活性化することになる。

もっともっと一般や社会に富や付加価値を提供することができる。

そうなれば辺境でものづくりに携わる僕たちラストワンマイルにとっても意義深いことなのだから。


今後もより多くの方々が自由に庭づくりに参画いただけるよう努力していきたい。

そのことできっと世界の景色はより良いものになるはずだ。

楽しい庭づくりを。

Enjoy Exterior!!



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら