長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/07/17

【神奈川】「勾配(こうばい)があるのが当たり前ではない」バイク・平ら・排水

【神奈川】「勾配(こうばい)があるのが当たり前ではない」バイク・平ら・排水

神奈川県横浜市。施主より花鳥風月に商品指定があり透水性コンクリートの採用。「バイクを置くのに平らにしたい」「水勾配が取れない」「排水がない」などいわゆる「いつもの」採用理由で施工となった。
製造:東伸コーポレーション、施工:花鳥風月・遁所道路(担当:松岡利光、66m2、100mm厚、6名、3時間、庭コン登録)


施工動画

「バイク」「平ら」「水勾配」「排水」

54ED5106-26A6-4031-A8D4-2C8B7BD8420A.jpeg

施工Before。

バイクを置くにあたって平らにしたい。

見てわかるように排水設備がない。

勾配は付けたくない。

仮に排水工事を行った場合費用も時間も手間もとても大変なことになっていただろう。

1m3あたりの材料(透水性コンクリート)単価は高くなっても、時間・作業量・排水設備のことを考えればトータルでは俄然安くなる。

最近ではプロ施工者よりもこうした価値を一般・施主が知っていて今回のように商品指定で採用されるケースが増えた。


8C5E3C7C-F239-465B-B528-82D67BAD70CA.jpeg

施工Before2。

ブロックで周囲が囲まれているため水の逃げ場がない。


916CD8C4-03FD-4BCD-9C54-F869672CA0F0.jpeg

施工開始。

敷設均し(トンボ)を追いかけるようにして30kgプレートコンパクタがすぐさま仕上げる。

特に夏場は材料の乾き(ドライアウト)が早期に懸念されるためこの間隔はなるべく開けないように注意が必要。


00F762C5-20DA-4DB1-9CE2-14668282B261.jpeg

リズムさえ生まれてしまえばもう施工指導(サポート)は必要なくなってしまう。

プロ施工者であればものの数分で感覚を掴んでしまう。

きっかけはインターネットやお施主さんからの指定だったとしても一度使えば次も同じような現場で採用したくなるのが透水性コンクリート。


7079846A-580F-4D3E-8162-45440E03979A.jpeg

施工After。

排水も勾配もない、真っ平らな土間コンなら快適なバイクライフが永遠に続く。


CFADBA19-B6F4-4163-AE22-C6F6CD6DFF39.jpeg

施工After2。

こうして眺めていると「透水性コンクリートでなければ成り立たない敷地」のようにすら見えてくる。

もちろん、だって生えてこない。



排水設備が必要なくなり真っ平らにできる

ぜひ住宅地を歩いている時など家の前の土間今駐車場に注意して見て欲しい。

「必ず」傾斜がついている。

それは境界などに設置されてある側溝へ水を誘導するための水勾配

斜めになっていればタイヤのついているものやボールなどは低い方に転がってしまう懸念がある。

子供のボール遊びで水勾配を転がりちょうどそこを走っていた車とあわや大惨事なんてことも。


「地震でブロック塀が倒壊したからブロック塀はやめましょう!」

みたいな短絡的・即物的な風潮はどうかと思うけどそれを云々するのなら、

「水勾配で交通事故が起きたから水勾配(普通の土間コン)はやめましょう!」

なんて潮流が生まれないとも限らないのではないか。



透水性コンクリートの舗装であれば「家の方、逆方向に購買」を付けたって排水上問題ない。

ボールが道の方ではなくて家の方に自然と転がるようにしておけば安心だ。

話がぶれたがあまり誰にも意識されない水勾配はあたかも「仕方ない」「運命」かのように考えられている。

ただし、最新の自然と人が調和するコンクリートテックではその勾配や排水が不要となっている。

「勾配があるのが当たり前ではない」

後は知ってもらうために引き続き情報発信を努力・継続するのみだ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら