長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

「ゲリラ豪雨とそれに付随する洪水」 透水・洪水・路面温度

「ゲリラ豪雨とそれに付随する洪水」 透水・洪水・路面温度

「昨日の板橋はすごかったですね」

先日都内を営業同行していたところ、

同行の方がそんな話題で盛り上がっていた。

なんのことか?

ゲリラ豪雨のことだ。

マンホールから水柱が立っている映像が報じられていたそうだ。

実感あるだろうか?

生コンブログの始まりである。


僕のように田舎で暮らしているとゲリラ豪雨はあまり実感がない。

夕立

というのはわかるけれど、

局所的にとんでもない豪雨が襲来する。

破滅的な雨量をもたらす。

ゲリラ豪雨。

このところ都内の意識が変化してきているという。

さらには雹も襲ってくるという。

直系1㎝ほどもある雹が天空から容赦なく降り注ぐそうだ。

高級車がぼこぼこになっていたそうだ。

いい気味である。

(冗談です)


あまり大きなことを論じる趣味はないのだけれど、

透水性コンクリートの価値についてはできるだけ実際に使う人。

例えばエクステリア会社さんや道路会社さん。

生コンの需要家。

その先にいるお施主さん。

そんな人たちのために届けるべきだと思っているし、

実際そうしているつもりだ。

ただ、

ポーラスコンクリート舗装の社会的価値

をおざなりにするのもどうかと思う。

僕が口酸っぱく、

「土間コンといえばポーラスコンクリート」

であるべきと主張する理由。


ゲリラ豪雨とそれに付随する洪水


なぜ起きるか?

(※わかりやすく解説しているサイトが見つかったので紹介)

それは地表がコンクリートやアスファルトで覆われているため

とすることができる。

ゲリラ豪雨自体の発生要因は、

暖かい空気の上昇

が上空の冷たい空気とぶつかることで積乱雲(ゲリラ豪雨の元)が発生する。


東京都内はおおむねコンクリートまたはアスファルトで覆われている。

身近な話だと思う。

この舗装が「土間コンといえばポーラスコンクリート」よろしく透水性コンクリートになったなら?


実は透水性コンクリートはアスファルトに比べて5~10度、

普通のコンクリートに比べても5度程度、

路面温度が低いことが知られている。

さらに打ち水をすることによってその路面温度の差異は広がる。

積乱雲の元である暖かい空気は路面温度が主な原因となっている。


さらに、河川の氾濫。

前述のように都心部はほぼ100%の舗装率である。

つまり、地表が水を吸わない。

(山の地表が降雨を吸収して地中水脈に還元し湧き水をもたらしている)

そうなると、どうするか?

集水桝やU字溝などの排水設備が活躍することになる。

ただし、ゲリラ豪雨は短時間に想定以上の大量の水が降ってくる。

排水設備の想定を超える。

あふれた水は水を吸わない地表の上を低地に向かって一気におりていく。

これが氾濫のメカニズムとなる。


お分かりのように透水性コンクリートが土間コンの常識となれば。

地表が水を吸う。

つまり、山など自然の地表と同じように作用することになる。

排水設備に頼らなくとも。

都心の舗装だったとしても。

自然と同じように水を吸い込みその水は地下水脈に還元される。

もしかしたら枯れてしまった井戸が復活なんてこともありうるだろう。


あんまし大風呂敷を広げるのは趣味でない。

語らずさっさとそんな社会を実現するため仕事すべきとも思う。

ただ、このところの異常気象を見るにつけ焦るのである。

早すぎる。

せっかくある技術なのに使われなければなかったことと同じ。

そんなのは嫌だ。

今全国展開中の透水性コンクリート全国キャラバン

常に語る内容はミクロでいかに効果を発揮するかばかり。

・夕方から打てる土間コン → 迅速施工

・水勾配計画を考慮しなくてもいい → 透水性

・クレームに発展しづらい → 粗面のためクラックなどがわからない


けれど、そんなミクロの集積がきっとマクロで、

「ゲリラ豪雨の発生しない舗装」

という社会的価値を発揮するのだと思う。

考えてて何も行動に移さないのは何もしなかったのと同じ。

まあ、とにかく、一歩一歩、前へ進む。

GNNと透水性コンクリート。

きっとゲリラ豪雨を解消する一つのうねりになっていくだろう。

そう信じています。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/08/12

あわせて読むなら!

  • 「水勾配が取れない駐車場|透水性コンクリート」

    「水勾配が取れない駐車場|透水性コンクリート」

    横浜市新築住宅。某大手ハウスメーカーの採用。水勾配の設定が難しく水はけに苦慮され採用。供給はおなじみ東伸コーポレーション(横浜市戸塚区)http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech...

    詳しく見る

  • 「今大人気の真砂土」 DIY・生コン・比較・外構・エクステリア

    「今大人気の真砂土」 DIY・生コン・比較・外構・エクステリア

    今、大人気の真砂土。原料は土なので耐久性に問題も。新築を建てた頃は、あんなに綺麗な真砂土舗装でも長年たつと表面が削られ、草が生えてきたり。プロじゃなくDIYでやる場合などは最悪事態も...((+_+...

    詳しく見る

  • 「この不陸を防止するために|インターロッキングブロック」 ILB・不陸・防止・透水

    「この不陸を防止するために|インターロッキングブロック」 ILB・不陸・防止・透水

    街の歩道を走っていて、上の写真のようなブロックがボコボコした舗装面を見かけることがある。 これは「不陸」といってツリーサークルの周りや車の出入りが激しいところに凹凸ができてしまう現象だ。 隙間から延...

    詳しく見る

  • 「土間コン最期のテーマ『凍上』|透水性コンクリート」

    「土間コン最期のテーマ『凍上』|透水性コンクリート」

    北国(特に北海道地区)のエクステリア関係者を悩ませる「凍上」という現象。土間コンなど舗装下の地盤に含まれる水分が凍結膨張を起こしてせり上がってくる現象。繰り返される凍上と車の乗り入れで土間コンは破壊さ...

    詳しく見る

  • 「お施主さんから『ドライテック 』と指定のあった業者様へ」

    「お施主さんから『ドライテック 』と指定のあった業者様へ」

    WEBサイトや生コン供給ネットワークの整備などにより急速に普及を見せる透水性コンクリートはエクステリア駐車場の土間コン工事の新しい常識になろうとしている。製品名「ドライテック 」が今や一人歩きし、誰に...

    詳しく見る

水たまりの出来ないコンクリート「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ