長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

「生コン屋さんと透水性コンクリート」 新規事業・透水性コンクリート

「生コン屋さんと透水性コンクリート」 新規事業・透水性コンクリート

いいものは売れない

無理は続かない


新規事業は基本寿命が短い。

その点ホームページと似ているのではないか。

なんか起こりそうな胸躍る興奮と共に、

新規事業(ホームページ)に取り組む。

関係各位に案内を流す。

最初はまめに記事を更新する。

(定期的に関係企業や新規を訪問して回る)

反応がない。

数日忙しさに取り紛れて更新(努力)を忘れる。

僕自身たくさん経験している。

それだけ本業と新規事業の両立というのは非常に大変。


「生コン屋さんと透水性コンクリート」

僕にとっての新規事業は透水性コンクリート。

本業生コンの業務の寸暇を見つけて企画を練ったり、

アポイントを入れてみたり。

今ではおかげさまで一連の業務が標準化されて、

組織のそれぞれに役割が付されて本業さながらに動いている。

たくさんの失敗を経験した新規事業だけれど、

なぜ、「生コン屋さんの透水性コンクリート」は残っているか。


生コン屋(自社)を敵に回さない形

を模索し続けその都度変化してきた歴史だと思う。

無理は続かない。

当初透水性コンクリートはその特殊バインダに、

20㎏袋×5袋(100㎏)を採用していた。

高機能の透水性コンクリート(曲げ強度4.5N)を製造するためには、

1㎥の透水性コンクリートを製造するのに、

プラントに一人張りついて5袋を手作業で投入する必要があった。

生コンを製造しながらこの作業はなかなか応える。

粗骨材の最大寸法を5㎜という特殊品を標準としていた。

通常貯蔵ビンにストックしない品物であるため、

わざわざ特殊骨材用貯蔵ビンを開けて7号砕石を装填する。

カラーは顔料の練り込みを標準としていた。

だから1㎥の透水性コンクリートを製造するのに、

ミキサー(製造設備)の中は黄色や赤の顔料で染まった。

次バッチに影響を与えないようにいちいち洗浄する必要があった。


当時のことをご存じの関係者には感謝しきれない。

当方としては透水性コンクリートの普及が社会的に是であったし、

夢に心躍らせていた興奮状態の中にあったわけだから、

そんな苦労はなんでもなかった。

ただ、周囲の冷静な方たちからすれば、

「ボランティアの押し売り」

みたいな迷惑な話だったろう。


その後理解したことは、

いいものは売れない

無理は続かない

そんな当たり前のことだったと思う。


何か新しい価値を社会に普及させていくとき、

単独1社ではその流通は成り立たない。

関係当事者全員に無理なく価値を提供する。

・施主

・施工店

・生コン工場

の関係性は以下のフローで説明される。

生コン工場 → 施工店 → 施主

ここで僕もそうだったが最初に考えてしまうのは、

買う人(施主)の価値を創造すること。

できるだけ高機能(いいもの)を考えてしまう。

よりよければ絶対買ってくれるだろう

そんな落とし穴にはまってしまう。


そのトンネルは長かった。

改良しても改良してもまったく売れない。

売れなつづける。


きっかけはどこだったかあいまいだが、

物事は逆であることに気付いた。

無理は続かない

生コン工場にとっての価値を先ずは考える。

・顔料練り込みを取りやめトップコートに変更し、

・7号砕石ではなく通常採用されている20㎜砕石を標準仕様とし、

・結合材はプラント投入ではなく現場投入で曲げ強度の目標も下げた(2.5N)

その結果生コン工場の協力をきちんと得ることができるようになった。

そのできることの範囲において、

・施工店

・施主

に対して提供できる価値を考えていった。

「透水性コンクリートが世の中に必要であることは疑う余地はない」

大前提を忘れ、

高機能・高性能を模索するという愚

を知れず知らずに犯していた。


今やGNN元気な生コンネットワークの協力もあって、

全国大体の地域で製造協力企業を得ている。

マーケティングについてはありがたいことに、

IT活動と実地見学会を地道に続けることで、

少しずつであるが成果につながっている。


休み明けの明日も建築外構で施工が予定されている。

共同住宅の外構工事は水勾配に困っている。

現場の人たちはその解決策を必要としているのであって、

いいものを欲しいとは決して思っていない。

僕達供給者は、

社会や顧客が求めているものをきちんと届ける仕組みづくり

を最初に考えるべきであって、

いくらいいものを作り上げたとしても、

それが届くための仕組みがなければ、

いつまでたってもお客様は喜んでくれない。

単なる自己満足で終わることを肝に銘ずべきだ。

ちょっと真面目に書いてみた。

連休最終日でネタが尽きたということでご容赦願いたい。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/10/09

あわせて読むなら!

  • 「エクステリアの歴史を見つめ続けてきた|週刊エクステリア」

    「エクステリアの歴史を見つめ続けてきた|週刊エクステリア」

    伝統あるエクステリア専門誌(http://www.exterior.co.jp/)の協賛を得た透水性コンクリート。1兆円産業エクステリア・外構の中で「部屋の中の象」のようにタブー視されてきた土間コンク...

    詳しく見る

  • 「雨に強い土間コン?|夕方から打てる土間コン」

    「雨に強い土間コン?|夕方から打てる土間コン」

    「雨に強い?」。雨の日に何か潜在能力を発揮する土間コン?そうではなくて、「雨の日にも施工できる」そんな土間コンであることを徳島四国生コンの見学会でも実証。新しい外構エクステリアの常識。雨の日に晴れ間を...

    詳しく見る

  • 「オラッチェ出入り口の悩み|透水性コンクリート」

    「オラッチェ出入り口の悩み|透水性コンクリート」

    倉庫の出入り口の舗装がアスファルトで下がってしまい水たまりもできるし、モルタルでつぎはぎしてだましだまし使っていたけど、フォークリフトの走行に支障がでるほどガタガタになってしまったので、この度耐久性舗...

    詳しく見る

  • 「ポンプ圧送による透水性コンクリートの施工」

    「ポンプ圧送による透水性コンクリートの施工」

    「やってみます」0にいくら掛けても0は0。「ポンプ圧送はできるの?」と尋ねる人は内心「無理」と思ってる。「ポンプで押せるなら買ってやるよ」。じゃあ、買ってもらおうじゃないか。0を1にした漢がいる。「ポ...

    詳しく見る

  • 「雨の土間コン見学会|夕方から打てる土間コン」

    「雨の土間コン見学会|夕方から打てる土間コン」

    全国で随時開催されている透水性コンクリート施工見学会。建築開発の要件である浸透率が問題となり採用された本件に多くの関係者が訪れる。まさに「雨の土間コン見学会」を目にした一同はその迅速な施工性と実際に水...

    詳しく見る

水たまりの出来ないコンクリート「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ