長岡生コンクリート
生コン屋さんと透水性コンクリート「ドライテック」
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

「パーミアコンとドライテック」 透水性コンクリート・土間コン

「パーミアコンとドライテック」 透水性コンクリート・土間コン

大分綜合建設にて開催された透水性コンクリート施工体験会にご来場された企業様からのご採用。大分県大分市。製造は大分綜合建設。住宅外構110㎡。製造・施工には同社の九鬼さんが立ち会って無事施工完了


土間コンの当り前が変化している。

透水性コンクリート舗装

といえば尊敬をする佐藤渡辺社の、

パーミアコン

が代名詞となっている。

思えば透水性コンクリート事業の駆け出しのころ、

パーミアコンの成功を憧れ、

パーミアコンの背中をひたすら追いかけていたものだった。

実際に案件でパーミアコンとの競合が発生し、

もちろんそのほとんどは実績に勝るパーミアコンに譲っていたが、

中には物珍しさを評価いただき、

僕たちのドライテックを採用いただくケースもあった。

そんな風にして僕たちはパーミアコンの背中を追いかけていた。


土間コン

その後紆余曲折あって僕たちの市場と先駆者であるパーミアコンの市場は異なる

という事実に気付かされることになった。

佐藤渡辺社は道路会社。

そして僕たちは生コン会社。

住む世界も強みもなにもかも違う業態が生み出す製品は、

その強みも適用されるべき分野も違う。

そんな当たり前のことに気付いてきた。


パーミアコン

大規模案件に採用され国内の著名な建築の外構や、

有数の公園の園路などでの実績が多数。

みため、

超かっこいい。

尊敬しています状態。

確かに巨費を投じられたプロジェクトってのは垂涎の的。

ただ、よ~く、冷静に考えると、本質が見えてくる。

イケメンはイケメンの闘い方。

三枚目は三枚目の闘い方とでもいおうか。

冷静に考えると、

パーミアコンは住宅外構に使用されているだろうか?

という問いかけが重要。

 

23798267_1986991004847442_1257869512_o.jpg

※大分綜合建設さんで開催された透水性コンクリート見学会に来場された会社さんかで採用


23825646_1986991014847441_1500412860_o.jpg

※大分県大分市の住宅外構


23798470_1986991048180771_500231125_o.jpg

※住宅外構の規模としては110㎡と大きめだがそれでも道路からすれば「小規模」の部類


23828581_1986991064847436_1954843147_o.jpg

※あっという間の施工完了


大分綜合建設にて開催された透水性コンクリート施工体験会にご来場された企業様からのご採用。大分県大分市。製造は大分綜合建設。住宅外構110㎡。製造・施工には同社の九鬼さんが立ち会って無事施工完了


大分綜合建設さんでは自家用物件でもう1物件予定しているということだ。


すみ分け

という言葉がある。

生コン工場という魚は道路会社という魚と同じ市場を泳ぐべきなのだろうか?

という問いかけ。

新規事業走りたては夢を持ち先行技術にあこがれる。

これは仕方ないことなのかもしれない。

ただ、道路会社は道路会社として数十年の業歴を重ねる。

その中でその強みを蓄積してく。

それと同じことのように僕たち生コン工場も、

数十年という業歴の中で自分たちの強みを磨き込んでいく。

生コン工場の泳ぐ市場は道路会社のそれとは違うのだ。


住宅外構

この規模感においては僕たちの右に出る業態や製品はないだろう。

今は自信をもってそう言えるようになった。

全国には3,400ともいわれる生コン工場が存在する。

彼らは地元の小さな物件(=土間コン)にも生コンを供給している。

そこが住む世界、

泳ぐ市場だったのだ。


日本社会全体で考えればパーミアコンとドライテックはパートナーとみることができる。

よく競合製品というふうにあだ名されたりもするけれど、

実は手を取り合って日本における透水性コンクリートの普及に貢献している。

そうみることもできるかもしれない。

日本の全舗装市場のたった5%がコンクリート舗装。

たった5%の中のさらにたった5%が透水性コンクリートの市場といわれている。

そんなニッチな市場で奪い合いはばかげている。

そもそも分母を広げていくことを考えなければならないだろう。

透水性コンクリートの普及に携わることができて、

少しずつ物事の道理というか社会の成り立ちを理解していく。

こんなに楽しい仕事はあまりないのではないだろうか。


宮本充也

宮本 充也

主な著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

他、小松英樹、二見武馬

2017/11/22

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「ランナーのための舗装講座」 不陸・轍・わだち・舗装

    「ランナーのための舗装講座」 不陸・轍・わだち・舗装

    ドラマ陸王の原作者池井戸潤さんはテーマ選びが秀逸だと思う。 基本的に中小企業の悲喜こもごもをベースに描いているが、 今回の陸王は活性化している市場、 マラソン をテーマにしているため売れないはずがない...

    詳しく見る

  • 「この不陸を防止するために」 ILB・インターロッキングブロック・不陸・防止・透水

    「この不陸を防止するために」 ILB・インターロッキングブロック・不陸・防止・透水

    インターロッキングブロックの価値がないわけではない。デザイン性能や透水性能など採用にたる多くの価値を有している。だからこそ「不陸に対しての適性な理解を持つこと」でその解消にあたるべきだと思う。でなけれ...

    詳しく見る

  • 「大人になっても叱られる」

    「大人になっても叱られる」

    大人になっても怒られる。 僕の強みの様な気がする。 大人になるとなかなか叱ってくれる人がいなくなる。 周りにもいるけれど勘違いを勘違いと気づくことなく、 そのまま突っ走り続ける人たち。 1回の人生だか...

    詳しく見る

  • 「下地にしちゃうの?」 インターロッキングブロック・下地・コンクリート・透水・不陸

    「下地にしちゃうの?」 インターロッキングブロック・下地・コンクリート・透水・不陸

    今回の現場はインターロッキングブロックの下地に採用された透水性コンクリートの施工状況。インターロッキングブロックも透水性のものだったため、下地のコンクリートも透水にしたかったのが採用の理由。製造プラン...

    詳しく見る

  • 「車の乗り入れできるウッドデッキ」 東京・ウッドデッキ・車両乗り入れ・透水・エクステリア

    「車の乗り入れできるウッドデッキ」 東京・ウッドデッキ・車両乗り入れ・透水・エクステリア

    車両乗り入れのできるウッドデッキのために。下地を透水性コンクリート(ドライテック)で支えウッドデッキの水はけを考慮した発想。既存ウッドデッキの下に施工。東京都府中市。製造工場東京テクノ 時に供給する人...

    詳しく見る

水たまりの出来ないコンクリート「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
長岡生コンクリート
このページのトップへ