長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

「土間コンの市場はブルーオーシャンだ」 香川・見学会

「土間コンの市場はブルーオーシャンだ」 香川・見学会

ちょっと真面目に。

今後の生コン業はどのように生き延びていくか?

誰しもが考えていることだろう。

生コンというテーマを選んだ人なら。

「やべ、貧乏くじ引いた」

そう思っている人も中にはいるかもしれない。

なぜならば下りのエスカレーター。

2020、2025、2030、、、

節目ごとにシフトチェンジ。

坂を転げ落ちていくように低迷が目に見えている業界。

生コン業。


生コンの活路を見出す。

昨日は香川県生コンクリート工業組合で技術見学会が開催された。

僕たちが10年以上かけて取り組んできた技術。

透水性コンクリートの見学会だ。

(いつもはちゃらちゃらと「キターーーーーーーーーー! 香川!次世代の土間コン♪」みたいな書き出しをするのだが、相手が工業組合ともなるとそうはいかないので今回はこのような書き出しにしてみた。)


25317073_1112444792191185_1523970464_o.jpg

※応接室で透水性コンクリートの技術解説をするまさつ


25286163_1112444828857848_1439021973_o.jpg

※製品チェック(右手が微妙に入っている)


25316915_1112444785524519_2115672393_o.jpg

※チェケラッチョ


25320024_1112444845524513_590974868_o.jpg

※総勢56名もの関係者にご参加いただいた


25285902_1112444802191184_1714490254_o.jpg

※朝一で撮影した香川県生コン会館のエントランス。すげー豪華


25285909_1112444808857850_446196400_o.jpg

※今回の見学会ではおよそ60㎡を対象として透水性コンクリートを敷設・仕上げがされた


コンクリート舗装(土間コン)の市場はブルーオーシャンだ

これまでの生コン産業は、

待ち

でよかったかもしれない。

橋やビルがバンバン建設された。

それに必要な材料を僕たちは求めに応じて供給すればよかった。

いい時代は終焉し、

あらたな時代の新たな要請に僕たちは答えなければならない。

新しい海に危険を顧みず船出しなければならない。


我が国のコンクリート舗装率はたった5%

あらたな市場開拓を考えたときに、

コンクリート舗装(土間コン)

意外にボリュームを期待する分野はない。

やれ、

曲げ型枠が重いだの、

取りが悪いから建築がいいだの、

製品管理が面倒だの、

そんなふうに文句たれている場合ではないのだ。


松永理事長以下香川工組各位の意識は違う。

別の記事でも紹介予定のことではあるが、

香川工組の姿勢は目を見張るものがある。

どの工組よりもいち早くこの透水性コンクリートに着目し、

関係者を56名も集めて見学会を開催した。

すごい。

挨拶に立った松永理事長の言葉も僕たちを鼓舞する素晴らしいものだった。


25353262_1112444768857854_645999262_o.jpg

※松永理事長(左)、右は僕の恩人古田専務理事


25317021_1112444778857853_1481555350_o.jpg


今後の生コン業はどのように生き延びていくか?


先ず、この問いに応えるためには、

個社(単独1社)

だけの力では到底応える耐力を持たない。

工業組合、

つまりは、

業界団体としての回答が必要となる。

その意味で今回の香川工組の見学会は一つの具体的な答えだったと思う。

来場された方々の反応も上々だった。

確実に動き出す。

そんな予感を十分に感じさせるものだった。


香川工組、そして次の工業組合

さらに、県学会の輪は広がっていく。

僕たちが誇りをもって仕事をできる生コン業。

その創造のきっかけとしての透水性コンクリート。

これからの時代の新たな生コン業を創るのは、

個社の熱意と業界団体、仕組みとしての挑戦がカギとなる。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/12/12

あわせて読むなら!

  • 「エクステリアの歴史を見つめ続けてきた|週刊エクステリア」

    「エクステリアの歴史を見つめ続けてきた|週刊エクステリア」

    伝統あるエクステリア専門誌(http://www.exterior.co.jp/)の協賛を得た透水性コンクリート。1兆円産業エクステリア・外構の中で「部屋の中の象」のようにタブー視されてきた土間コンク...

    詳しく見る

  • 「雨に強い土間コン?|夕方から打てる土間コン」

    「雨に強い土間コン?|夕方から打てる土間コン」

    「雨に強い?」。雨の日に何か潜在能力を発揮する土間コン?そうではなくて、「雨の日にも施工できる」そんな土間コンであることを徳島四国生コンの見学会でも実証。新しい外構エクステリアの常識。雨の日に晴れ間を...

    詳しく見る

  • 「オラッチェ出入り口の悩み|透水性コンクリート」

    「オラッチェ出入り口の悩み|透水性コンクリート」

    倉庫の出入り口の舗装がアスファルトで下がってしまい水たまりもできるし、モルタルでつぎはぎしてだましだまし使っていたけど、フォークリフトの走行に支障がでるほどガタガタになってしまったので、この度耐久性舗...

    詳しく見る

  • 「ポンプ圧送による透水性コンクリートの施工」

    「ポンプ圧送による透水性コンクリートの施工」

    「やってみます」0にいくら掛けても0は0。「ポンプ圧送はできるの?」と尋ねる人は内心「無理」と思ってる。「ポンプで押せるなら買ってやるよ」。じゃあ、買ってもらおうじゃないか。0を1にした漢がいる。「ポ...

    詳しく見る

  • 「雨の土間コン見学会|夕方から打てる土間コン」

    「雨の土間コン見学会|夕方から打てる土間コン」

    全国で随時開催されている透水性コンクリート施工見学会。建築開発の要件である浸透率が問題となり採用された本件に多くの関係者が訪れる。まさに「雨の土間コン見学会」を目にした一同はその迅速な施工性と実際に水...

    詳しく見る

水たまりの出来ないコンクリート「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ