長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「なんでアスファルトにならなかったの?|土間コン」

「なんでアスファルトにならなかったの?|土間コン」

住宅駐車場の舗装といえば「土間コン」考えずになぜかコンクリート舗装。でも、舗装といえばアスファルトもあるよね?なんでアスファルトにならなかったの?



舗装の95%はアスファルト。

年度末渋滞にはまってイライラしたことがあるはず。

それら大半はいたんだアスファルトを撤去して、

新しいアスファルト舗装を施工するために起きているもの。

いろんな理由があるけれど、

諸外国に比して日本の舗装は「アスファルト」と相場が決まっている。

これが現実。

ただ、ちょっとおかしいことがある。

「あれ?そういえば住宅駐車場はほぼ全てコンクリートじゃん」



アスファルトの方が単価がやすい

積算資料や建設物価という専門雑誌がある。

それぞれの地域で生コンやアスファルトがどのくらいの価格で流通しているか。

そんなことがわかる調査会社の出版物。

見て貰えばわかるように、

およその地域で生コンよりもアスファルトのほうが断然安い。

単価ももちろんなのだけど、

施工厚さもコンクリートに比べて薄く済む。

だから土間コン(コンクリート舗装)に比べて1m2あたりの材料単価は安くなる。

なのになんでコンクリート舗装ばかりになってるの?

7973F083-F9D4-4AC5-884D-DEB1847B4FC5.jpeg

※住友林業の開発した材料の共同実験の模様
(透水性コンクリートなどさまざまな土間コンクリートの共同実験が開催されていた)



非常な素朴な疑問を住宅メーカー大手住友林業の技術者の方に尋ねてみた。

「50m2以下(住宅外構)の規模の場合アスファルトは工事費用(ローラーなどの道具の持ち込み)がかさみ結果的に土間コンの方が材料は安くてもトータルコスト出やすくなる」
(※一部地域を除く)

目から鱗の答えだった。

※さらにこんなことにまでご協力くださいましてまことにありがとうございました。



特に建設周辺の場合「単価」とか「価格」には、

・材料単価

・材工価格

という2種類がある。

材料単価は読んで字のごとく「材料の単価」なのだけど、

材工価格というのは、

材料と工事を合わせて見積もられた単価(m2あたりなど)を指す。

つまり、材料単価が安いからそれに飛びつく、というのは成り立たない。

結果的に(トータルで)高いか安いか、

モノの値段には色々な切り取り方があるけれど、

イニシャルコストとかランニングコストとか、

ライフサイクルコストとか。

水は高いところから低いところに流れるごとく、

いつのまにか住宅外構の舗装はアスファルトではなくコンクリートになった。

その原因にはとても面白い理由があった。



そして、

土間コン(コンクリート舗装)

それに変わる新しい工法が今普及し始めている。

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

材料単価が生コンよりも高い(2倍以上も)というのに、

一度理解された業者さんは次から普通に購入していただけるようになる。

この理由にも、

・材工価格

の理屈が背景となっている。



物の値段とその普及。

生コンとアスファルト。

いろんな製品が世の中に溢れているけれど、

「どうしてそうなったのか?」

という視点は普及活動において多くの示唆を与えてくれる。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/05/09

あわせて読むなら!

  • 「一生つきあう庭のことだから」【地元】施工店が【地元】施主にダイレクトにつながる【庭コン】の真骨頂

    「一生つきあう庭のことだから」【地元】施工店が【地元】施主にダイレクトにつながる【庭コン】の真骨頂

    最初は綺麗なのが当たり前。でも、数年、十数年、数十年と経過すれば庭は様変わりする。「一生つきあう庭のことだから」。余計なコストや流通を通さずに、直接頼れる地元の施工店と繋がりたい。それを実現する【庭コ...

    詳しく見る

  • 日本中の生コン工場を新しい文脈で再定義する

    日本中の生コン工場を新しい文脈で再定義する

    エクステリア外構工事店として透水性コンクリートの将来性をご評価いたあだき、施工練習をかねてあるガーデン社専務宅駐車場に施工。今後実績現場可能見学としても利用の快諾をいただく。 次回は社長宅裏の犬走りに...

    詳しく見る

  • デザイン性と機能性(排水)だけじゃない【施工者】にとって最もメリットのある新しい【土間コン】

    デザイン性と機能性(排水)だけじゃない【施工者】にとって最もメリットのある新しい【土間コン】

    デザインを重視して採用。また雨が降ると隣地の山から大量な水が出るためその水処理を考えて透水性コンクリートが良かったという。 施工:鶴よし建設、製造:長岡さくら工場 普通の土間コンだとデザインがイマイチ...

    詳しく見る

  • 一挙紹介!「一体どれだけの【透水性コンクリート】が流通しているの?」選べるようになってこそ!

    一挙紹介!「一体どれだけの【透水性コンクリート】が流通しているの?」選べるようになってこそ!

    今、一体どれだけの種類の透水性コンクリートが存在するのか。残念ながらまだ一般的ではない土間コンとしての透水性コンクリートは「選べる」ようになってこそ次世代の土間コンとしての地位を築けるはず。ここでは、...

    詳しく見る

  • 【庭コン】が全国で開催する施工者向けセミナーで得られる【コト】とは?

    【庭コン】が全国で開催する施工者向けセミナーで得られる【コト】とは?

    「ものづくりだけに全ての予算を!」【マージン0】【流通破壊】により「施主も施工者も自慢したくなる庭づくり」を提供する【庭コン】が全国で開催する施工業者向け見学会(技術勉強会)に参加してみませんか?ht...

    詳しく見る

水たまりの出来ないコンクリート「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ