長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

「土間コン色むら補修|生コンでいいこと」

「土間コン色むら補修|生コンでいいこと」

「駐車場土間コンの(部分)補修」は外構工事関係者の永遠の課題。生コン施工の後に偶発的に現れるコンクリート表面の色むらや施工や外力が原因のひび割れ(欠損)。各種補修方法に関する情報(価格・問い合わせ先)について



「となりの土間コンは色むらがない」

まるで「となりの旦那さんは優しいのに」みたいな。

そんな理由でお施主さんと業者さんはトラブルを起こす。

永遠の課題。

一生に一度の買い物。

その外構工事。

住宅よりももしかしたら住宅の第一印象の面では重要かもしれない。

エクステリア。

その重要な地位を占めている土間コンクリート(駐車場)。

出るときは出る。

それは、シミのように表面を汚す「色むら」という現象。

集水桝のような「やくもの」の周りに発生しがちな「ひび割れ」

特に新築引き渡しの時に目立ってしまうためどうしても問題になりがちなそれら現象。

その土間コンの補修方法の確立。

建設関係者であれば多かれ少なかれ関心を寄せる課題となっている。


144F11C8-A112-42ED-9082-D30372607C72.jpeg

※ガラケーの写真(補修現場)を一所懸命披露するヒエゾウ、もとい、ジェムストン社の鶴見さん



住友林業緑化とジェムストン。

そして、生コンポータル。

その他関係企業によって多種の実験が行われた。

住友林業緑化は業界では知る人ぞ知る、

「土間コン博士」

こと伊藤英部長監修のもと、

今後土間コン補修の各種方法論が確立されていくことになる。


土間コン色むら(ひび割れ)の対策には大別して2種類ある。

・事前対策(色むらが発生しない土間コン:URL参照 の採用または色むらが発生しやすい条件をできるだけ排除する:滞水をできるだけ少なくするなど)
http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

・事後対策(問題箇所をオーバーレイして隠す、または色合わせ:URL参照 でぼかす)
http://www.nr-mix.co.jp/rc/


今回の検証は、

事後対策

つまり、オーバーレイや色合わせなどの工法を用いて色むら(ひび割れなど)そのものを隠してしまうというもの。

について検証を深めた。


・ジェムロード(住友林業緑化・ジェムストン)
写真にもあるように土間コンクリートの類似色の塗膜を問題となっているコンクリート表面前面に塗布する。土間コンクリートの特性である「雨に濡れたら濡れ色になる」という品質も確保しているところが特徴


・完全無機セメント系色合わせ材(フッコー)
塗装ではなくセメント系(完全無機材料)をベースとして色合わせ材料であるため、部分補修が可能(問題となっている箇所だけを消す)。なおかつ有機系塗料ではないため雨がかかってもきちんと濡れ色になる



コンクリートの専門家から言わせて貰えば、

「土間コンに色むらもひび割れも出て当然」

こうなる。

理屈やメカニズムを知っていれば知っているだけ、

この考え方に執着してしまうことになる。

きっと詳しければ詳しいほどこうなる。

これが専門家の近視眼。

けど、一般のコンクリートに馴染みのない暮らしをしているひとたち。

一生に一度の買い物。

住宅の顔とも言える土間コン。

「色むら出るもんなんですよ、あしからず」

で済まされるようなことではない。

そこにギャップが発生する。


そのギャップを埋めるのがプロの仕事?

このところ幅広い人脈との交流を踏まえてこのように考えるようになってきた。

「色むらは出て当然。諦めてください」

これってプロとしての責任を放棄しているようなもん。

「色むら出ないように努力しましょう。それでも万が一出てしまったら、かくかくしかじかの対策を施しましょう」

顧客の立場に立って対話する。

親身に寄り添う。

向き合う。

これって、それなりに経験を積まないと立てない境地。


生コンポータルは全国の需要家と日々交流しています。

どんなことを考えているのか。

何にお困りなのか。

さまざまな事例を経験して専門性を高めています。

生コンでいいこと

「土間コン色むら補修」

お届けしています。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/05/09

あわせて読むなら!

  • 「草むしり?どうせ施工をするのなら|月刊透水性コンクリート Vol.11」

    「草むしり?どうせ施工をするのなら|月刊透水性コンクリート Vol.11」

    際限なく生えてくる雑草。これからの時期がピークを迎える。冬場ならいい運動くらいに余裕をかましていられるけれど、汗だくになって、足腰がたがたに悲鳴をあげながら。翌日筋肉痛確定の状況でそれらをむしる。 草...

    詳しく見る

  • 「砂利敷き防草に新しい常識|透水性コンクリート」

    「砂利敷き防草に新しい常識|透水性コンクリート」

    砂利敷きというエクステリア・外構鉄板の施工。シート工事と併用して防草対策をしても生えてくる雑草。犬走りや駐車場の水切り。こんな使い方があったの?ぼくたち自身も驚いていますhttp://www.nr-m...

    詳しく見る

  • 「生コン工場の新規事業|透水性コンクリート見学」

    「生コン工場の新規事業|透水性コンクリート見学」

    生コン以外で新規事業を検討する。低迷する市場。初期投資は大規模でない方がいい。今いる人員・設備・ノウハウ。透水性コンクリート舗装という選択http://www.nr-mix.co.jp/dry_tec...

    詳しく見る

  • 「土間コン色むら補修|生コンでいいこと」

    「土間コン色むら補修|生コンでいいこと」

    「駐車場土間コンの(部分)補修」は外構工事関係者の永遠の課題。生コン施工の後に偶発的に現れるコンクリート表面の色むらや施工や外力が原因のひび割れ(欠損)。各種補修方法に関する情報(価格・問い合わせ先)...

    詳しく見る

  • 「なんでアスファルトにならなかったの?|土間コン」

    「なんでアスファルトにならなかったの?|土間コン」

    住宅駐車場の舗装といえば「土間コン」考えずになぜかコンクリート舗装。でも、舗装といえばアスファルトもあるよね?なんでアスファルトにならなかったの? 舗装の95%はアスファルト。 年度末渋滞にはまってイ...

    詳しく見る

水たまりの出来ないコンクリート「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ