長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「日本エクステリア学会総会|透水性コンクリート」

「日本エクステリア学会総会|透水性コンクリート」

日頃よりエクステリア業界の方々には多大なるご迷惑をおかけしております。生コンを代表してお詫び申し上げます。誠の申し訳ありませんでした(笑)
http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/



エクステリア現場の嫌われ者「生コン」

※暖かい反応に生コンを代表して御礼申し上げます


型枠外したりすると想定外のトラブルあったりしますよね?

土間コンといえば1日仕事で段取り調整が大変だし。

犬走りみたいに狭いところでの仕上げ作業こたえますよね。

ワイヤーメッシュの敷設なんかはこの暑い日にはたまりませんね。

ほかの資材は出来合いのものを持ってきて建て込むだけだけど、

生コンに限っては「半製品」の状態で現場で成形される。

雨の一つもふれば段取りは振り出しに戻るし、

お施主さんとの間で最もトラブルが起きやすい。

それが、生コン。

エクステリア学会の皆様。

日頃より生コンが多大なるご迷惑とご面倒をおかけしております。

生コンを代表してお詫び申し上げます。

誠に申し訳ありませんでした(笑)



なんとエクステリア業界の中心「エクステリア学会総会」でのプレゼンの機会を得る!

16096B85-5A5F-47BB-AF43-F46BC5F83A1B.jpeg

※総会の様子 日本エクステリア学会(http://es-j.net/


住友林業緑化の伊藤さんからある日、

「エクステリア学会の総会あるけど喋る?」

と声をかけていただいた。

二つ返事というのはこういうことなんだろうなくらいの、

「2分でいいので喋らせてください!」

という即回答。

僕たちは知っている。

エクステリア業界の人たちがいかに生コンで苦しんでいるか。

僕たちが最も伝えたい人たち。

それはエクステリア関係者。

生コンは、

いいこと。


業界を代表する面々に名刺交換でご挨拶。

「ああ、タッキー(週刊エクステリアの滝沢さん)から聞いてますよ。たのしみにしてます」

多くの伊藤さんや滝沢さんをはじめ、

多くの人たちが長年見守ってくださって、

透水性コンクリート「ドライテック 」は徐々に日の目を浴びようとしています。


ご安心ください。

透水性コンクリートが「生コンでいいこと」になるにまでは、

15年に及ぶ苦難の歴史がありました。

失敗という失敗は全て吐き出しております。

1,000m2以上は解体やり直ししています(笑)

ようやくここ数年で、

施工者にも、施主にも、製造者にも「いいこと」

透水性コンクリートはバランスの取れた、

全国どこでも0.5m3から5営業日以内に材料でお届けできる製品となりました。



いつだって答えは顧客との交流を通して

なんとも遠回りをしたような気がする。

所詮選ぶのは顧客。

この本質に至るのに随分遠回りをした。


仮説を立て、

これが顧客に喜ばれるはず

という思いを問い続け、

その度に外れ売れず失敗する。


自分にとって「いいもの」は売れない。

顧客にとって潜在的な悩みを解決する部分はなんだろうか?

何度も何度も自問し透水性コンクリートの価値を顧客の声に照らし合わせて検証する。


「こんなに早く終わるのいいね!」

「これなら水勾配いらないね」

「生コン車で持ってきてくれるのはありがたい。現場で練るの大変だからさ」

「ひび割れ目立たないのがいいね」


その度、僕たちが想定していた価値とは違うところをご評価いただく。

透水性コンクリートの本当の価値。


日本のエクステリアを代表する面々との交流にも、

多くの気づきがあふれていた。

日本の土間コンの常識が変わる。

その手応えを今回もびしびし感じた経験だった。


生コンでいいことが止まらない。



宮本充也



7BA21980-5AE9-40CC-8D32-52D8F620D4B7.jpeg

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/07/18

あわせて読むなら!

  • 「老木がまだ若木だった頃の人と自然の関係性」

    「老木がまだ若木だった頃の人と自然の関係性」

    静岡県だけじゃない。日本中の地面を変える役割を担っているのが、生コン工場。この200年異常とも言える人類の発展が変えてしまった日本の地面。御神木がまだ若木だった頃の地面に戻すのが僕たちの使命だ。 御神...

    詳しく見る

  • 「来て、見て、触って、実体験として納得して!!【透水性コンクリート見学会】」

    「来て、見て、触って、実体験として納得して!!【透水性コンクリート見学会】」

    ブログじゃ伝わらない。やっぱり、来て、見て、触って、実体験として「納得」してもらってからのほうが僕たちも嬉しい。体験を広げている。毎月20回以上開催されている透水性コンクリート見学会 (関東は毎週土曜...

    詳しく見る

  • 「日本【九州】の地面を変えるのは俺たちだ!」

    「日本【九州】の地面を変えるのは俺たちだ!」

    今週は、東北、関東、東海、中国、そして九州と5連続の透水性コンクリート施工見学会ラッシュ。当事者は感じている。日本の地面が変わる。中小企業が担い手の生コン工場の集合的意識が変革をもたらす。「日本の地面...

    詳しく見る

  • 「工期に追われるすべての現場監督たちへ【建築外構】」

    「工期に追われるすべての現場監督たちへ【建築外構】」

    現場監督の悩みには各種あるが、中でも「時間」「工期」は常に悩みのタネ。人手不足の現代。i-Constructionや建設ICTなど各種プローチがあるけれど、地味だけど提案してみない?透水性コンクリート...

    詳しく見る

  • 「この勾配だとどうしても【だれ】ちゃう。土間コンクリート施工の救世主現る?!」

    「この勾配だとどうしても【だれ】ちゃう。土間コンクリート施工の救世主現る?!」

    この勾配に土間コンを施工しようとするとどうしても「だれ」てしまって仕上げが遅くなってしまう。冬場施工車を悩ませる「土間コン」は浮き水待ちや金鏝仕上げで作業が深夜になることも。そんな、土間コンクリートの...

    詳しく見る

水たまりの出来ないコンクリート「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ