長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

【鎌倉】「めっちゃ狭い住宅地でも問題ない」今はまだ【普通の生コン】じゃない透水性コンクリートはいつか必ず標準になる

【鎌倉】「めっちゃ狭い住宅地でも問題ない」今はまだ【普通の生コン】じゃない透水性コンクリートはいつか必ず標準になる

以前見学会に参加されて今回お施主様に提案。試しに犬走り(12m2)に施工。4t車も入れない狭小地であったため、特殊生コン車(3t車)で伊豆の国市から鎌倉市まで配達(運搬2時間、施工1時間)。
製造:長岡さくら工場(伊豆の国市) 、施工:泉山園(工場から運搬2時間、施工1時間)



めっちゃ狭い住宅地でも問題なく運べちゃう

742BAB6A-282D-41E3-B3D0-6053E68C14E6.jpeg

今回の現場は鎌倉市の住宅密集地であったため、通常車両では入れない。そのため、特殊車両で伊豆の国市からの搬入となった。


91B57566-9ED0-49DF-9E67-75B0F30CDB45.jpeg

施工箇所に生コン車から直接荷下ろし。一輪車での運搬ではないから施工は捗る。


4748F7DD-5AD5-4FA8-9561-4CEDF2054F26.jpeg

初めての施工でも1時間以内で難なく完成。写真手前に見えるコンクリートが角に出ている箇所や雨水マス(やくもの)周辺はひび割れが出やすいけれど、骨材の輪郭が見える仕上げなのでヘアークラックは「見えない」から「問題にならない」



およその施工者は1回経験すれば納得する。

今回ご採用(お施主さんに提案)いただいた泉山園さんもそう。

気になるから1度試しに神奈川の見学会に足を運んでいただいた。

そこで、実際の施工をご覧いただき納得。

今回のように犬走りの舗装に「試し」に提案。

敷地境界はどうしても狭くなる。

入居後住人を悩ませるのは雑草。

狭いところだから作業も捗らない。

ジメジメしていて虫も湧きやすい。

不衛生になりがちな犬走り。

そこを透水性コンクリートで舗装。

草取り必要ない。

また、水はけを気にする必要もない。

いつも乾いているからジメジメもしない。

虫もわかない。



普通の生コンのように届く。

例えば、3t車しか入れないなんて密集地だってOK。

「普通の生コンのように」

なんて今は表現しなければならないけれど。

先々では「普通の生コン」として認知されるはずの透水性コンクリート。

そのためには、いつでもどこでも当たり前に届くようにしなければならない。

それが、生コンポータルと全国の前向きな生コン工場の使命。

土間コンと言えば透水性コンクリートがあたりまえ。


・水はけを考えなくていい(水を透すから)

・施工はたったの30分(普通の生コンだと1日仕事)

・ひび割れや色むらが問題にならない(骨材の輪郭が見える仕上がりだから)


だから、選ばれている。

透水性コンクリートは特殊で大変な材料じゃない。

関わる全ての人に喜びを届けられる。

生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/05/14

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

お問い合わせはこちら