長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

【愛媛】「〜〜でも施工してますか?」地域を問わず【どこでも】が生コンの当たり前

【愛媛】「〜〜でも施工してますか?」地域を問わず【どこでも】が生コンの当たり前

日々続く透水性コンクリート施工見学会は南国愛媛の宇和島でも開催された。ご当地南予生コンのガレージ舗装整備を兼ねてこれまた初の施工者によるベニア仕上げが披露される。



「基本どこでも」施工見学会実施可能!

BCB14171-5308-46D8-95A4-547EE6794238.jpeg

南国宇和島の雄南予生コンではこれで2度目の見学会開催となる!(http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/case/post_211.html


9EE812CF-B290-4F62-BF51-15A42030E01A.jpeg

施工開始!材料をこうして敷き均して端部はタンパーで入念に転圧する。

愛媛でもベニア仕上げをお披露目!


7DD06F13-E6A4-4050-A442-9BD7F9ECA9CF.jpeg

っという間に完成。駐車場2台分、30m2程度。



生コンプラントあるところならどこでも。

よくある質問。

「〜〜に住んでるんですが、透水性コンクリートやってますか?」


逆に問いたい。

「あなたの住んでいるその建物の基礎は何でできてますか?」

と。


そう、

コンクリートは日本中どこにでも必要とされる資材。

「水の次に流通する」

と言われる普遍的材料。

そのコンクリートを届ける生コンプラントがある地域であれば。

当然ながら、透水性コンクリートは届くことになっている。

さらに言えば、人が住んでいなくとも。

例えば山間部などでも、ダムやら橋やらに必要とされるコンクリート。

だから、透水性コンクリートだって当然のように涼しい顔して届くようになっている。

それを実践するために、生コンポータルではパートナー生コン工場と協力して全国見学会を実施している。

北海道から、沖縄まで。

あらゆる地域で見学会を開催している。


もし、迷っているのであれば。

いずれは土間コンクリートの常識となる透水性コンクリートを選ばない手はない。

生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/05/15

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ