長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

【京都】「アメリカ帰りの息子のために」問い合わせの絶えないバスケと透水性コンクリートの意外な関係

【京都】「アメリカ帰りの息子のために」問い合わせの絶えないバスケと透水性コンクリートの意外な関係

お子様がアメリカから帰ってくる。バスケットをやっていたので練習のために透水性コンクリート施工。舗装の上にマットを敷いてラインもその上に書く。
製造:今栖産業(株);施工:(株)伸輝開発(70m2、厚さ100mm、1505号砕石)



バスケと透水性コンクリートの意外な関係

先日見学者の方が実際にバスケットボールを持ち込んで実験したところ、「透水性コンクリートの上の方がドリブル音が小さい」が判明。


8365384B-6552-49FD-9C9B-5706BD1F8F37.jpeg

Before 問い合わせが殺到する「バスケットのために透水性コンクリート」。


6237F2D0-0B57-4E8A-ACD7-81A5E9D0F739.jpeg

敷設作業(敷き均し)を追いかけるようにプレートが仕上げていく。


A30271FF-4192-4C65-8771-FC45B13937B2.jpeg

仕上げの状態。


43D0FA87-2108-4338-BDA2-48DC40749B8D.jpeg

舗装の上には写真のようなマットをかぶせるそうだ。



透水性コンクリートとバスケの意外な相性とは?

冒頭の動画のように「音が静か」なだけじゃない。

あなたがバスケットボール選手だったとしよう。

・斜めのコート

・真っ平らのコート

どちらでプレイをしたいだろうか。

透水性コンクリートなら完全に真っ平らなコートにできる。

なぜか?


通常、舗装には「水勾配」を設定することになる。

この、水勾配。

降った雨を排水設備に誘導するためのスロープ、傾斜。

バスケットボールを通常のコンクリートで施工した場合もやっぱり傾斜をつけることになる。

つまり、斜めのコートとなってしまう。

これを避けるために、透水性コンクリートが活躍する。


降った雨(雨ばかりで嫌ですね 2019/07/04)は途端に舗装が吸収する。

だから、水勾配を考えなくていい。

水たまりもできない。

傾斜もない。

真っ平らなバスケットボールコート。

お庭に、真っ平らな、バスケットコート。

今、来てる。


音が静かなだけじゃない。


透水性コンクリートとバスケットコートの意外な関係。

続々施工中。

生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/07/04

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

お問い合わせはこちら