長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

【東京】「食わず嫌いは損するよ」猛暑にさっさと終わる土間コン・透水性コンクリート

【東京】「食わず嫌いは損するよ」猛暑にさっさと終わる土間コン・透水性コンクリート

結合材メーカーフッコーの設計提案を受け、田中ナオミアトリエの指定で施工に至る。9時40分から施工開始、11時10分終了。早く終わるのはこの猛暑の中とてもいい!
製造:東京テクノ、施工:内田産業(K邸駐車場、東京都小金井市、100mm厚×28m2、材料3.75m3 ※路盤の整々が悪いため、余裕をみて出荷)



猛暑にさっさと終わる土間コン「透水性コンクリート」

7E78BE45-F458-44DB-A707-255EC9BDB172.jpeg

透水性コンクリートは生コンポータルが手配する最寄りの生コン工場から届く。今回はいつもご協力いただいている東京テクノ。松田工場長は生コン業界の有名人。


89BB32CB-5718-4A26-AB04-7596A1D462AF.jpeg

こちらはダレの度合いで材料の適切な性状を確認するための試験(夏場ということもあり、ダレの度合いが大きく製造してある)。


7B3848FD-D244-45CA-A5D4-331C4C2A95E6.jpeg

材料にツヤのある状態で転圧1発仕上げ。白く乾いてしまった材料は仕上げ不良の恐れがあるため注意する。



敷設、均し(レーキによる平坦性確保)、転圧、終了。

土間コンクリートではこうはいかない。

まず、打設(だせつ、生コンを施工すること)に先立ち準備工事としてワイヤーメッシュの敷設がある。

このギラギラと照りつける灼熱地獄の中あつあつのスチール製材料を設置するのだ。

よほどのドMでない限り好きになれない作業だ。

そして、材料到着と同時に敷設。

足元はスペーサーで浮いたワイヤーメッシュという不安定な状態。

作業そのものは捗らない。

めっちゃ大変。

そんな思いして敷設、均し終えた生コンはすぐに仕上げることはできない。

ブリーディング(余剰水)が蒸散し水が表面から消えてからでないと金鏝仕上げはできない。

その、金鏝仕上げ。

3回たっぷり時間をかけて施工される。

それで、ようやっと完成。

完成、と思いきや翌日色むらやひび割れの発生で肝を冷やす。

夏だから、肝を冷やせるからいいじゃん、などというシャレは通用しない。

冷や汗と、リアル汗のオンパレードで施工者はWで消耗することとなる。

これが、普通の土間コンの現実。


一方、透水性コンクリート。

ワイヤーメッシュがない。

敷設、捗る捗る。

均したら写真にあるように軽やかに転圧1発、以上、終わり。

骨材の輪郭が見える(つまりペーストがない)仕上げ面であるため、

・ひび割れ

は仮に発生したとしても骨材の輪郭に毛ほどの幅。

見えないから問題とならない。

・色むら

はペースト内部の水の蒸散ムラに起因する。

ペーストがないから色むらは発生しない。


もし、あなたが施工者なら、食わず嫌いは損するよ。

1回食べたらもうやみつき。

生コンでいいこと。

それが、透水性コンクリート。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/08/06

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

お問い合わせはこちら