長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「2018年の残コン・スラッジ」

「2018年の残コン・スラッジ」

もっとも過酷なテーマだ。

一番目を背けたい。

先程から2018年に寄せる事業ごとの抱負をブログにしている。

シリーズ最後がこのブログ、

2018年の残コン・スラッジ

となる。


下りのエスカレーター。普通にしてても縮小。その低迷の度合いをさらに深刻にしている問題。残コン・スラッジに対しての取り組み。2018年もきっと全国各地の処理場の残コン中でもスラッジに対しての目は厳しくなるだろう。各地の行政判断も僕たち生コンにとって不都合なものに変化していく。


ただでさえ低迷しているというのに。

泣き面に蜂というか。

ただでさえ後ろから崖が崩れて僕たちを飲みこもうとしているのに。

走り終えてようやくほっとできると思ったら、

そこはぬかるみで少しずつ少しずつ僕たちの体を飲みこんでしまう。

残コン・スラッジの本質。

B/S(バランスシート)に表示されない負の遺産。

うちはそれほどでもないよ。

そんな度合いの問題ではなく。

生コン産業全体が抱えているがん細胞。


2017年に始まった残コン技術フォーラム

今年2018年引き続き継続する。

その道程で多くのことを知った。

当り前のように持ち戻されている残コン、

その先で発生するスラッジという厄介なゴミ。

建設産業全体におけるこれら廃棄物の位置づけ。

水の次に流通しているとされる材料「生コン」の負の側面。

成長する市場で光を求めて走るような明るいテーマではない。

できれば目を背けたい。

見なかったことにしたい、そんな問題。

事実大手ゼネコン各位をはじめ、

多くの生コン関係者はこの問題から目を背けている。

発注機関も同様である。


おそらく最も難しい事業

生コンに成長をもたらすために各種事業に取り組んでいるが、

過去を振り返ってみても最も困難な事業がこの、

残コン・スラッジ

という事業だと思う。

アンコンプライアンスや二重三重行政など、

複雑な要因が絡まっているためなかなか前進が見られない。

たまたま運の悪かった事業主体が保健所に指導されたり、

悪い場合には不法投棄とみなされて立件されたりなどしている。

一進一退なんの変化もこれまで生み出されていない。

だからこそ今年も目を背けずがっぷりよつで向き合おうと思う。


残念なことに勝算が全く見えない。

他の事業のように「こうすればこうなるだろう」という勝算がない。

なにから手を付けていいのか全く分からないテーマ。

残コン・スラッジである。

それだけ重いテーマなのだろう。

それだけにブレイクスルーをもたらした時の衝撃は大きいことになる。

大きな車輪ほど動かすのは大変だけど一たび動き始めたらだれにも止められなくなる。

そんな表現がある。

あまりにも重すぎて動かすイメージすら残念ながら思いつかない。

それぞれにそれぞれの地域でこの問題に個別に向き合っている生コン工場。

日一日とそのゴミは積層し、

いつの間にか清算不可能なまでに成長してしまった負の遺産。

変えることのできない習慣。

BSだけじゃなく、PL(損益計算書)も圧迫するようになってくる。

廃棄処理費用の高騰。


とにかく向き合いたいと思う。

本当になにから手を付けていいもんか全く分からない。

残コンリサイクルスタートアップ支援もやろうと思う。

(※残コンリサイクルのプロセスが稼働するまで生コン工場に伴走する事業)

残コン技術フォーラムも引き続き47都道府県すべて回っても、

その後も継続したいと思う。

勉強会などを通して発注機関も巻き込んだ残コンに対しての意識喚起も続けたい。

とにかく全方位でやれることを続けたい。

ただ一つ安心材料があるとするならば、

この取り組みは果たして残コン問題を解決できなかったとしても、

それでも徒労に終わらないということ。

この道程で多くの生コン関係者との共感や関係性が生み出される。

それは僕たちにとって大いなる財産になるものだからだ。


最も過酷なテーマ「残コン・スラッジ」に2018年もわき目も降らずに向き合います。

引き続きのご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


2018年元旦


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/01/01

あわせて読むなら!

  • 「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    横山産業の長濱さんがいろんなことを教えてくれる。僕たちが捨てた「ドラム内改質」。そして進化してきた残コンスラッジ処理システム。先祖返りとも言えるドラム改質に今再び注目が集まる。 ドラム内改質は基本お勧...

    詳しく見る

  • 「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    あらゆるソリューションがあるはずなのに、いつまでたっても業界から抜本的に消滅しない「残コン」と「スラッジ」という問題。個別企業では調査力に限界があるから?そうではない、「残コン・スラッジが解決しないワ...

    詳しく見る

  • 「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    変わる。根元から習慣を断ち切る。そのきっかけ、「残コン」。成人病や習慣病のように、「わかってはいるけれど変化できない」残コン処理。さまざまな地域で根元から変化した生コン工場の群像。 電気もない、配管も...

    詳しく見る

  • 「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    生コン工場は生コンを製造する施設。「雑然としてたってほこりっぽくたっていいんだ!」口ではそういうけど、実際はスッキリしてたほうがいいでしょ? これは、徳島県の冨士建設工業の劇的ビフォーアフターのお話。...

    詳しく見る

  • 「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    構内に溜まりに溜まったスラッジをなんとか一掃したい。だから、当日の残コンに対して同じくらいの量を混ぜて1日でも早くなくしたい!多くの生コン関係者から寄せられる質問。「スラッジを入れすぎるとどうなるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ