長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

8月23日は京都生コン青年部総会で「水を使わない生コン」プレゼン

8月23日は京都生コン青年部総会で「水を使わない生コン」プレゼン

うだるような暑さがいよいよ始まる。夏本番。そんな真夏に自殺行為とも言える「水で洗わない」生コン工場創造のため漢たちが立ち上がる。



8月23日京都生コン青年部総会「水を使わない生コン工場」

E8453062-A693-422F-8A77-7CC831802E63.jpeg

8月23日プレゼンに備え岡山県白石建設を訪ねる京都生コン関係者御一行(京都福田、宝ヶ池建材)。


D86700F0-9C09-4409-92A3-17DB4799CC19.jpeg

構内見学。白石建設には全自動はつり機が設置されている。高騰するはつり賃の解消の参考に見学(京都府内では担い手が急減していることが問題になっている)。


DA7A9DF6-63FF-49F4-B53D-C00FA9B6EAF6.jpeg

さらに、水タンクには遮熱シートを巻いて暑中コン対策を実施している。



地域や枠組みを超えた名前の無い生コン工場の交流。

OUTだ組合員だとか。

工業組合加盟かそうではないだとか。

今時の生コン若手はどのように考えているだろう。

そんなものに価値を置いているのだろうか。


実際に京都と岡山の縁もゆかりもない生コン工場同士がこうして交流している。

水を使わないで洗う。

そもそも、洗わない。

そんなワクワクするような出来事は組合の理事会や参事会には溢れているだろうか。

執行部会や理事長は率先垂範している?

寝ている人ばっかりの勉強会に会社から行ってこいって言われて行ってない?

羽を伸ばそう。

やりたいことをやろう。

その結果は自分で責任を取ればいいだけなのだから。


枠組みやしがらみにとらわれて本当に自分がやりたいことをやらずに年齢ばっかりとっていく。

そんな生コン人生はいや。


会いたい人に会う。

やりたいことをやる。

自分で責任を取る。


そんな個人が解放された生コン産業になればきっともっともっとはやく夢見た遠くまで行けるはず。


水を使わない生コン工場。

そんな未来予想図を。

青年部、今時の若手生コンパーソンとじっくり議論したい。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/07/26

このページのトップへ

お問い合わせはこちら