長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2019/12/21

「8回洗車を省けたので80分短縮したことになります」洗わない生コン工場・Re-con ZERO Spray

「8回洗車を省けたので80分短縮したことになります」洗わない生コン工場・Re-con ZERO Spray

530m3の大量打設でその実力が示されたRe-con ZERO Spayの報告をするのは池上信(まこと)。どれだけ人よりも早く折り返せるかが生コンドライバーのプライド。「洗車が8回もなくなると非常に楽です。身をもって体感しました」



8時間1滴も水を使わずほぼ付着なし

7A47A48E-11F0-4C24-99F1-727205D71BDD.jpeg

8時間1滴も水を使わずに稼働された生コン車のホッパー。


2EDC8075-9E6C-4004-B37D-861063523EAD.jpeg

こちらは同じくブレードの様子。


池上信曰く、

⚫︎ホッパー

⚫︎ブレード

⚫︎フローガイド

⚫︎シュート

は荷下ろし後水を1滴も使わず噴霧器でRe-con ZERO Sprayが散布されたという。


AF6BB337-A702-4F84-A09F-ADB6DDEBF7CB.jpeg

使用された噴霧器。

中はMAPEIが開発したRe-con ZERO Spray。

荷下ろし後、「さっとスプレー」でおしまい。

1回あたり水洗浄(残水カット含む)に比べて10分短縮できたという。


555E89D5-A0C5-4A0A-9AF5-655E1B4A1344.jpeg

8時間後のホッパーの写真。


D830916F-A8C2-42DE-B657-E10EBECFDE78.jpeg

こちらはブレード。



池上信が語る「荷下ろし後水を1滴も使わない体験」。

2往復に1回上記の箇所に散布。

基本擦れるところには噴霧せず通常(付着モルタルが)落ちにくいキワに噴霧。

本日の使用量は1200cc。

(金額換算では200円程度)。

ちなみにドラム内には一切噴霧しておりません(どうせ擦れるので)。

終業時ピストルで水洗いをしてみました。

付着モルタルがこわばって「ぺろん」と剥がれる感じ。

写真はブラシでごしごし洗っておらずピストルのみで洗った状態。

8時間1滴も水を使わずほぼ付着なしはなかなかの効果だと思います。

今回8回洗車を省けたので、

8回×10分=80分/日時間短縮したことになります。

非常に楽でした。

身をもって体感しました。



Q「もしかして順番追い越したりしたんじゃないですか?」

※これだけ時短できたなら通常の水洗浄をしている車両よりも早く戻れるため順番を抜かしたりできるのではないかという問い


A「もちろんです!ドライバーって抜かされるのが嫌なので自然と全体が洗いなしに限りなく近づきますね。どれだけ人よりも早く折り返せるかが生コンドライバープライドだと思ってます!」



池上さん、お疲れ様でした。

この経験はきっと日本は愚か、世界中に広がっていくことだと思います。

誰しもなにも生まない作業に時間と労力を割くのは嫌。

この究極の時短。

生コン工場の景色を変えてしまうことだろう。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら