長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「もうフィルタープレスは要らない ~4層式残コン処理システム~」

「もうフィルタープレスは要らない ~4層式残コン処理システム~」

※これがスラッジ&残コンすべてを再利用可能な資源にする工夫


・しぼり機

・フィルタープレス

そのように呼ばれる設備が一般には生コン工場にはある。

スラッジケーキ

surazzike-ki.jpg

※Google画像検索


スラッジ水(残コンや生コンドラムを洗浄した際の県濁水)を絞って、

ケーキ上のスラッジと呼ばれる廃棄物を製造する設備だ。


これまで生コン工場では一般にこのような方法で、

残コンの処理がなされてきた。

このスラッジケーキ。

再利用の方法は確立されておらず、

一般には埋め立て処理(最終処分場)をされ、

㎥あたり5,000円程度の処理費用が掛かるとされている。

工場によっては数千万円の処理コストがかさんでいる場合もある。


当社長岡生コンクリート。

生コン工場の運命ともいうべき、

・しぼり機

・フィルタープレス

を一切使わない残コン処理方法が評価され、

環境マネジメントシステム ISO14,0001を取得した。

21985864_1054648574637474_1583866221_o.jpg

手前味噌な話だが、断言しよう。

もうフィルタープレスは要らない

当社長岡生コンクリートの残コン処理の在り方は、

近未来の生コン工場の在り方を示している。


もちろん、当社だけの努力で勝ち得たわけではない。

GNN元気な生コンネットワークの中で、

残コン

というテーマに共感した有志らで7年にも及ぶ実験を繰り返してきた。

それら改善の歴史はまだ継続している。

今週金曜日~土曜日に開催されるGNNワークショップ、

テーマは、

残コン処理

これまで蓄積された経験が集約される。


4層式残コン処理システム

当社長岡生コンの残コンリサイクルシステムの名称。


22050470_1054644591304539_1957912874_o.jpg

1層目;洗浄水ピット

終業時洗浄されたドラム内県濁水はすべてここに廃棄される。

手前スリットから清水(ごく微量のスラッジ水)が滲出し、

それらはすべて回収水として生コン製造(再生骨材コンクリート含む)に用いられる。


22015520_1054644597971205_1268328142_o.jpg

2層目;残水ピット

現場から戻ってきた残水はすべてこちらに廃棄される。

スリットから清水が滲出し同じくすべて回収水として利用される。


21985758_1054644601304538_768458529_o (1).jpg

3層目;残渣物ピット

1層、2層の底にたまった残渣物は朝一番で重機で掬われ、

3層目;残渣物ピットに貯蔵される。

残渣物 → セメント・砂・砂利・水分

1日天日干しされればほぼスランプは失われる。


22016872_1054644594637872_936412683_o.jpg

4層目;残コン改質ピット

その日のうちに余ってきた残コンはすべてここに廃棄される。

残コンはたいてい高含水でありスランプも柔らかめ。

IWAシステム

(Re-CON ZERO)

は残コンに含まれる水に対して作用する。

そのため、高含水の場合それだけRe-CON ZEROを多く必要とする。

これでは経済性が確保できない。


夕方5~10㎥程度余った残コン(高スランプ)に対して、

3層に貯蔵されている残渣物(0スランプ)をブレンドする。

すると、残コンのスランプを5㎝以下~0㎝まで下げることができる。

つまりRe-CON ZEROの使用量を極限まで圧縮する。

経済性を確保することができる。


※後は通常の処理(IWAシステム)で改質

ECONkotsuzai.jpg

22015192_1054644614637870_306367319_o.jpg

翌日から、

・再生骨材コンクリートの原料

・リサイクル砕石として路盤材など

として再利用される。


この方法により、

・スラッジ

・残コン

を廃棄することなく、

500~1,000円の処理費用で再利用されることになる。


見ての通りこの方法によれば、

・しぼり機

・フィルタープレス

を使う必要が全くない


もちろん、生成したリサイクル物質をキチンと販売できてこそ。

とはなるだろうけれど、

仮にそれらを捨てるとしたとしても、

スラッジを捨てるほどの高額請求にはならないだろう。

ちなみに、当社長岡生コンでは、

もう何年も残コン・スラッジを場外に廃棄していない。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/09/25

あわせて読むなら!

  • 「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    横山産業の長濱さんがいろんなことを教えてくれる。僕たちが捨てた「ドラム内改質」。そして進化してきた残コンスラッジ処理システム。先祖返りとも言えるドラム改質に今再び注目が集まる。 ドラム内改質は基本お勧...

    詳しく見る

  • 「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    あらゆるソリューションがあるはずなのに、いつまでたっても業界から抜本的に消滅しない「残コン」と「スラッジ」という問題。個別企業では調査力に限界があるから?そうではない、「残コン・スラッジが解決しないワ...

    詳しく見る

  • 「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    変わる。根元から習慣を断ち切る。そのきっかけ、「残コン」。成人病や習慣病のように、「わかってはいるけれど変化できない」残コン処理。さまざまな地域で根元から変化した生コン工場の群像。 電気もない、配管も...

    詳しく見る

  • 「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    生コン工場は生コンを製造する施設。「雑然としてたってほこりっぽくたっていいんだ!」口ではそういうけど、実際はスッキリしてたほうがいいでしょ? これは、徳島県の冨士建設工業の劇的ビフォーアフターのお話。...

    詳しく見る

  • 「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    構内に溜まりに溜まったスラッジをなんとか一掃したい。だから、当日の残コンに対して同じくらいの量を混ぜて1日でも早くなくしたい!多くの生コン関係者から寄せられる質問。「スラッジを入れすぎるとどうなるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ