長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「もうフィルタープレスは要らない ~4層式残コン処理システム~」

「もうフィルタープレスは要らない ~4層式残コン処理システム~」

※これがスラッジ&残コンすべてを再利用可能な資源にする工夫


・しぼり機

・フィルタープレス

そのように呼ばれる設備が一般には生コン工場にはある。

スラッジケーキ

surazzike-ki.jpg

※Google画像検索


スラッジ水(残コンや生コンドラムを洗浄した際の県濁水)を絞って、

ケーキ上のスラッジと呼ばれる廃棄物を製造する設備だ。


これまで生コン工場では一般にこのような方法で、

残コンの処理がなされてきた。

このスラッジケーキ。

再利用の方法は確立されておらず、

一般には埋め立て処理(最終処分場)をされ、

㎥あたり5,000円程度の処理費用が掛かるとされている。

工場によっては数千万円の処理コストがかさんでいる場合もある。


当社長岡生コンクリート。

生コン工場の運命ともいうべき、

・しぼり機

・フィルタープレス

を一切使わない残コン処理方法が評価され、

環境マネジメントシステム ISO14,0001を取得した。

21985864_1054648574637474_1583866221_o.jpg

手前味噌な話だが、断言しよう。

もうフィルタープレスは要らない

当社長岡生コンクリートの残コン処理の在り方は、

近未来の生コン工場の在り方を示している。


もちろん、当社だけの努力で勝ち得たわけではない。

GNN元気な生コンネットワークの中で、

残コン

というテーマに共感した有志らで7年にも及ぶ実験を繰り返してきた。

それら改善の歴史はまだ継続している。

今週金曜日~土曜日に開催されるGNNワークショップ、

テーマは、

残コン処理

これまで蓄積された経験が集約される。


4層式残コン処理システム

当社長岡生コンの残コンリサイクルシステムの名称。


22050470_1054644591304539_1957912874_o.jpg

1層目;洗浄水ピット

終業時洗浄されたドラム内県濁水はすべてここに廃棄される。

手前スリットから清水(ごく微量のスラッジ水)が滲出し、

それらはすべて回収水として生コン製造(再生骨材コンクリート含む)に用いられる。


22015520_1054644597971205_1268328142_o.jpg

2層目;残水ピット

現場から戻ってきた残水はすべてこちらに廃棄される。

スリットから清水が滲出し同じくすべて回収水として利用される。


21985758_1054644601304538_768458529_o (1).jpg

3層目;残渣物ピット

1層、2層の底にたまった残渣物は朝一番で重機で掬われ、

3層目;残渣物ピットに貯蔵される。

残渣物 → セメント・砂・砂利・水分

1日天日干しされればほぼスランプは失われる。


22016872_1054644594637872_936412683_o.jpg

4層目;残コン改質ピット

その日のうちに余ってきた残コンはすべてここに廃棄される。

残コンはたいてい高含水でありスランプも柔らかめ。

IWAシステム

(Re-CON ZERO)

は残コンに含まれる水に対して作用する。

そのため、高含水の場合それだけRe-CON ZEROを多く必要とする。

これでは経済性が確保できない。


夕方5~10㎥程度余った残コン(高スランプ)に対して、

3層に貯蔵されている残渣物(0スランプ)をブレンドする。

すると、残コンのスランプを5㎝以下~0㎝まで下げることができる。

つまりRe-CON ZEROの使用量を極限まで圧縮する。

経済性を確保することができる。


※後は通常の処理(IWAシステム)で改質

ECONkotsuzai.jpg

22015192_1054644614637870_306367319_o.jpg

翌日から、

・再生骨材コンクリートの原料

・リサイクル砕石として路盤材など

として再利用される。


この方法により、

・スラッジ

・残コン

を廃棄することなく、

500~1,000円の処理費用で再利用されることになる。


見ての通りこの方法によれば、

・しぼり機

・フィルタープレス

を使う必要が全くない


もちろん、生成したリサイクル物質をキチンと販売できてこそ。

とはなるだろうけれど、

仮にそれらを捨てるとしたとしても、

スラッジを捨てるほどの高額請求にはならないだろう。

ちなみに、当社長岡生コンでは、

もう何年も残コン・スラッジを場外に廃棄していない。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/09/25

あわせて読むなら!

  • 「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    岡山駅到着直前で左手に見えるこの物体。岡山は光コンクリートに佇む謎の設備はこれから多くの笑顔を建設現場に届けることになるだろう。始まる、光クラッシャーの伝説。http://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配」玄関アプローチ、水たまりができないとの事で、業者様に注文。長岡生コンで材工共(※材料供給だけでなく工事も請け負う方式)で見学会を実施。27m2、厚さ100mm、施工 長岡生コ...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    共感を作るために、具体的な手段。建設現場で今日も繰り返される悪習、モルタル0.5m3とポンプ返し。技術は確立されているのに、それが未だ普及していない理由はなにか?それは、課題意識をきちんともって共感を...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    動く京都の残コンスラッジ事情具体的な方策の一つとして、先行モルタル(0.5m3)の完全撤廃。もちろん、赤字で出荷するモルタルの習慣を取りやめること、そして事後発生する残コンを抑制するという実用的な目的...

    詳しく見る

  • 「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「製品を買えば解決する」そんな風に誤解されている残コンやスラッジの問題。そんなに都合のいい話があれば誰もスラッジに困らない。岡山白石建設は常に進化のきっかけを作る。残コンスラッジ衝撃の新章突入なるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ