長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

「残コンをそのへんにポイ」 仙台・東北・GNN・残コン・見学

「残コンをそのへんにポイ」 仙台・東北・GNN・残コン・見学

東北は比較的残コン問題は深刻ではない。

そんなわけはない。

残コンに限って言えばすべての生コン工場、

全ての地域にとって厄介な問題。

顕在化しているかしていないか。

だけの問題で残コンは万国共通の問題。

例えばMAPEI社のリリースするRe-con ZEROの販売実績。

見事にわかりやすく、

環境先進国でしか販売が成り立っていない。

東南アジアの新興国では一切売れていない。

これについては環境基準が非常に大きく影響をしている。

「残コンをそのへんにポイ」

してもお咎めがないからわざわざ金かけたり、

ましてやリサイクルするのに手間をかける必要ない。

そんな理由で売れていないことがある。

だからといって残コンは問題になっていないのか?

それとこれとは別問題で、

「残コンをそのへんにポイ」

することが環境・社会的にモーマンタイかどうかを論じれば、

想像に難くないだろう。

いずれのケースにおいても残コンは問題なのだ。


というわけで僕たちができる範囲でこの残コンについて、

全国各地を訪ねて残コンに関する議論を深めたい。

そんな思いから「残コンフェス」を全国ツアー中である。

※「1都1道2府43県全部」 残コンツアーの概要


そんなわけで、

東北第1の都市、仙台でもやります。

残コン技術フォーラム in 仙台・タイハク利府工場


困ってませんか?残コン。

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2017年7月21日(金) 15:00~17:00迄

・会場 株式会社 タイハク 利府工場(宮城県宮城郡利府町飯土井 字長者前75-1

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

・返信先

FAX. 022-393-4807 (利府工場 担当;小松)

TEL. 022-393-4806 (利府工場 担当;小松)

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)

※お電話でのお問い合わせは宮本までお願いします


コンテンツ 見学会とセミナーがございます

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連

・その他


対象;圧送業者、生コン業者、建設業者、その他関係者


残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html


7月はこの手の残コン技術フォーラムを7件開催予定だ。

「残コンフェスについてなんですけど」

それで話が通じる場合があることがとてもうれしい。

生コンに携わっていりゃ当然残コンについては関心がある。

おいしいご飯を食べたいけれど、

余り太りたくないのと似ているんだと思う。


生コンにかかわる人である以上必ず直視すべき問題。

残コン

このテーマに関してもやはりダイエットと同じで、

「楽して痩せよう」

みたいなまやかしは通用しない。

本質論をきちんと見定めて実践する姿勢が問われる。


そんなわけで、

まあ、楽しくダイエットする感じで、残コンを語り合おう。

タイハク利府工場はとても素晴らしい工場でもあるし、

そういう意味ではこの機会に一度訪ねてみるのもありっちゃありだ。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/06/23

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら