長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

「残コンフェス in 神戸 環八の外へ」 残コン・技術・フォーラム

「残コンフェス in 神戸 環八の外へ」 残コン・技術・フォーラム

さあ、神戸だ。

神戸牛だ。

なんか、おしゃれな感じの街で、

残コンフェスがまたもや降臨する。

おしゃれでも、残コン。

ダサくても、残コン。

まるで、谷選手だ。

そんな残コン。

今、日本中を残コンフェス旋風が巻き起こっている。

決してあなたは無関係ではない。

水の次に流通する材料、

生コンのゴミ = 残コン

これは、現代社会に生きているすべての人に分け隔てなく関係する、

とても深刻な問題として日ごとその関心の度合いは高くなっている。



残コン技術フォーラム in 神戸 With 泰慶


困ってませんか?残コン。

この機会に、ぜひお立ち寄りください。

ともに、残コン解決への道を模索しましょう。

・2017年6月30日(金) 15:00~17:00迄

・会場 株式会社 泰慶(〒651-2142 兵庫県神戸市西区玉津町二ツ屋99−5

・参加費 無料

・出欠連絡

 出 ・ 欠

・返信先→

FAX.078-917-3437 (担当;石原)

TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局 担当;宮本)


コンテンツ 見学会とセミナーがございます

・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→全圧連マテリアル


対象;圧送業者、生コン業者、建設業者、その他関係者


残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)

http://www.nr-mix.co.jp/econ/

 

尊敬する浜田省吾さんが「恋は魔法さ」で歌った街、

神戸


夜の海見てたのさ ボンネット腰かけて

六甲アイランドのふ頭に 車停めてさ

振り向くとドアのところに 彼女がたってたのさ

「夜風が気持ちいいね。夜景が ほら きれいだね」


Magic in the summer night. 夢のようだった

誰だって 恋に堕ちるさ

見つめたら 心高鳴った いつだって恋は魔法さ

一目で恋をしたよ 神戸Girl


※残コン技術フォーラムは浜田省吾さんとも「恋は魔法さ」とも一切関係はありません


とにかく。

である。

残コンフェス in 神戸・泰慶は6月30日金曜日に開催される!

ご当地は日本時間の基準となっている明石にほど近い。

タコ飯と明石焼きが楽しめる。

行く理由なんていくらでもつく。

業界の人はもちろん。

業界外の人にもぜひ立ち寄っていただきたい!


かのアントニオ猪木氏が以前こういった。

「東京ドームを満員にするためには環八の外にまで発信しなければだめだ」

と。

僕は以下のように理解している。

東京ドーム→業界

環八の外→一般

つまり、残コン問題を業界の中できちんと認識させるためには、

環八の外→一般の人に向けて情報発信すべきなのだ、と。


まあ、よい。

寝ても覚めても、泣いても笑っても、

残コンフェスは全国ツアーを続ける。

神戸に来るも来ないもあなた次第!

当事者としての根性を見せてくれたまえ!!


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/05/31

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら