長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

「残コンピタゴラスイッチ」 残コン・モレステ・セルドロン・IWAシステム・全圧連・GNN

「残コンピタゴラスイッチ」 残コン・モレステ・セルドロン・IWAシステム・全圧連・GNN

男の子たちの夢を守るために!

「残コンピタゴラスイッチ」

としても、各種残コン再利用システムを実演


男の子ですか?

あなた、男の子ですか?

男の子なら、わかるはず。

18553796_1307194196065620_494545912_o.jpg

(※NIKKO社のモビックスという建設機械)


こうゆうの、好きでしょ?

なんか、あると、近づいちゃうでしょ?

男の子の本能というか。

私事で恐縮だが、

うちの子(男の子)が生コン車とか重機をみて、

素直に興味を示した時には、

「よかった、男の子で」

と心からほっとしたことを未だに覚えている。

おままごととかお人形とかばかりで遊んでたら、

やっぱ不安だ。


それはさておき、そんなでっかいマシンは、

男の子の心をつかんで離さない。

telebelt.jpg

※こんなのも好きでしょ?


いよいよ来週に迫った「GNN第20回技術勉強会 in 長野

※関連ブログは以下の通り、

長野で生コンピタゴラスイッチ!!!

長野でも残コンライブ

Stay foolish in 長野

生コン伝票電子化はGNNに任せろ!

世界を巻き込んだ、生コンピタゴラスイッチ


もちろん目玉は、世界中から長野に集結した建設機械による、

「生コンピタゴラスイッチ」

なわけだけど、

この生コンピタゴラスイッチ、別の側面もある。

「残コンピタゴラスイッチ」

という側面。


18901195_315790545516989_157297780_o.jpg

18836222_1320214611430245_1047469977_o.jpg

(※モビックスで残コンにIWAシステムを実施し再生骨材を製造)


「食べ物ピタゴラスイッチ」

という非常に下品な飲み会でのゲームがある。

5人で飲んでいた場合、

AさんからEさんまでいて、

Aさんがとある料理を口に含んで咀嚼する。

Aさんはその口の中の料理をBさんに口移しする。

それを、Eさんまで続けて、Eさんがその料理を当てる。

そんなルールだ(※下品ですんません)


Eさんはその料理がなんだったか充てるアテナイを問わず、

その料理をきちんと食べなければならない。

食糧危機にあえぐ諸外国があるのだから。

吐き出して残飯として捨てるなんて許されない!

それと同じことで(?)、

生コンピタゴラスイッチをやった後の生コン。

これも実に残コンである。

捨てていいのだろうか?

男の子のロマンを追求するあまり、

「楽しけりゃいいじゃん」

みたいな姿勢を将来ある男の子の前で大人たちがやっていいもんだろうか?


「残コンもきちんと再利用するところまで見せなければならない」

そうは思わないだろうか?


そんなわけで、長野の生コンピタゴラスイッチは、

男の子たちの夢を守るために!

「残コンピタゴラスイッチ」

としても、各種残コン再利用システムを実演


・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ

・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン

・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム

・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→全圧連マテリアル

その他


残コンピタゴラスイッチとさせていただく予定である。

デモンストレーションンをするからといって、

廃棄物を発生させるなんてGNNはそんなダサいことはしない。

未来を背負う子供たちにかっこいい大人の姿を見せなければならない。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/06/02

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら