長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「残コンニチハ!」 新潟・残コン・モレステ・セルドロン・R2・全圧連・IWA・見学会

「残コンニチハ!」 新潟・残コン・モレステ・セルドロン・R2・全圧連・IWA・見学会

第10回!

輝け!!

残コン技術フォーラム!!

in

新潟・石井建材!!!


そんなテンションなのである。


47都道府県全部回ります!!


と宣言したのが今年の5月。

九州は福岡だったと思う。

残コンフェスのパートナーである川端工業の中村さんに、

「全国回りましょうか?」

と尋ねたら、

「行きましょう」

即答。


10回を数えて当事者である僕たちはものすごい手ごたえを感じている。

この手ごたえ、きっと当事者じゃなければ理解してもらえないはず。

僕たちは全国各地の残コン関係者を回っていちいちの場所で、

「残コンの当事者になりましょう」

と呼びかけ続けている。

そもそも残コンはどういった問題なのか?

押し付けあうことが子供たちに誇れる仕事なのか?

目を覚ましましょう!

多少偉そうだが、

10年以上残コンから目を背けず残コンをテーマにし続けてきた。

それだけのことは言わせてほしい。


そんなテンションに今日はさせてほしい。

10回もやりとげたのだ。

10回も残コンフォーラムをやった人なんていないはずだ!

というか、残コンフォーラムなんて今年の4月にできたばかりなのだ。

だから世界初なのだ!!


19850586_1003894329712899_462725067_o.jpg

おしい、ピンボケ ※川端工業の中村さんと新潟のみなさんと


19911636_1003894356379563_1613110065_o.jpg

おおお!

大歓迎、あざっす!

石井社長はじめ担当の池原さん、鈴木さん、みなさんの大歓迎に感謝感謝!!


20049293_1003894346379564_673401940_o.jpg

今日のデモは残念ながらモレステとR2はできず、

セルドロンとIWAシステムのみとなりました。

19807113_1003894336379565_1726594216_o.jpg

今日も30人以上のご来場を記録した。


新潟の残コンに対しての反応は薄いかな。

事前の懸念が払しょくされ見事な反応に感謝。


「みなさん、ご唱和ください。残コンニチハ!」


といういつもの挨拶に失笑を頂けると思ったらなんと!


「残コンニチハ!」


見事なご返事に新潟はんぱねー!というふうに思う。

新潟、いっちゃってるね!


工業組合の方々や地元生コン関係者、

ポンプの組合の皆さん、県外から残コン関係者、

ここまで熱い反応をいただけるなんて残コン技術フォーラム、


うれP


です。

白い粉(Re-con zero、R2、セルドロンいづれも白い粉)だけに、

まんもす、うれP

です。


「新潟の工組でぜひやりたい!来てくれる?」


いきます!

ありがとうございます!

まんもす、うれPです!!


ついでに、8月下旬に福島で残コン技術フォーラムをやることも決まった。


次回第11回は仙台・タイハク!!


47分の10が終わった。

年度内に47都道府県。

なんとなく見えてきた。

やればやるほど景色が変わっていく。

そして、1周、2周、3週・・・。

その先では必ずや日本の残コン問題に大きな変化が表れているはず。


そんな、びしばし手ごたえを僕たちは感じています。


日本の残コンの夜明けは近いぜよ!

そんなテンションです。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/07/13

あわせて読むなら!

  • 「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    横山産業の長濱さんがいろんなことを教えてくれる。僕たちが捨てた「ドラム内改質」。そして進化してきた残コンスラッジ処理システム。先祖返りとも言えるドラム改質に今再び注目が集まる。 ドラム内改質は基本お勧...

    詳しく見る

  • 「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    あらゆるソリューションがあるはずなのに、いつまでたっても業界から抜本的に消滅しない「残コン」と「スラッジ」という問題。個別企業では調査力に限界があるから?そうではない、「残コン・スラッジが解決しないワ...

    詳しく見る

  • 「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    変わる。根元から習慣を断ち切る。そのきっかけ、「残コン」。成人病や習慣病のように、「わかってはいるけれど変化できない」残コン処理。さまざまな地域で根元から変化した生コン工場の群像。 電気もない、配管も...

    詳しく見る

  • 「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    生コン工場は生コンを製造する施設。「雑然としてたってほこりっぽくたっていいんだ!」口ではそういうけど、実際はスッキリしてたほうがいいでしょ? これは、徳島県の冨士建設工業の劇的ビフォーアフターのお話。...

    詳しく見る

  • 「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    構内に溜まりに溜まったスラッジをなんとか一掃したい。だから、当日の残コンに対して同じくらいの量を混ぜて1日でも早くなくしたい!多くの生コン関係者から寄せられる質問。「スラッジを入れすぎるとどうなるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ