長岡生コンクリート
残コン技術フォーラム
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

生コンでいいことコンクリートで不幸になる人を0に

サービス 見積依頼 コメント
お 名 前 連 絡 先 購入希望 担当者からの連絡を希望しない

「鹿児島からのリアクション楽しみにしております」 建設応援マガジン Vol.46

「鹿児島からのリアクション楽しみにしております」 建設応援マガジン Vol.46

※本稿はインターウェーブ社の「建設応援マガジン」にコラムとして寄稿したものです。


毎月月初に真衣ちゃんからの依頼を楽しみにしている。

なにかって、今回がVol.46を迎える、

建設応援マガジンのコラムである。

http://www.i-wave.co.jp/

※バックナンバー → 建設応援マガジンコラム

コラム執筆のご依頼だ。

大抵月半ばくらいにそのmailは寄せられるのだが、

今回は10日になっても来ない。

前回6月みたいなこともあるのでもうないのかとあきらめかけていたところ、

11日になって、

今月の配信予定は【09/14(木)】を予定しておりますが、
配信日が大変近いため、もし難しい場合には次号でも構いません。

こんなキュートなmailが届いた。

次号でいいわけがない。

というわけで張り切ってコラム執筆としゃれこみたいと思う。

生コンブログの始まりである。


建設応援マガジンとは鹿児島の会社が発行している。

20,000人超を読者として登録している一大建設メルマガだ。

あまりよくわからないけれど、

その20,000人の大半は鹿児島県在住なのだろう。

もしくは九州地区に拠点を構えているはずだ。

そして今僕は実に九州は鹿児島でやりたいことがある。


残コン技術フォーラム

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html


という取り組みを現在行っている。

皆さんご存知現場で生コン使った後に余るあれのことだ。

残コン。

きっと建設応援マガジンを読む方の大半は、

荷受人(需要家)

だと思うので少し耳の痛い話を書くようだが、

残コンは本来荷受人が処理せねばならない

ということは意外とあまり知られていない。


残コン。

伝票が切られた時点で生コンの全量は顧客に所有権移転される。

つまり、

当たり前に生コン屋が持ち帰ってるそれは、

当たり前にポンプのホッパーに残したまま場外搬出させてるそれは、

実はあなたたち荷受人のもの

どーん。


これ、どういうことかというと、

収集運搬の許可を持たない生コン工場に廃棄物を運ばせてたり、

同じくポンプ業者に対してももちろん、

さらには過積載(ホッパー内残コンは700㎏)をさせていたり、

とんでもないことをしているという認識を持たれている方は皆無だろう。

・建設会社

・生コン工場

・圧送業者

みんな状態的にアンコンプライアンス状態にいるという事実。


現在残コン技術フォーラムでは全国ツアーを実施している。

今日の青森と明日の秋田で23回を数える。

実に47都道府県の半分を回ったことになる。

全国の生コン(残コン)関係者に対して、

残コンとその解決策

を紹介したり残コンに対する適正な認識を促したりしている。


おかげさまで30カ所までは予約で埋まった。

残コンに対する関心の高さがうかがえる。

一方協力者を得ることができず開催が困難な地域もある。

そのうちの一つが鹿児島県となっている。


残コン技術フォーラムでは説明会に加えて実演を行っている。

実演では実際の生コン工場で生コンを練っていただき、

それを実際のポンプで通す一連の作業の中で、

随時発生する残コンに対してのソリューションを紹介している。

この協力者の存在なければ残コン技術フォーラムが成り立たないのだ。


今年度5月に福岡からスタートした残コン技術フォーラム。

年度内に47都道府県を回りたい。

関係者一同気合を入れて回っています。

鹿児島の土地に共感していただける関係者がおられましたら。

どうかご協力いただきたく伏してお願い申し上げます。


連絡先は、

mitsuya1978@gmail.com

090-1729-9893

有限会社 長岡生コンクリート

代表取締役 宮本充也

までお願いします。


以上、鹿児島からのリアクション楽しみにしております。


宮本充也

宮本 充也

主な著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

他、小松英樹、二見武馬

2017/09/13

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「ついに世界遺産に採用!|再生骨材コンクリート」

    「ついに世界遺産に採用!|再生骨材コンクリート」

    九州・山口の近代化産業遺産群の構成資産としてユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ掲載され、2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として正式登録された。 総論賛成各論...

    詳しく見る

  • 「セメントの街宇部の残コン」 山口・見学会

    「セメントの街宇部の残コン」 山口・見学会

    山口県宇部市はセメントの街。 生コンに従事する一人として思い出深い土地。 まだ生コンに入職する以前から、 「宇部はセメントの街」 という認識があった。 そんな街で開催することができることを光栄に思う。...

    詳しく見る

  • 「坂本龍馬と残コン」 高知・見学会

    「坂本龍馬と残コン」 高知・見学会

    ※写真は坂本龍馬博物館 僕は坂本龍馬が大好きです。 個人的な話しですが司馬遼太郎の「竜馬がゆく」に心躍った経験があります。 きっと僕だけじゃないと思います。 明治維新のきっかけをつくった人物。 時代の...

    詳しく見る

  • 「熱い、さすがは岩手の生コン!」 見学会・残コン

    「熱い、さすがは岩手の生コン!」 見学会・残コン

    破顔一笑 いやはや、 さすがの僕も多少緊張した。 「おまえ、馬鹿にしてるのか?!」 と怒鳴られて帰ってしまったりしたらどうしよう? なにせ、岩手である。 前全生連会長のおひざ元である。 生コンの象徴...

    詳しく見る

  • 「南国の残コン」 鹿児島・見学会

    「南国の残コン」 鹿児島・見学会

    5か所。 昨年4月に発足した残コン技術フォーラム。 そこから5月に福岡の野方菱光で見学会を開催。 「全国回りますか?」 の掛け声に全国行脚が開始される。 ちょっと無理かもね 誰も口にはしなかったけど、...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ