長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

「ALLU である。ALLUなのである」大地を削らない・汚さない・再生する、水を汚さない、CO2を固定化するコンクリート(その5)

「ALLU である。ALLUなのである」大地を削らない・汚さない・再生する、水を汚さない、CO2を固定化するコンクリート(その5)

残コンサミットのために大阪岡田アイヨンが用意したのは、ALLUの特殊重機。残コン処理にはあらゆるアプローチがある。国際的にMAPEIと連携を深めるフィンランドのALLUは残コン問題の救世主?



「まさか、あるとは思わなかった」フィンランドからALLU降臨

残コンサミット。

伊豆山奥の生コン工場で開催されたイベント。

まさかそんな事件が起きるとは。

残コン問題の救世主ALLUがあるなんて噂は事前にあったものの。

まさか、

7E6FF6C1-9738-4C81-A1AB-84A5C84C8B0A.jpeg

「ある」とは。

OneStep Ahead「ALLU」はフィンランドの重機(国内総代理店は岡田アイヨン、担当イズミ氏)


DF8D68C3-40DF-463F-9F56-A2FD5C8E0CD8.jpeg

え?これからなにが「ある」の?

その重機(バケット)の中には無数のブレードが「ある」。


226A4C96-3C24-4C66-8E89-024648598743.jpeg

ALLUがむんずと掴んでいるのは前日改質された残コン(乾燥固化)。

翌日多少の作業が強いられる残コン解砕作業はこのALLUのおかげであっという間に終わってしまうので「ある」。



これで、名前は覚えてもらったので「ある」。

営業マンなんかやってると、名前を覚えてもらうのが結構大変なんて経験も「ある」はずだ。

これだけ、「ある」押ししておけば嫌でも名前は覚えてもらえた「ある」か?(中国人風に)。

デモの後飲み会で店のお姉さんに抱きついていたイズミさんもきっと草葉の影で見守ってくれているだろう。

これで、フィンランドからきた「ALLU」は日本市場で認知された。

これからきっとALLUは日本の残コンも解決にみちびいてくれるはずだ。

世界は急速に小さくなっている。

ALLU ある? ある!

日本にもALLUあるよ!



宮本充也である

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/08/12

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら