長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「ドMな残コン従事者|残コンスラッジ処理システム」

「ドMな残コン従事者|残コンスラッジ処理システム」

ある日ブログで生コンポータルを見つけて孤軍奮闘最年少の江藤さんは会社の先輩たちを口説き続けた。「ぜひ行ってみたい」最も経験のない1人の男が会社と組織を動かした。そして、業界も動かす



生コン業界は変化が嫌い

生コン工場という閉じられた組織。

流動生は極めて低く交流する半径は1時間半(JIS A 5308)。

組合でどこかの工場の噂話に花を咲かせる。

自分たちは動かない。

誰かのドジ話がいちばんのご馳走。

動いて失敗した人の噂話だ。

例えば経験もないガッツだけの最年少の若者が、

「この会社を変えなければなりません!」

そう豪語した時にどんな反応をあなたならするだろう?


「経験積んでから言え、生意気だ」


だろうか?

それとも、じっくり耳を傾けて向き合うだろうか?


経験積んでから、

それは一体いつになるのだろうか?

狭いとじられた組織で平均年齢も高齢化が進む。

若手にようやく発言権が与えられるのは40後半、下手すれば50代。

生コン業界の悲しい現実。

宝ヶ池建材の江藤利馬さんは生コン工場初心者。

ただ、ガッツを見せつける意味でコンクリート技士一発合格。

言ったことは必ずやる。

随分前に生コンポータルを見つけて、

自社の残コン・スラッジのあり方に疑問を持ったという。

このままではいけない。

こんなやり方はおかしい。

無駄だ。


F4FF0035-A346-4745-B629-D9A92339B40A.jpeg

※残コンスラッジ処理システムの概要を熱心に質問する江藤さん(左)



ドMな残コン従事者

残コン処理に伴う残業を喜んでいる気配がある。

翌日大量に余って固まった残コンを砕く非生産的な仕事が自分の領分だと思っている節がある。

フィルタープレスが故障した時こそ「俺の出番」と考えているようだ。


たしかに、大変な思いをした後の生ビールはうまい。

だから、いつしか目的と手段が入れ替わり、

「俺がいなけりゃ、会社は困る」

が唯一の矜持となる。

組織はますます閉鎖的になり属人性にとらわれる。

極めて流動性の低い生コン産業さもありなん。

残コン従事者はドMな人が多いようだ。


澄んだ目を持つ江藤さんは知っている。

そんな業務は無駄だ。

そんな誇りは嘘だ。

ただ、変化が恐ろしいだけ。

自分の領域が狭まることに対する保身でしかない。

変えたい。

生コン工場に「出張」なんて概念はない。

でも、踏み出したい。

広く輝かしいフィールドに駆け出したい。

40代、50代になるまで黙っているなんてまっぴらだ。



今の自分が1番と言っていられる自分でありたい

江藤さんの言葉。

実は感動していた。

そして自分も18年前に生コンを選択し、

それからがむしゃらに興味のある人や会社にアタックしていたことを思い出した。

もちろん、全てが良縁だったわけじゃない。

ひどく傷ついたことだって一度や二度ではない。

ただ、「お会いできてよかった」と感じられる人たちのおかげで、

今の僕と会社や組織がある。

そうした縁の延長線上に今の常識が成り立っている。

そして、江藤さんがおっしゃってくれた一言。

「お会いできてよかったです」

純粋に正しさを求めて信条を貫く姿勢。

心がざわついた。

生コンでもこんな若手がますます活躍していくんだと。

僕も、負けていられないぞ、と。


宝ヶ池建材さんと江藤さんの変化のきっかけになれたのであればこれ以上の喜びはない。

僕も時代の当事者としてともに走りたい。

栄光ある生コン業を選択した自分を誇りに思えるように。

江藤さんの眼差しに昨日は少し飲み過ぎてしまったw


生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/06/05

あわせて読むなら!

  • 「有給を潰してまで見学する都市型工場の工場長|残コンスラッジ処理システム」

    「有給を潰してまで見学する都市型工場の工場長|残コンスラッジ処理システム」

    都心部の生コン工場の出荷は10,000m3を超えることはザラ。その分残コンスラッジ処理費用は跳ね上がる。年間数千万に及ぶその処理費用に使命感を燃やしたのは現業を支える工場長。使命感に突き動かされるその...

    詳しく見る

  • 「【注意】ドラム投入やめて!!|月刊残コン Vol.13」

    「【注意】ドラム投入やめて!!|月刊残コン Vol.13」

    残コン改質って生コン車のドラムの中に薬剤いれるあれでしょ?!そんな負のイメージが立ち込めてしまっている生コン業界。「百害あって一利なし」の残コンドラム内改質。今は全く新しいシステムでスラッジも出なくな...

    詳しく見る

  • 「ズッキーも衝撃『数年以内にフィルタープレスは消滅する』動画解説|残コンスラッジ処理システム」

    「ズッキーも衝撃『数年以内にフィルタープレスは消滅する』動画解説|残コンスラッジ処理システム」

    電気や機械や消耗品(濾布など)を一切使用しないのでメンテナンスコスト0の残コンスラッジ処理システムを動画で解説。スラッジを「コンガラ」と言い張って捨てられている時代が終わるまでに押さえて置きたい方法論...

    詳しく見る

  • 「由来は残コンスラッジの生コン|残コンスラッジ処理システム」

    「由来は残コンスラッジの生コン|残コンスラッジ処理システム」

    粘着力はありましたが問題なしです。乾きが早く知っていたら人数増やしていた(2名で施工)けど、「まっいっかー」。吉田工業様。7.5m3ポンプ打設。残コンスラッジ由来の生コン「ECON」http://ww...

    詳しく見る

  • 「たくさん失敗してください|残コンスラッジ処理システム」

    「たくさん失敗してください|残コンスラッジ処理システム」

    宮崎県、鹿児島県に展開する木田組生コングループ。リーダーは僕と同世代のロスジェネ世代。生コンという仕事そのものに誇りをもてるようにするためには。目を背けない。失敗を許容する。http://www.nr...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ