長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「僕たちは子供でも羊でもない」 沖縄・残コン・見学会

「僕たちは子供でも羊でもない」 沖縄・残コン・見学会

ゼネコン怖いですか?


首を横に振る人たちがいた。


いつの間にか普通がゆがめられてしまった。

伝票を切って納品されたそれは、

誰のもの?

なぜ、見て見ぬふりされておめおめと持ち帰る?

残コン問題を語るうえで大切なのは、

姿勢。

これは、北海道で学んだこと。

技術や製品は二の次。

いくら高度な製品や技術で塗り固めても、

僕たちがからっぽであれば永久に解決しない。

それが、残コン。


僕たちは子供ではない。

とあるゼネコン上層部が教えてくれた。

ゼネコンが一番困ること。

生コンでもポンプでも持ち帰ったその残コンをそのへんに不法投棄する。

伝票の控えと共にその辺に捨て去る。

所有権移転を済ませたそのごみの所有者は・・・。

残コンに困っている。

だからといって、

いがみ合い関係をぎくしゃくする。

反目しあう。

それほど僕たちは子供ではない。


僕たちは羊でもない。

力関係で押し付けられ、

おめおめとそれを持ち帰って泣き寝入りする。

対話もすることなく。

ただ、根拠のない怖さにおびえ黙る。

長年の習慣としていつしか当たり前になってしまって、

当たり前のように法を犯して残コンを持ち帰る。

僕たちはそんな非力な羊でもない。


僕たちは子供でも羊でもない。


第15回となる残コン技術フォーラム in 沖縄。

そんな議論からスタートした。


20629074_1018791981556467_1200222076_o.jpg

20629810_1018791951556470_1423286822_o.jpg

1日のうちに最北端と最南端を移動してしまった。

熱い。

性質が違う。


20622998_1018792024889796_556203370_o.jpg

開会に先立ち、現地の南建工業富永健作さんから挨拶

この日に至るまでいろいろありました。

いい経験ができたと思います。


20623662_1647435285331986_2062197699_o.jpg

暑いから短パンでプレゼン。

沖縄の皆さんにピースしているのだろうか。


20628895_1457190967694154_904671776_o.jpg

そういえば人の写真ばかり取ってネタにしてきたが。

富永さんに短パン姿を激写されてしまった。

暑さにおかしくなって熱弁をふるう僕。


「詰まった?失敗した?へへへ」

「失敗?詰まれ!詰まれ!」


どういうつもりで僕たちに浴びせたか知りませんが。

あなたの顔と名前は一生忘れません、

僕たちは真剣に命かけてやってます。

冷ややかな目線で遠巻きに眺めて冷やかししてるんなら覚悟しろ。

僕たちは3年後には残コンの問題を完全に解決しているが、

あなたは一生残コンに苦しんでください。

なーんて(笑)

そんな野良犬を相手にしている暇はない。

47都道府県はまだまだなのだから。


20629314_1018791964889802_647597596_o.jpg

20623317_1018791978223134_1153815072_o.jpg

セルドロンでたちまち流動性を失う残コン


20623625_1018791984889800_629747878_o.jpg

今日は初めての4t車での改質。

回転数が少なくて少し難儀したが、無事改質に成功。

少し今回のデモは悪条件が重なった。


20622830_1018791934889805_120926246_o.jpg

R2の改質を熱心に眺める関係者。

心無い人もいるけれど、

それでもそれ以上に熱い人の方が多い。

「残コンニチハ!パクらせてもらいますよ。沖縄でも流行らせます!!」

なんて、帰り際に暖かい一言を寄せてくださったり。


20622807_1018792021556463_534868522_o.jpg

20623603_1018791958223136_387133974_o.jpg

(沖縄のキーパーソン、運天常務(右))

砂浜で砂金を探しているような感じだった残コンソリューションの開発。

今残コン技術フォーラムを初めて強い手ごたえを感じています。

ご当地のキーマンに確実に出会えている実感がある。


北海道札幌の岡本繁美社長もその一人。

そして、沖縄の金城キク商会運天常務もその一人だと確信した。


生コンはその70年に及ぶ歴史を通じて常に地場産業だった。

1.5時間の壁の中で完結してきた。

そして、今、その壁が壊れた。

流動性が高まった。


それぞれの壁にさえぎられてきた素晴らしい人物や才能。

壁を越えて輝く時代となった。

残コン技術フォーラムが教えてくれるのはそんなこと。


今回で15回。

47都道府県のおよそ3分の1が終了。

まだ、3か月経過していない。


1か所で平均30人の生コン関係者と新たなご縁が生まれている。

47都道府県で1500名近いご縁となる。

1500名だ。


動かないと思うだろうか?


僕たちは子供でも羊でもない。


さあ、次回は第16回山梨。


残コン技術フォーラム47都道府県ツアー。

まだまだ続く。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/08/03

あわせて読むなら!

  • 「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    横山産業の長濱さんがいろんなことを教えてくれる。僕たちが捨てた「ドラム内改質」。そして進化してきた残コンスラッジ処理システム。先祖返りとも言えるドラム改質に今再び注目が集まる。 ドラム内改質は基本お勧...

    詳しく見る

  • 「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    あらゆるソリューションがあるはずなのに、いつまでたっても業界から抜本的に消滅しない「残コン」と「スラッジ」という問題。個別企業では調査力に限界があるから?そうではない、「残コン・スラッジが解決しないワ...

    詳しく見る

  • 「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    変わる。根元から習慣を断ち切る。そのきっかけ、「残コン」。成人病や習慣病のように、「わかってはいるけれど変化できない」残コン処理。さまざまな地域で根元から変化した生コン工場の群像。 電気もない、配管も...

    詳しく見る

  • 「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    生コン工場は生コンを製造する施設。「雑然としてたってほこりっぽくたっていいんだ!」口ではそういうけど、実際はスッキリしてたほうがいいでしょ? これは、徳島県の冨士建設工業の劇的ビフォーアフターのお話。...

    詳しく見る

  • 「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    構内に溜まりに溜まったスラッジをなんとか一掃したい。だから、当日の残コンに対して同じくらいの量を混ぜて1日でも早くなくしたい!多くの生コン関係者から寄せられる質問。「スラッジを入れすぎるとどうなるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ