長岡生コンクリート
残コン技術フォーラム
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「かっこわるいよ、あいづみ」 残コン・モルタル・ポンプ・先行剤

「かっこわるいよ、あいづみ」 残コン・モルタル・ポンプ・先行剤

ねたがなくなったりすることないの?

ブログの話である。

それが、ないのである。

湧き出てくるのである。

村上龍張りにアイディアが止まらないのである。

石野卓球ばりに湧き出てくるのである。

なんのことか?

生コンブログの始まりである。


「あいづみモルタルってご存知?」


あいづみもるたるだ。


これは、非常に深刻な問題といっていい。


未だに生コン・建設業界に残る悪しき習慣。


あいづみもるたる。


残コン技術フォーラムで全国を行脚していることは何度も述べている。

地域によって残コンを取り巻く事情は異なる。

コンプライアンスにかかわる意識の濃淡がくっきりある。

どことは言わないけれど、

非常に意識の希薄な地域もある

(今来ている山梨のことではない。あらかじめ)

その一つに、

あいづみもるたる

というのがあるのだ。


通常(モレステなどを別として)生コン打設前には、

モルタル0.5

が先行材として用いられるのは業界の常識である。

生コン工場目線で申せば、

くそ忙しい朝一にどうせ廃棄物(残コン)となるモルタル0.5㎥を運ぶために貴重な小型車1台を使うのは非常に厄介。絶対に儲からない

という心理がある。

そのソリューションとして、モレステなど先行材があるのだが・・・。

なんと、

あいづみ→相積み(あいのりみたいなもん)

といって、

打設する生コンと合わせてモルタル0.5㎥をトッピングして現場に持ち込むという裏技というかインチキ

が横行している地域があるというのだ。

しかも、混ざらないようにドラムを止めて持ってくる、というのだ。

単なるインチキである。

めちゃくちゃである。


とある地域ではモレステが普及したことに対しての対抗措置(?)として、

「うちはあいづみモルタルなのでモレステよりも安くします」

という非常に訳の分からない理屈を通している会社もあると聞く。

意味不明である。

何なんだ一体。


というわけで、残コン回り。

そもそもがアンコンプライアンス。

その上にいろいろやろうとするものだから、

ネタがあふれ出てきて止まらない。

冒頭に戻るがネタに困らないのだ。


過積載なんかの話題もそうだけど、

この手の濁りは徐々に浄化していくのだろう。

少しずつ、少しずつ。

普通に考えてなしだよね、みたいなことは、

少しずつ浄化されていく。

20年前は歩道にたばこの吸い殻がたくさん捨てられていたのに。

今は道端にポイする人なんて珍しい。

そんなのと似ているのだと思う。


残コン


今日も、残コンにかかわる技術革新は全国各地で進んでいる。


やめようよ、あいづみ。

かっこわるいよ、あいづみ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

他、小松英樹、二見武馬

2017/08/08

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「今やりよらんと、いつまでたってもできん」 高野生コン・スラッジ・残コン

    「今やりよらんと、いつまでたってもできん」 高野生コン・スラッジ・残コン

    スラッジの山を見るとワクワクする。 こんな心境ご理解いただけるだろうか。 今年から始まった残コン解決スタートアップ支援プロジェクト。 ポジティブな女性工場長宮嶋さんの元気がきっかけだった。 (参考ブロ...

    詳しく見る

  • 「はまの残コン」 見学会・神奈川・残コン

    「はまの残コン」 見学会・神奈川・残コン

    横浜は言わずと知れた人口密集地。残コン・スラッジの処理方法の確立は喫緊の課題。残コンの有償化は進んでいるものの、発生そのものの抑制は完全ではない。 というわけで大都市、横浜。 神奈川県横浜市 静岡県と...

    詳しく見る

  • 「埼玉たまちゃんと残コン」 見学会

    「埼玉たまちゃんと残コン」 見学会

    スラッジケーキの乾燥機(日工社製)の設備見学 いよいよ満を持して埼玉で開催する。 それもなんと、 三和建業(朝霞市)で開催されるという超贅沢なロケーション。 三和建業といえば名物社長、 野島安広 が率...

    詳しく見る

  • 「THE KEYSTONE FOR SUSTAINABLE CONCRETE IN JAPAN」

    「THE KEYSTONE FOR SUSTAINABLE CONCRETE IN JAPAN」

    ひゃあ、めでてゃあじゃあ 敢えて伊豆弁でいかせてもらった。 世界企業MAPEIが発行する REALTA MAPEI 日本の事例として長岡生コンが紹介された。 ※66号 国際的に発行されている ※日本の...

    詳しく見る

  • 「生コンのゴミを資源に|CI」

    「生コンのゴミを資源に|CI」

    ・残コントロンメル要りません ・残コンしぼり機要りません ・残コン早出残業要りません コンクリートで不幸になる人を0にする 残コン・スラッジはマニアックすぎる。 想定対象が生コン工場または圧送業者、 ...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
長岡生コンクリート
このページのトップへ