長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2017/08/13

「知りたければ岐阜の丸河興業で!」 残コン・岐阜・見学会

「知りたければ岐阜の丸河興業で!」 残コン・岐阜・見学会

寝坊してしまった!

というよりも、寝坊できる体になった!

ということを喜ぶべきなのかもしれない。

ここ1~2年、寝坊ができなくなっていた。

これは、加齢、ということなのだろうか。

よくお年寄りは早く起きちゃうといわれる。

これは、「寝るのにも体力を要する」ということで説明されるようだ。

僕、そんなに体力ないですか。

寝れないんす。

生コンブログの始まりである。


そんな寝坊できない僕だったが、

このところ快眠すさまじい。

理由を知りたいだろうか?

僕も2年前だったら猛烈に知りたい。

9880円くらいなら出してたと思う。

というわけで、

僕が快眠できる(おまけに快便)理由をここにご紹介しよう。

その前に、残コンフェスのお知らせである。

残コン技術フォーラム in 岐阜・丸河興業(第22回)

残コン技術フォーラム
in 岐阜・丸河興業(第22回)
(8月23日に配信致しましたFAXに誤りがございまし
た。訂正してお詫び申し上げます)
残コン。
岐阜は困ってませんか?
この機会に、ぜひお立ち寄りください。
ともに、残コン解決への道を模索しましょう。
・2017年9月6日(水)​​13:00~15:00迄
・会場​​株式会社丸河興業​​岩村工場​​(〒509-7403​​岐阜県恵那市岩村町2144)
・参加費​​無料
・出欠連絡
 出​​・​​欠
御社名        ご担当者様       ご連絡先      人数   
・返信先
株式会社丸河興業株式会社
FAX.​​0573-43-2747​​(担当:日下部)
TEL.​​0573-43-3611​​(担当:日下部)
TEL.090-1729-9893(残コン技術フォーラム事務局​​担当:宮本)
※お電話でのお問い合わせは宮本までお願いします
コンテンツ 見学会とセミナーがございます
・絶対に残コンとなってしまう先行モルタル「モルタル0.5」を使わない技術→モレステ
・屋内配管などで発生してしまう少量残コンをその場で瞬時に砕石にする技術→セルドロン
・生コン車に余った残コンをドラム内(または専用ピット)で骨材にする技術→IWAシステム
・ポンプ車ホッパーに余っている残コンをホッパー内で砕石にしてドレンから排出→R2(全圧連)
・その他
対象:圧送業者、生コン業者、建設業者、その他関係者
残コン技術フォーラム事務局 宮本充也(090-1729-9893)
「知りたければ岐阜の丸河興業で!」 で検索♪
https://www.nr-mix.co.jp/econ/
https://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/11243_iwa.html


今回22回は岐阜開催である。

全圧連(全国圧力団体連合会)加盟会社。

丸河興業さんは、生コンもポンプもやっている、という、

会場としては理想的この上ない立地環境である。

9月6日にやります!

やらせてください!!!


というわけで、快便の秘密だが、

この流れはきっと「知りたければ岐阜の丸河興業で!」となるのだろう。

人生変わりますよ。

睡眠はおおむね人生の3分の1というではないですか。

質が変わるんですよ。

それはすべてに影響すると思うな。

ということは、これは、岐阜にいかなければね。

交通費なんてただみたいなもん。

さらには、残コンに関する熱い人脈構築もできるのだから!!!


ごめんなさい。

悪ふざけが過ぎました。

明かします。

寝坊できるようになった理由。

それは。

毎日5㎞以上ランニングして、

週2くらいで水泳に通い、

ソフトボールで常時背中のコリをほぐす習慣を身に着け、

1日に2時間は自己啓発にいそしんで、

仕事する。

でした!

これをやれば簡単に寝坊できる体になります!

おすすめです!!

というわけで、岐阜で握手!!!

Enjoy Summer


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら