長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

「バルチップは爆発的に売れる」 香川・残コン・見学会・繊維コンクリート

「バルチップは爆発的に売れる」 香川・残コン・見学会・繊維コンクリート

すべての建設関係者にとって工期短縮やコスト圧縮は願いであり、土間コン(駐車場・カーポート含む)の背筋はそんな願いを打ち砕く。今話題の繊維補強コンクリートはその願いを叶えるにもかかわらず普及しない理由の一つに「残コン」があった。生コンポータルではその問題を真正面から見つめ直し普及促進の道筋をつける。



香川のみなさん、ありがとうございました。

できました。

残コンニチハとロソコンニチハのコラボ。

in ロソコン開発


20945421_1030216420414023_1004835320_o.jpg

森本社長(中央)、小豆島生コン安達工場長(右)


ロソコンの由来。

路側帯コンクリート。

ロソコン

なんか、不思議なお名前だなあと思っていたら、

もともとは二次製品を製造する工場だったとかで、

そこから今はご当地三豊地区、

小型・小口をとても大切にされる生コン業態に発展したとのこと。

素敵な社長です。


20952124_1030216457080686_485015217_o.jpg

※ティシュペーパーがコーヒーを拭きとるように。セルドロン (紙の粉)は瞬時に残コンの流動性を奪い取る(砕石に変えてしまう)

20993148_1030216443747354_673454535_o.jpg

20952307_1030216423747356_630799727_o.jpg

※女性の力でも残コン処理ができるアピールをする安達工場長(セルドロン)。残コン小町

【生コンでいいこと】残コンをその場で資源に


好例デモンストレーションの始まり。

今回で18カ所目。

香川県の残コンを知る会。

比較的深刻ではなさそうな印象を受けた。

無事残コン問題解決策を示すことができそうに見えた。


が、


が、

あいつらが表れた。

20961295_1030216433747355_1097175299_o.jpg

※みなさんご存じ繊維混和材メーカーの萩原工業コンビ


残コンという問題。

繊維を入れた瞬間に10倍に面倒くさくなる。

繊維が入っていなければコンクリートガラとして処理ができる。

繊維を入れた瞬間に、

処理費用は10倍になる。

生コン屋にとっては洗浄設備を故障させたりなど面倒が舞い降りる。

非常にやっかいなコンビだ(笑)


萩原工業の方々と話していて思うこと。

残コンにかかわる問題を完全に解決することができたなら、

バルチップ(製品名)は爆発的に売れる

そう信じている。

事実、繊維コンクリートの残コンに関する評判はすこぶる悪い。

つまり、言い換えれば、そこさえクリアしてしまえば、

採用しない理由がないのだ。


阻害要因。

ツボ。

勘所。

ボトルネック。

ここさえクリアしてしまえばブレイクスルーされる。


20991370_1030216453747353_18027879_o.jpg

※繊維入りコンクリートをIWA処理した写真

20960958_1030216430414022_884214631_o.jpg

※繊維を取り除くために開発されたフィルター袋は何度でも使用可能(5,000円定価)。堀内氏によればトートバッグとしても利用ができるそうだ


繊維コンクリート普及は実は、

僕たち残コン技術フォーラムの行き先と似ているのかもしれない。


繊維コンクリートの話題になっちゃったが、

よく聞く。

「生コン屋が、ポンプ屋が拒否するから採用できない」

あるあるである。

仮に採用されたとしても、

とんでもない額を請求される。


18回に現れた萩原工業のコンビ。

非常に歓迎されていなかった(笑)

ただ、この残コン技術フォーラム。

彼らの協力も寄せていただきながらキャラバンしてみると、

もしかしたらどこかの地域で新しいアイディアが生まれるかもしれない。

繊維コンクリートが普及するということは、

すなわち残コンが解決するということと同意のようだ。

森本社長、安達工場長をはじめ、

香川県の皆さんまことにありがとうございました。

うどん、めっさおいしかったです。

また来ます。

その時には残コン解決してきます!


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/08/19

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら