長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「強い思いが埋もれている」 残コン・技術・見学会・福島

「強い思いが埋もれている」 残コン・技術・見学会・福島

バランス

ゼネコン、ポンプ、生コンからバランスよく関心を寄せてもらった。


※60人が福島で吠えた


残コン技術フォーラム in 福島・金堀重機

僕、39歳の誕生日。

忘れられないフェスとなった。


21037826_1032779706824361_1816458113_o.jpg

今回福島にフェスを招致してくださった金堀重機春田一真副社長

21057689_1032779716824360_1201598159_o.jpg

福島の来場者は60名を超えた

21082141_1032779746824357_1375133040_o.jpg

21057653_1032779750157690_1627631728_o.jpg

地元福島のセルドロン先駆者遊佐社長


21057871_1032779710157694_388196078_o.jpg

さあ、始まった。

福島の残コンデモンストレーション。

21081784_1032779733491025_1530114576_o.jpg

コンクリート新聞の山本さんの取材に駆け付けていただいた

21037756_1032779713491027_735670055_o.jpg

金堀重機さんのご厚意(?)めっちゃ長い配管を見事通すモレステ実演


21081829_1032779736824358_283996079_o.jpg

(充也39歳夏生まれです♡)


福島の特徴は、

バランス

ゼネコン、ポンプ、生コンからバランスよく関心を寄せてもらった。

有名ゼネコン(清水建設、青木あすなろ建設他)を含む数社、

生コンからは理事長をはじめ多くの組合関係者、

(※生コン提供 会津中央レミコン)

そしてやっぱり主催が金堀重機ということもあって、

名うてのポンプ業者さんのご来場。

皆さん、熱心にフェスを楽しんでいただけた。


福島は被災地、

そしてその後の復興需要。

工事関係者は特需に見舞われている。

だから、もちろん、残コンも大変なことになっている。

残コン1㎥を生コン組合は10,000円元請けに請求しているそうだ。

ゼネコンもその費用負担に苦慮しているだろう。

ましてやポンプ業者へのしわ寄せだってあると思う。


散会してからも多くの質問が寄せられた。

直後mailもいただいた。

それだけ関心が強いということなのだと思う。


残コンフォーラムはきっかけでしかない。

正解を伝える機会ではない。


残コンについて考える場


残コンについてのスタート地点


そのように感じてもらえたらうれしい。


70年に及ぶ生コン産業。

ゆがめられた取引。

ルールがない残コン

(※参考ブログ→「残コンにはルールがない」)

ルールがないとどうなるか?

無秩序と混沌。

強いものが弱いものにしわ寄せる。

ぎすぎすしていく。


ゼネコンもポンプも生コンも。

良いモノづくりのパートナーであるはず。

忙しければそれだけ残コンの深刻さも増していく。

その実態を福島で見ることができた。

みんな、真剣だった。


しわ寄せて、

見て見ぬふりでいい。

そんなはずがない。

実はみんな真剣に考えている。

何とかしたいと思っている。

だけど手立てがないから、

きっかけがないから。


残コンに考える場。

福島で19回目となった。

次回は岐阜となる。


一つ一つは小さいけれど、

その連続の果てに大きなうねりが生み出されるはず。

みんな残コンは押し付けあえばいい。

そんな風に思っていない。

見えないけれど、

残コンをなんとかしなくてはならないという強い思いが埋もれている

特に福島ではそれを強く感じた。

そして、残コン技術フォーラムの意義が、

非常に大きいこともよく理解できた。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/08/23

あわせて読むなら!

  • 「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    横山産業の長濱さんがいろんなことを教えてくれる。僕たちが捨てた「ドラム内改質」。そして進化してきた残コンスラッジ処理システム。先祖返りとも言えるドラム改質に今再び注目が集まる。 ドラム内改質は基本お勧...

    詳しく見る

  • 「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    あらゆるソリューションがあるはずなのに、いつまでたっても業界から抜本的に消滅しない「残コン」と「スラッジ」という問題。個別企業では調査力に限界があるから?そうではない、「残コン・スラッジが解決しないワ...

    詳しく見る

  • 「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    変わる。根元から習慣を断ち切る。そのきっかけ、「残コン」。成人病や習慣病のように、「わかってはいるけれど変化できない」残コン処理。さまざまな地域で根元から変化した生コン工場の群像。 電気もない、配管も...

    詳しく見る

  • 「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    生コン工場は生コンを製造する施設。「雑然としてたってほこりっぽくたっていいんだ!」口ではそういうけど、実際はスッキリしてたほうがいいでしょ? これは、徳島県の冨士建設工業の劇的ビフォーアフターのお話。...

    詳しく見る

  • 「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    構内に溜まりに溜まったスラッジをなんとか一掃したい。だから、当日の残コンに対して同じくらいの量を混ぜて1日でも早くなくしたい!多くの生コン関係者から寄せられる質問。「スラッジを入れすぎるとどうなるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ