長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「ゆでがえるのかえる」 青森・残コン

「ゆでがえるのかえる」 青森・残コン

印象的だった佐藤専務の言葉。

「切羽詰まってからでは遅い」


青森県はりんごの県である。

弘前市はりんごの街だ。

リンゴ畑の向こうにはいわき山が眺められ、

昭和石材興業佐藤専務の地元愛溢れる案内は、

映画にもなった奇跡のりんごの話題をはじめ、

青森に住みたくなってしまうほどに暖かさを感じる。

きっと冬の寒さも和らぐだろう。

残コン技術フォーラム in 青森・昭和石材興業


21742281_1047224172046581_2118466350_o.jpg

日本一52mブームのJUN JINは昭和石材興業に在る。

始まる、青森、残コン。


21733911_1047224095379922_481025392_o.jpg

マシントラブルで偶然発生してしまった残コンにセルドロン、

見事な改質状況に参加者の反応も強い。


21754972_1047224145379917_601627770_o.jpg

21742204_1047224142046584_2011243880_o.jpg

※9月25日リリース予定のR2、全国から多くの注文予約が寄せられているそうだ


21742097_1047224098713255_492628263_o.jpg

残コン技術フォーラムに多大なるご支援を頂いているドリカム社孫田氏(右)


21764463_1047224092046589_508626303_o.jpg

主催者昭和石材興業佐藤専務(右)


印象的だった佐藤専務の言葉。

「切羽詰まってからでは遅い」


残コンという問題に関する見解だ。


日本全国を回っていると様々な状況を見ることができる。

これはきっと先々で大いなる財産になると思う。

各地で多くの「前向きな」(少なくともフォーラムに来る人は前向き)人たちと出会う。


確かに残コンに対しては地域によって、

温度差がある

温度差があるにせよ少しずつ温度は徐々に知らぬうちにあがっている。


ゆでがえるのかえる


佐藤専務の言葉はそんな本質を突いたものだと思う。


大切なことは当事者として問題を直視する姿勢。


ご参加された人数こそ少なかったけれど、

ご当地の組合関係者や、

ゼネコン建設会社、

商社、

ポンプ会社さんと、

ご当地のキーパーソンの皆さんに気持ちをお届けできたと思う。


さあ、今日は秋田。

不安だった東北の残コンフォーラムも残すところ秋田と岩手だけ。

年度内の全国47都道府県への道も見えてきた。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/09/14

あわせて読むなら!

  • 「目に見えない経費を見る|残コンスラッジ処理システム」

    「目に見えない経費を見る|残コンスラッジ処理システム」

    機械(クラッシャーやブレイカーなど)による破砕処理から薬剤(高分子、急結剤)を用いた残コンスラッジ処理にシフトしたのは茨城県の筑波山麓に操業する大里ブロック。原価管理の魔法とは? ただでは無い薬剤が目...

    詳しく見る

  • 「智恵美の快挙!生コン女子の残コンブレイクスルー|残コンスラッジ処理システム」

    「智恵美の快挙!生コン女子の残コンブレイクスルー|残コンスラッジ処理システム」

    古い体質、閉鎖的な工場運営に1人問題意識を燃やしていたのは宮嶋智恵美工場長。なんと就任1年にもならない生コン女子だった。やっとの思いで遠く静岡の長岡生コンを訪れ、ようやくその想いは実現した 生コンは女...

    詳しく見る

  • 「ドMな残コン従事者|残コンスラッジ処理システム」

    「ドMな残コン従事者|残コンスラッジ処理システム」

    ある日ブログで生コンポータルを見つけて孤軍奮闘最年少の江藤さんは会社の先輩たちを口説き続けた。「ぜひ行ってみたい」最も経験のない1人の男が会社と組織を動かした。そして、業界も動かす 生コン業界は変化が...

    詳しく見る

  • 「【注意】ドラムの中に投入しないでください|残コンスラッジ処理システム」

    「【注意】ドラムの中に投入しないでください|残コンスラッジ処理システム」

    「高分子と急結剤をドラムに投入して高速攪拌」。いつしか普及してしまった誤解の連鎖。標準化がされづらくデリバリー効率も悪化するドラム内改質。生コン工場での残コンスラッジ処理最先端はまるで異なる 「カタロ...

    詳しく見る

  • 「行動に移そう。共感の輪を広げよう|月刊残コン Vol.12」

    「行動に移そう。共感の輪を広げよう|月刊残コン Vol.12」

    東京都を含む関東全域、三重県、岩手県、大阪府、目まぐるしく示される「残コン」に対する行政の見解。日毎高騰するスラッジなど廃棄物処理コスト。連携なく個別展開されるソリューション開発。今、地域・枠組みの垣...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ