長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「だまてんで回収骨材を使っている」

「だまてんで回収骨材を使っている」

全国にはだまてんで回収骨材を使っている生コン工場がどれほどあると思っているのか?


業界が騒然になりそうな話だ。


回収骨材の不適切使用が問題となっている。


回収骨材とは、

残コンから発生するもの。

分離機と呼ばれる設備で残コンの、

・砂

・砂利

・スラッジ水

が分類される。

そのうちの砂、と砂利のことを、

回収骨材

と呼んでいる。


ご存じの方も多いと思うけれど、

ほぼ、普通に、骨材。

再利用しないのがもったいないってくらいのもの。

実際諸外国ではその使用は日本ほど制限されていない。


先般回収骨材の利用はJIS規格で認められるようになった。


考えてみれば当然のこと。


ルールが規定されていない、

「残コン」

に多くの生コン関係者は苦労している。


ルールがないから、

・ゼネコン

・圧送業者

・生コン工場

お互いにこの無用の長物を押し付けあって、

ぎくしゃくしたり、

実際に処理費用(廃棄費用)に莫大な金額を払い、

経営を圧迫されたりなどしている。


回収骨材の再利用はその苦労を多少は軽減するものだ。



以前問題として紹介したこともある。

※回収骨材に関しての過去履歴記事

国土交通省が回収骨材の利用を禁止したニュース。

あらら、と思っていたのだが、

今度はその不適切な使用が問題となっている。

本件全国に潜在的に存在しているようだ。


なんというか、

枝や葉っぱを剪定することに終始するのではなく、

残コンという根っこを見つめてくれといいたい。

なんでこんなことになるのか?

なんでこんな事件がおきているのか?


全国にはだまてんで回収骨材を使っている生コン工場がどれほどあると思っているのか?


ルールはルールだからきちんと運用せねばならない。

ただ、我が国の生コン工場を取り巻くルールは、

どうもゆがめられたおかしなものが多いようだ。

生コン関係者なら多少は思い当たる節もあろうかと思う。


ルール違反はもちろん許されない。


ただ、現状は決して物事の本質を議論しているのではなく、

現象面ばかりをとらえているものだと思う。


ルールを変える。


一民間企業にはそんなことは不可能。


規格行政にきちんと実態の声を届ける。


そんな仕組みの構築。


残コンという問題や、

今話題のi-Conであれ、

新しい枠組みが創造され、

これまでの上意下達の構造ではなく、

それぞれの立場が公平に意見を交流することができる。

そんな業界構造が求められている。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/10/05

あわせて読むなら!

  • 「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    岡山駅到着直前で左手に見えるこの物体。岡山は光コンクリートに佇む謎の設備はこれから多くの笑顔を建設現場に届けることになるだろう。始まる、光クラッシャーの伝説。http://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配」玄関アプローチ、水たまりができないとの事で、業者様に注文。長岡生コンで材工共(※材料供給だけでなく工事も請け負う方式)で見学会を実施。27m2、厚さ100mm、施工 長岡生コ...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    共感を作るために、具体的な手段。建設現場で今日も繰り返される悪習、モルタル0.5m3とポンプ返し。技術は確立されているのに、それが未だ普及していない理由はなにか?それは、課題意識をきちんともって共感を...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    動く京都の残コンスラッジ事情具体的な方策の一つとして、先行モルタル(0.5m3)の完全撤廃。もちろん、赤字で出荷するモルタルの習慣を取りやめること、そして事後発生する残コンを抑制するという実用的な目的...

    詳しく見る

  • 「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「製品を買えば解決する」そんな風に誤解されている残コンやスラッジの問題。そんなに都合のいい話があれば誰もスラッジに困らない。岡山白石建設は常に進化のきっかけを作る。残コンスラッジ衝撃の新章突入なるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ