長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「コップ一杯の砂糖をテーブルの上に垂らしてみる」 残コン・価格・見学会

「コップ一杯の砂糖をテーブルの上に垂らしてみる」 残コン・価格・見学会

IWAシステム。

Re-CON ZEROという薬剤は、

・敷地

・時間

に置き換えることができる。


電話してくださる方は少ない。

特に生コンという商売。

いつも仕事で出会う人は決まっている。

たまにやってくる支店業者さんとて、

出入りの商社や組合が間に入るので、

直接やりとりすることもなかったりする。

コミュニケーションは結構ストレスになる。

相手がどんな人物かわからないし。

だまされたり、

不当な要求されたりするかもしれないし。

とんでもないことに巻き込まれるかも・・・。

生コンブログの始まりである。


22323857_1062541613848170_138329514_o.jpg

郡上生コン(岐阜県郡上市)の高垣さん(左)と内ケ島さん(右)


22323715_1062541623848169_1985255640_o.jpg

22323922_1062541620514836_1654216591_o.jpg

残コン処理に関する場内の様子を見学


「とにかく敷地がない」

切実な問題だという。


同社では年々残コン(スラッジ)処理が深刻化してきている。

以前であれば引き取りの業者さんが引き受けてくれていたものが、

だんだん廃棄物(残コン、スラッジ)に対しての目が厳しくなり、

担当している内ケ島さんの苦労は日ごとに増しているという。




組合の仲間や周りの生コン工場に聞いてみる。

「残コンどうしてんの?」

すると大抵の工場は郡上生コンさんと同じような処理方法。

困りもののスラッジをできるだけ残コンに混ぜる。

混ぜすぎると固まらないから注意が必要だ。

それでも発生してしまうスラッジ。

恐る恐る少しずつ乾いた状態で排出する。

目をつぶってもらえるといいな。

こんな感じで抜本的な解決を見ることなく、

他所の工場もひたすら残コンの前に立ち尽くしているようだ。


郡上生コンは違う。


他所の工場と同じ方法で処理をしているものの、

敷地が圧倒的に足りない


上記のような方法はある程度敷地があればこそ通用する。

その敷地がない。

手詰まりになるのが目に見えている。

少しずつ残コンに追いかけられている感覚。

どこかで残コン処理の方法を確立しないとやばい。


1度や2度しかあったことのない人に電話する。

結構勇気あることだと思う。

僕自身も結構ストレスを感じる。


でも、一歩踏み出す。


郡上生コンから長岡生コンまでともすると4~5時間かかる。

夕方到着して翌日の午前中の様子まで見学する。

概ね2日間潰れる。

それを押して行く。


自らの残コンについての歴史をふりかえってみても。

大切なのは行動。

「残コン困るね」

口に出して立ち尽くしても何も解決に向かわない。

行動を起こす人に対してはこちらも誠意で向き合いたい。

なんとか力になりたい。


郡上生コンさんでは残コンをリサイクル砕石に改質したいという。


IWAシステム。

Re-CON ZEROという薬剤は、

・敷地

・時間

に置き換えることができる。

生コンも残コンも流動体。

コップ一杯の蜂蜜をテーブルの上に垂らしてみる。

時間と共にさらさらと円は広がっていく。

つまり敷地がそれだけ必要となる。

Re-CON ZEROなど高分子系の材料を添加すれば、

流動性は失われる。

コップ一杯の砂糖をテーブルの上に垂らしてみる。

山ができる。

つまり、そういうこと。


おそらくt/500円以下でリサイクル砕石が製造できるだろう。

うまくすればさらに半分くらいにはできるかもしれない。

それらを500円以上で売れば残コン処理の費用が消える。

そして、

内ケ島さんを苦しめている、

・手間

・時間

を消すことができる。


郡上生コンさんの闘いは始まる。

周りはみんな敷地があることをいいことに、

問題を先延ばしにしている。

ただ言えることは敷地があったとしても、

年々深刻化する残コンの問題は解決することはない。

充分にある敷地もそのうちに足りなくなることだろう。

どこかで決心して立ち上がらなければならない。


それならできるだけ早く。

決断をすることは勇気のいることだけれど、

なるべく早く行動に移すことが大切になるだろう。


僕自身も先延ばしにしていることはたくさんある。

先延ばしにしていていいことなんて一つもない。

とにかく真正面から向き合って闘おう。

当事者の一人として。

僕もいい経験をさせてもらっています。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/10/07

あわせて読むなら!

  • 「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    岡山駅到着直前で左手に見えるこの物体。岡山は光コンクリートに佇む謎の設備はこれから多くの笑顔を建設現場に届けることになるだろう。始まる、光クラッシャーの伝説。http://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配」玄関アプローチ、水たまりができないとの事で、業者様に注文。長岡生コンで材工共(※材料供給だけでなく工事も請け負う方式)で見学会を実施。27m2、厚さ100mm、施工 長岡生コ...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    共感を作るために、具体的な手段。建設現場で今日も繰り返される悪習、モルタル0.5m3とポンプ返し。技術は確立されているのに、それが未だ普及していない理由はなにか?それは、課題意識をきちんともって共感を...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    動く京都の残コンスラッジ事情具体的な方策の一つとして、先行モルタル(0.5m3)の完全撤廃。もちろん、赤字で出荷するモルタルの習慣を取りやめること、そして事後発生する残コンを抑制するという実用的な目的...

    詳しく見る

  • 「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「製品を買えば解決する」そんな風に誤解されている残コンやスラッジの問題。そんなに都合のいい話があれば誰もスラッジに困らない。岡山白石建設は常に進化のきっかけを作る。残コンスラッジ衝撃の新章突入なるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ