長岡生コンクリート
残コン技術フォーラム
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

生コンでいいことコンクリートで不幸になる人を0に

サービス 見積依頼 コメント
お 名 前 連 絡 先 購入希望 担当者からの連絡を希望しない

「数年以内にフィルタープレスはこの世から消える」 残コン・スラッジケーキ・価格

「数年以内にフィルタープレスはこの世から消える」 残コン・スラッジケーキ・価格

仮にIWAシステムを導入して全量売れずに捨てたとしても(149,000円)、

スラッジケーキを捨てる(250,000円)よりもよっぽど安く済む。


フィルタープレスを利用する。

生コン工場の残コン処理における常識。

工場に持ち戻される残コンは大量の水で洗浄される。

クラッシュファイヤ、トロンメルと呼ばれる設備で、

砂と砂利は回収される(回収骨材)。

スラッジ水

と呼ばれる懸濁水をフィルタープレスで絞る。

すると、スラッジケーキが生成される。


今、この当たり前に変化が起きようとしている。


スラッジケーキの廃棄処分は以前から非常に高額であると知られている。


以前にも紹介した、

4層式残コン処理システム

ではGNNが開発したIWAシステムにより、

工場の廃棄物 → 残コン、残水、スラッジ

をすべてリサイクル砕石状に改質することに成功した。

これによりスラッジケーキを処分する費用が掛からなくなっている。


生成されたリサイクル砕石。

それらは翌日からリサイクル生コン用の原料。

または、

民間工事におけるリサイクル砕石。

そんな出口の用途が想定されており、

事実当社長岡生コンでは一切廃棄処理することなく、

完全リサイクルされているのが現状だ。


「売れなくて結局捨てたらかえって費用増では?」

こんな指摘をもらうことがある。

昨日訪ねたとある生コン工場で実際にこの点をシミュレーションしてみた。


その工場では残コンはすべて洗浄処理、

スラッジケーキとして処分している。

月のスラッジケーキの発生量は50t、

比して残コンの発生量は50㎥、

㎥とtの違いはあるものの、

スラッジは50t

残コンは50㎥

大まかに言ってこんな感じの発生量だという。


このところスラッジケーキの処理費用が高騰している。

tあたり5,000円(運賃別)請求されるというので、

スラッジケーキ処分代は250,000円/月

ちなみに処分業者はコンクリートガラであれば800円/tで引き取るという。


先ほどの話題に戻そう。

IWAシステムにより生成されたリサイクル砕石

本当は売り物なのだけれど、

何らかの理由で全く売れませんでしたってことになった場合。

これは、

コンクリートガラ

とみなすことができる。

(※すでに砕く必要がなくなっているものなので処分業者はとても喜ぶことだろう)

つまり、

800円で処分業者は引き取ることになる。

その数量、

50㎥×2.3(比重)=115t

115t×800円=92,000円/月 → コンクリートガラ処分代

加えて、IWAシステムは500円/tで残コン(スラッジ含む)をRC砕石状にするため、

115t×500円=57,500円 → 残コン改質代

57,500円 + 92,000円 = 149,000円/月 → 売れなくて捨ててしまった場合の費用


上記の計算の通り。

仮にIWAシステムを導入して全量売れずに捨てたとしても(149,000円)、

スラッジケーキを捨てる(250,000円)よりもよっぽど安く済む。

ということがわかる。


これ、実は僕自身目からうろこの事態だった。

なぜならばIWAシステムは処理して生成された材料を販売して成立する

そのように信じて疑わなかったからだ。


昨今全国的にスラッジケーキの処分場はひっ迫している。

それはつまり、

最終処分場に埋め立てるよりほかに方法がない

というところに原因がある。

一方コンクリートガラはほぼ全量再生リサイクルされていることが知られている。


数年以内にフィルタープレスはこの世から消える。

なんとなく口にしてみたことだけれど、

考察を深めれば深めるほどこれは正しいように思えてならない。


寝ても覚めても残コンの日々。

辛い時もあるけれど、

最近はまあまあ楽しくやっている。


宮本充也

宮本 充也

主な著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

他、小松英樹、二見武馬

2017/10/08

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「ついに世界遺産に採用!|再生骨材コンクリート」

    「ついに世界遺産に採用!|再生骨材コンクリート」

    九州・山口の近代化産業遺産群の構成資産としてユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ掲載され、2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として正式登録された。 総論賛成各論...

    詳しく見る

  • 「セメントの街宇部の残コン」 山口・見学会

    「セメントの街宇部の残コン」 山口・見学会

    山口県宇部市はセメントの街。 生コンに従事する一人として思い出深い土地。 まだ生コンに入職する以前から、 「宇部はセメントの街」 という認識があった。 そんな街で開催することができることを光栄に思う。...

    詳しく見る

  • 「坂本龍馬と残コン」 高知・見学会

    「坂本龍馬と残コン」 高知・見学会

    ※写真は坂本龍馬博物館 僕は坂本龍馬が大好きです。 個人的な話しですが司馬遼太郎の「竜馬がゆく」に心躍った経験があります。 きっと僕だけじゃないと思います。 明治維新のきっかけをつくった人物。 時代の...

    詳しく見る

  • 「熱い、さすがは岩手の生コン!」 見学会・残コン

    「熱い、さすがは岩手の生コン!」 見学会・残コン

    破顔一笑 いやはや、 さすがの僕も多少緊張した。 「おまえ、馬鹿にしてるのか?!」 と怒鳴られて帰ってしまったりしたらどうしよう? なにせ、岩手である。 前全生連会長のおひざ元である。 生コンの象徴...

    詳しく見る

  • 「南国の残コン」 鹿児島・見学会

    「南国の残コン」 鹿児島・見学会

    5か所。 昨年4月に発足した残コン技術フォーラム。 そこから5月に福岡の野方菱光で見学会を開催。 「全国回りますか?」 の掛け声に全国行脚が開始される。 ちょっと無理かもね 誰も口にはしなかったけど、...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ