長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2017/10/23

「設備更新には数百、数千万円の投資」 残コン・処理・リサイクル・価格

「設備更新には数百、数千万円の投資」 残コン・処理・リサイクル・価格

もともとは、ブロックにして重機で叩いてRC40をつくっていたが、重機が古くなってきたので、修理するか迷っていて、IWAを見つけた。他は考えていない


低気圧って疲れませんか?

血筋なのだろうか。

低気圧がやってくると、

宮本は疲れます。

どっと疲れるというか。

低気圧、低血圧、僕はどちらも持ってます。

ちょっと何かいているかわからなくなってきたところで、

生コンブログの始まりとなる。


IWAシステム導入企業に「5つの質問」というのをやっている。

元Jリーガーの土井さん(GP)は現在残コンアシスタントみたいな感じで、

NRの残コンにかかわる事業に協力をしてもらっている。

突然土井さんから「5つの質問」を投げかけられている方はきっと、

なんだ?!

と驚いていらっしゃるかと思う。


この5つの質問。

山形県みつわ生コンさんが取り組んでいらっしゃる事例で、

自社の製品やサービスや組織などの本当の価値を知るための取り組み。


1.これを利用する前はどのようなことで悩んでいましたか?

2.どうやって知りましたか?

3.これを知ってすぐに採用しましたか?しなかった場合はどんな不安がありましたか?

4.他にも似たようなものがあったが、なにが決め手となって選んだか?

5.実際に利用してみてどうだったか?


これが、5つの質問となる。

当社でもこの質問をあらゆる局面に活用し、

自社の組織や製品・サービスに関する客観的視点を導入している。

非常に便利なのでご利用を検討されるといい。


てなわけで、

「太洋コンクリート工業~5つの質問IWA編~」

1.これを利用する前はどのようなことで悩んでいましたか? → 残コンの60%を処分していて困っていた。40%はRC40として販売。

2.どうやって知りましたか? → 残コンでネット検索

3.これを知ってすぐに採用しましたか?しなかった場合はどんな不安がありましたか? → すぐに採用

4.他にも似たようなものがあったが、なにが決め手となって選んだか? → もともとは、ブロックにして重機で叩いてRC40をつくっていたが、重機が古くなってきたので、修理するか迷っていて、IWAを見つけた。他は考えていない

5.実際に利用してみてどうだったか? → すごくいいよ。じゃなきゃ、使ってないよ

※残コン改質(ピット方式)


改めてやってみると非常に感慨深い。

確かに近藤常務からご連絡をいただき、

すぐにお会いしましょうということになり、

あー、これいいね、やろう、

みたいな感じですぐに次の展開につながっていったことを思い出す。


特に4番

もともとは、ブロックにして重機で叩いてRC40をつくっていたが、重機が古くなってきたので、修理するか迷っていて、IWAを見つけた。他は考えていない

これは思い返せば結構思い当たる。


残コン処理。

従来の形を継続したいのが人情。

ある時きっかけが訪れる。

従来の形式のコアともいえる設備が寿命を迎える。

この設備更新には数百、数千万円の投資が伴う。

さて、どうしたものか。

ここで一新することはできないだろうか?


これが、変化の大きなきっかけとなる。

IWAシステムの場合想定される変化に対するコストは、

数十万円

仮にNGだった場合には最悪数十万円の損害で終わる。

いったん設備更新をしてしまえば、

数百、数千万円の投資がかさむ。

さらには、その投資のおかげで十字架を背負うことになる。

従来の在り方から変化することができづらくなる。


近藤常務の竹を割ったようなはっきりとした性格が表れている。

「すごくいいよ。じゃなきゃ、つかってないよ」

とても朗らかで、

変化に対して前向きなコメントと受け止めることができる。

IWAシステムもさらにさらに変化していくべきだと思う。


IWAシステム。

コア材のRe-Con ZEROもそうだし、

処理方法もそう。

過去7年を振り返れば様変わりしてしまった。


最大の安定は都度変化をしていること

本当にそう思う。

変化をしなければ尻すぼみとなる。

やがて消えてしまう。

変化をし続けること。


生コン工場にとって残コンは厄介者。

知らず知らずのうちに不幸になっている。

そして、その不幸に対して無感動になってしまう。


コンクリートで不幸になる人を0にする


残コン解消を通して、

こんなことができたらとてもうれしいと思う。

5つの質問はまだまだ続く。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

WEBセミナー中継中!

透水性コンクリート
無料キャンペーン実施中

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら