長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「組合が守ってくれている|残コン」 宮崎・残コン・見学会

「組合が守ってくれている|残コン」 宮崎・残コン・見学会

宮崎県の生コン組合は会員工場の残コン処理費用負担を補填している


そんな木田理事長のおひざ元、

宮崎県生コン工業組合でもやりましたよ。


残コン技術フォーラム in 宮崎・宮崎生コン工組(全国28カ所目)

40名を超える多くのリアクション。

生コン関係者が集まり、

大きい声で、

「残コンニチハ!」

と唱えるために集まりました。

嘘です。

残コンを議論するためです。

生コンブログの始まりです。


なんとも驚いたことに。

宮崎県の生コン組合は会員工場の残コン処理費用負担を補填している

まじか?

さすが親分木田理事長は違う。

ごいすーである。

初めて聞いたそんな地域。

だから、残コンに対しての認識は非常におっとりとしている。

組合が守ってくれているからだ。


にしても残コンに負担がない方がいいに決まっている。

それがわかったのは参加者からの多く寄せられた質問。

さらには宮崎県生コン工組の実行力。

これら関心と実行力が伴えば、

宮崎県をきっかけに残コン事情は大きく変わっていくかもしれない。


23030880_1080100528758945_965936989_o.jpg

※岡崎組さんでデモンストレーション(IWAシステム ※Re-con zero)


23157841_1080100512092280_766457640_o.jpg

※セルドロンとIWAシステムで改質された残コンの周りで議論は尽きない


環境省

廃棄物に関する監督官庁となっている。

身近なところでは保健所。


残コン

実に複雑な存在といってよい。

残コンを取り巻く行政は複雑に絡み合っている。

残コンを生み出す事業所である僕たち生コン工場は、

経済産業省

がその監督をしている。

ただ、残コンが発生する建設現場は、

国土交通省

が監督する行政。

さらに、

残コン(=産業廃棄物)とするならば、

環境省

がその指導監督を担う。


3つの行政が協力し合ってよりよいルールを整備してくれれば、

きっと今頃は残コンなんてものが問題になっていなかったろう。

現実は3つの行政は互いに遠慮する形で、

残コンに関するリーダーシップを発揮しづらい現状となっている。

残念な話だ。

そんな話題が来場者から寄せられた。

その通りだと思う。


猛烈な勢いで過ぎていった台風22号。

台風一過の秋空の下、

猛烈な宮崎県生コン工組で開催された残コンフォーラム。

なんか、エネルギーつけた感じがする。

箔が付いた感じがする。

なんだかいけそうな気がする。


残コンはまず第一に実務者の負担軽減。

さらには経済合理性の確保。

個別の企業がちょこまかと技術開発するのも大切だけど、

業界団体として規格行政に向き合っていかなければ、

残コンという問題はいつまでたっても解決されなかろう。

技術開発が本来の意味で結実するためには、

僕達生コンにかかわる人たちが意識をきちんと持って、

声を出すべきを声に出す姿勢だと信じている。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/10/31

あわせて読むなら!

  • 「目的はいい製品を作ること?|残コンスラッジ処理システム」

    「目的はいい製品を作ること?|残コンスラッジ処理システム」

    残コンスラッジ問題の解決策はなんといっても「出口論」。システム(http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_251.html)を実装し残コンやスラッジが製品に生まれ変...

    詳しく見る

  • 「残コンとスラッジ処理」生コンから悩み解決!

    「残コンとスラッジ処理」生コンから悩み解決!

    生コン工場や建設現場で問題となっている「残コン」「スラッジ」。処理システム装置の導入により再生技術で解決へ!ポンプ・生コン・建設が共創するゴミのリサイクルの今とは?(写真は再利用可能となった残コンと...

    詳しく見る

  • 「いつまでポンプ返し続けるの?」

    「いつまでポンプ返し続けるの?」

    建設産業の闇「ポンプ返し」。残コンが原因で行われている慣行。建設現場で圧送車内部にとどまった残コン(建設汚泥)の取り扱いを巡って、元請け・圧送・生コンの間がギクシャクしている。指摘をすればあからさまに...

    詳しく見る

  • 「元祖残コン対策『ブロック』の全国プロジェクト?|GNN」

    「元祖残コン対策『ブロック』の全国プロジェクト?|GNN」

    土留めとか隔壁や簡易な擁壁などに使われる「ブロック」(地域によって呼び方「とうふ」「ほうかい」等いろいろある)。実はこれ、生コン工場の伝統的な「残コン対策」ということはあまり知られていない。もともとネ...

    詳しく見る

  • 「地中ばりの埋め戻しという市場の開拓|残コンスラッジ処理システム」

    「地中ばりの埋め戻しという市場の開拓|残コンスラッジ処理システム」

    これまでになかった「地中ばり埋め戻し」という市場。生コン(JIS外品)と圧送いずれも取り組む川端工業(福井県)だからできる発想。これまで生コンもポンプもお呼びでなかった地中ばりの埋め戻しに生コンと圧送...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ