長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「全てのテーマに関連する生コンの深い闇」 はつり・コンプライアンス・女性活躍

「全てのテーマに関連する生コンの深い闇」 はつり・コンプライアンス・女性活躍

全てのテーマに関連する生コンの深い闇


何だと思いますか?

生コンに従事している方。

胸に手を当てて考えてみてください。

「この時代にそれないなー」

と思いながら生コンに従事したりしていませんか?

そうです。

は、つ、り

はつりです。

生コンブログの始まりである。


※白石建設とスギノマシンで共同開発した全自動はつり機試運転の様子


23336482_1085385541563777_531985608_o.jpg

※高水圧で削り取られたドラム内に付着したコンクリート


23377143_1085385481563783_1636408252_o.jpg

※洗浄水と共にガラが排出される


23379544_1085385548230443_444202269_o.jpg

※人が介在しない作業工程。完全無人はつり


生コンに従事していて問題意識を持たないという人がいたらそれは嘘だ。

あるいは、

その問題から目を背けている。

僕はそう思う。

経営者として、

こんな生産性のない超重労働を会社の仲間にさせていること自体嫌すぎて死にそうだ

くらいに思っている。

思うべきである。


僕にも経験がある。


大の大人がドラムのハッチ(小さい)から体をちじこませて内部に入り込む。暗闇。その中で投光器の明かりを頼りに、蒸し風呂状態の作業環境の中で、騒音と粉塵に消耗しながらピッカーを使って付着コンクリートをはつり取る

以下に劣悪な環境課想像しやすいと思う。

やっちゃいけないこと全部載せ

みたいな作業だ。

はたらきかた改革の総本山に投げ込んだら炎上しそうな話だ。

それを、残念ながら僕たち生コン産業は「人」に強いている。

他に方法がないからだ。

こうした現実に対してとるべき方法は二つある。

「見て見ぬふりをする」

99%の人までが、

なにかを理由にして問題に向き合うことがない。

ただ、

1%の人。

白石建設

のような人は実際に行動を起こす。

巨額の開発費や膨大な時間を注いで作り出す。

つくりあげる。

ものづくりの本質を見た。


問題を先延ばしにする。

あるいは見て見ぬふりをする。

なんとなく正しいように思うけれど、

結果的にじり貧を招くことになる。

ただ、自分が当事者になりたいとは思わない。

責任をとりたくない。

だから、やらない理由をとにかくさがす。

そんな奴ばかりだ。

(僕も含めて)


でも、逃げてばかりで問題は解決するだろうか?

・労働力不足

こんな闇を抱えた生コンを今後の労働力は選んでくれるだろうか?

・女性活躍

こんな作業をルンルンきゃぴきゃぴとやってくれるだろうか?

・コンプライアンス

そもそも、この作業自体アンコンプライアンスでしょ?

etc


嫌なものから目を背けずに、

きちんと向き合って闘う。

もちろん一人では荷が重い。

ならば、仲間を募って闘う。

連携をして闘う。

協力を募る。

闘い方は考えだせばいくらでもある。

闘うかどうかを決めることが大切。


この機械。

スギノマシンというメーカーの協力の上に試作機が完成している。

白石建設との協働パテントも取得している。

生コン産業人なら必ず共感するなにかがあるだろう。

ならば、白石建設だけに任せておかないで、

みんなで協力しよう。

手を貸そう。

方法はいくらでもある。

協力する、闘う、

先ずはその意思決定が大切。

生コン業を輝かしいものにするための一つの大きなテーマ。

僕はここにあると思っている。

(※本件に関して当社は協力を宣言します)


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/11/08

あわせて読むなら!

  • 「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    岡山駅到着直前で左手に見えるこの物体。岡山は光コンクリートに佇む謎の設備はこれから多くの笑顔を建設現場に届けることになるだろう。始まる、光クラッシャーの伝説。http://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配」玄関アプローチ、水たまりができないとの事で、業者様に注文。長岡生コンで材工共(※材料供給だけでなく工事も請け負う方式)で見学会を実施。27m2、厚さ100mm、施工 長岡生コ...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    共感を作るために、具体的な手段。建設現場で今日も繰り返される悪習、モルタル0.5m3とポンプ返し。技術は確立されているのに、それが未だ普及していない理由はなにか?それは、課題意識をきちんともって共感を...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    動く京都の残コンスラッジ事情具体的な方策の一つとして、先行モルタル(0.5m3)の完全撤廃。もちろん、赤字で出荷するモルタルの習慣を取りやめること、そして事後発生する残コンを抑制するという実用的な目的...

    詳しく見る

  • 「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「製品を買えば解決する」そんな風に誤解されている残コンやスラッジの問題。そんなに都合のいい話があれば誰もスラッジに困らない。岡山白石建設は常に進化のきっかけを作る。残コンスラッジ衝撃の新章突入なるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ