長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「もう、ポンプ返しやめましょう」 群馬・見学会・残コン・生コン

「もう、ポンプ返しやめましょう」 群馬・見学会・残コン・生コン

群馬県は前橋市。

群馬県の生コン関係者は熱い。

熱いのだけれど、群馬県はすごい寒かった。

昼間はなんとか過ごせおおせたものの、

15時を過ぎたあたりからの冷え込みは答えた。

しかし、里見会長をはじめ群馬の圧送協会は熱い。

圧送協会だけじゃない。

ご当地群馬県生コンクリート工業組合も熱い。

総勢で50名を超える参加者が集まった。


「もう、ポンプ返しやめましょう」

現場で発生してしまった残コンを、

危険な作業をして生コン車に戻す行為。

当り前になっているこれ。


「もう、おめおめと持ち帰るのもやめましょう」

そもそも論所有権移転したそれを、

あたりまえのように威張り散らされながら持ち帰るのやめよう。

すこし足を止めて考えよう。

目の前の忙しい業務にもぐらたたきのように対応して、

いつのまにか職業人生終わってました。

それじゃ風になびく草木と一緒じゃん。


1000名に及ぶ共感者と共に歩む残コン技術フォーラム

きちんと現状を把握して、

もって数の力に恃んで規格行政にモノ申そう。

僕たちは草木じゃない、羊でもない。

尊厳をもった人間なのだ。

そんな尊厳を取り戻すためのきっかけ。

残コン技術フォーラムではいくつかのきっかけを集めて、

それらをもとに残コンに関する交流を促進している。


24323934_1106273826141615_465996526_o.jpg

※全圧連の北口専務も駆けつけた(中央)、GP土井さんと(右)


24474778_1106273899474941_1674417087_o.jpg

※群馬県生コンクリート工業組合高木理事長と。


来場されている方たちの視線が違った。

業界の有名人も多くご参加された群馬県。

今回は前回の残コン技術フォーラム in 群馬のデモンストレーションVerとして、

大規模にデモンストレーションを行った。

とても関心があったということで、

実物を見せてくれとの声が多かったそうだ。

そんな声には応えたくなる。

無関心で死んだ目の様なやつには興味はないが、

本気で何とかしたいと思っている人たちと交わっていれば、

いつのまにか景色も変わるもんだ。

事実ここ数か月だけでも景色は激変している。


24623621_1106273896141608_1051083750_o.jpg

※見学会場の様子。とても大規模だ


24463377_1537265489683005_1130508120_o.jpg

※Re-con ZERO(IWAシステム)を投入する前の中村さん。後光が刺してまるで神様のようだった


今日は日曜日。

これから長崎に向けて出発する予定だ。

明日は長崎生コンさんで残コンフォーラム in 長崎(32回目)

景色が刻々と変化する。

九州はあと鹿児島を残すのみ。

なるべく早く東北(後は岩手を残すのみ)を終わらせたいな。

寒いし。


クリスマスシーズンも、残コン。

寝ても覚めても、残コン。

なんか使命感みたいなものがわき出でてきた。

勘違いかもしれないが、それでも突っ走ろうと思う。

とても楽しい毎日だ。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/12/03

あわせて読むなら!

  • 「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    横山産業の長濱さんがいろんなことを教えてくれる。僕たちが捨てた「ドラム内改質」。そして進化してきた残コンスラッジ処理システム。先祖返りとも言えるドラム改質に今再び注目が集まる。 ドラム内改質は基本お勧...

    詳しく見る

  • 「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    あらゆるソリューションがあるはずなのに、いつまでたっても業界から抜本的に消滅しない「残コン」と「スラッジ」という問題。個別企業では調査力に限界があるから?そうではない、「残コン・スラッジが解決しないワ...

    詳しく見る

  • 「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    変わる。根元から習慣を断ち切る。そのきっかけ、「残コン」。成人病や習慣病のように、「わかってはいるけれど変化できない」残コン処理。さまざまな地域で根元から変化した生コン工場の群像。 電気もない、配管も...

    詳しく見る

  • 「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    生コン工場は生コンを製造する施設。「雑然としてたってほこりっぽくたっていいんだ!」口ではそういうけど、実際はスッキリしてたほうがいいでしょ? これは、徳島県の冨士建設工業の劇的ビフォーアフターのお話。...

    詳しく見る

  • 「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    構内に溜まりに溜まったスラッジをなんとか一掃したい。だから、当日の残コンに対して同じくらいの量を混ぜて1日でも早くなくしたい!多くの生コン関係者から寄せられる質問。「スラッジを入れすぎるとどうなるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ