長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「非人道的な経営はしてません」 はつり・生コン

「非人道的な経営はしてません」 はつり・生コン

僕たちは非人道的な経営をしません。偉そうに講釈たれている生コン経営者がごまんといますが、所詮非人道的な「はつり作業」を会社の大切な仲間にやらせているぽんこつだらけです。僕たちは誠実でありたい。だめなものはだめといえる大人でありたい。だから、自動はつり機を導入して、はつり作業という人間の尊厳を損なうような作業はさせません


非人道的な経営はしてません。


やばい。

口癖のように「超」と使ってしまう風潮があるが。

心から。

本当に。

と使わせていただこう。

超、二日酔いである。

生コンブログの超始まりである。


25530492_1118165214952476_1958871760_o.jpg


足が超冷たい。

久しぶりにやらかした感が半端ない。

ふわふわしている。

ふうふうではない。

ふわふわだ。


25578979_1118165118285819_24580567_o.jpg


千葉から岡山まで車だとどのくらいかかるだろう。

お疲れちゃんである。

わざわざ観光に来てくれてお疲れちゃんだ。

約束の時間も守れないほど、

前の日楽しく飲み語らい、

楽しい岡山観光だったろう。

光子社長が知ったらどう思うだろうか。


25577092_1118165184952479_1584442350_o.jpg


行けと言われたから行く

会社が大きくなると当事者感覚がなくなるのだろう。

自分がどうしたいか?

とかではなく、

上司からの見た目がよくなる

行動規範はそんなもんだろう。

周りの人たちにどのように映るか関係なく、

自分の会社だけが世界。

そこでどのように自分が映るか。

上司にとって自分がどれだけ評価されるか。

それ以外はどうでもいい。

社内営業。

社内プレゼン。

そんなものに巻き込まれた感じだ。


25530633_1118165121619152_546631781_o.jpg


ほんとポンコツ野郎が多くて驚く。

世のなかはそんなにゆっくり進んではいない。

社内プレゼン。

社内営業。

実にほんわかしたのんびりドラマである。

こういう時代錯誤がいるのを見ると本当に驚く。

すげえな、逆に、と思う。

しかし、実に、超、二日酔いである。


25552550_1118165218285809_1609416264_o.jpg


僕たちは非人道的な経営をしません。偉そうに講釈たれている生コン経営者がごまんといますが、所詮非人道的な「はつり作業」を会社の大切な仲間にやらせているぽんこつだらけです。僕たちは誠実でありたい。だめなものはだめといえる大人でありたい。だから、自動はつり機を導入して、はつり作業という人間の尊厳を損なうような作業はさせません


しかし昨日は途中から完全にこときれている。

覚えていないのだ。

大好きなお店に4人(本当に気の置けない人たち)でいったことまで覚えている。

そこから、毛ほども記憶がない。

今は岡山から東京へ向かうのぞみ号の中である。

新大阪に到着するようだ。

体が冷たい。


というわけで、

本日も生コンライフは続く。

めっさ二日酔いである。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/12/19

あわせて読むなら!

  • 「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    岡山駅到着直前で左手に見えるこの物体。岡山は光コンクリートに佇む謎の設備はこれから多くの笑顔を建設現場に届けることになるだろう。始まる、光クラッシャーの伝説。http://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配」玄関アプローチ、水たまりができないとの事で、業者様に注文。長岡生コンで材工共(※材料供給だけでなく工事も請け負う方式)で見学会を実施。27m2、厚さ100mm、施工 長岡生コ...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    共感を作るために、具体的な手段。建設現場で今日も繰り返される悪習、モルタル0.5m3とポンプ返し。技術は確立されているのに、それが未だ普及していない理由はなにか?それは、課題意識をきちんともって共感を...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    動く京都の残コンスラッジ事情具体的な方策の一つとして、先行モルタル(0.5m3)の完全撤廃。もちろん、赤字で出荷するモルタルの習慣を取りやめること、そして事後発生する残コンを抑制するという実用的な目的...

    詳しく見る

  • 「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「製品を買えば解決する」そんな風に誤解されている残コンやスラッジの問題。そんなに都合のいい話があれば誰もスラッジに困らない。岡山白石建設は常に進化のきっかけを作る。残コンスラッジ衝撃の新章突入なるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ