長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「世界のあちこちで起きていること」 オーストリア

「世界のあちこちで起きていること」 オーストリア

非常にローカルな産業。だからこそ情報の流動性が非常に低い。個別で個別に苦労して完結してしまっている。地域や枠組みを超えた連携に昇華しづらい。それが残コンというテーマ。そこに横ぐしを刺す。


いやっほーーー。

から始まるブログ、

の著者は、

高い確率で、

浮かれている。

生コンブログの始まりである。


25590327_10155405493622830_2042281945_o.jpg

25577367_10155405492897830_172989996_o.jpg


いいいいいいやっほ~。

スケールが違う。

オーストリアである。

当社フェラーリの父ジョルジオ・フェラーリ博士(MAPEI)は、

現在RE-CON ZEROの普及を目的として世界を行脚している。

その模様をレポートしてもらい当社フェラーリが日本で報告する。


25579008_10155405493562830_523655522_o.jpg


なんか日本とスケールが全然ちがうね。

でかいね。


25592873_10155405492467830_2069552568_o.jpg


出来上がった残コン由来のその材料を使って。


25590193_10155405491592830_1748069841_o.jpg


オーストリアでも生コンを練ってみた。

日本ではECONやらNECONやらジスガイコンやら。

いろいろな名前を付けられた出荷されているそれ。

オーストリアでもいよいよ出荷開始。


25624844_10155405491577830_162033008_o.jpg


もう、スケールが半端ないね。

これ、たぶん生コンプラントです。

日本のプラントのイメージと全く違う。

なんか、動き出しそうなプラントだ。

さすがオーストリア。

面積が違う。

せせこましい感じがしない。

プラントが動いちゃいそうなんだから。


25578786_10155405491552830_2118381714_o.jpg


なにやってるかわかるだろうか?

僕には最初なにかがわからなかった。

多分、これだ。

コンクリート圧送だ。

でかい。


25577321_10155405491572830_684429928_o.jpg


25578910_10155405491557830_266440938_o.jpg


8年前にジョルジオさんと僕たちが出会って、

8年間共同で改良が進んだこの技術。

今や世界標準になるべく、

5大陸をまたにかけている。

これが浮かれないでいられますでしょうか。


アメリカ、そして日本などの環境先進国を中心に、

その価値は徐々に広がりを見せている。

一方僕たちが暮らす国日本ではどうだろう?

もちろん、その普及は進んでいるものの、

世界に範を垂れるほどではない。

残念ながらまだまだ広がりは限定的。

それでは困っていないのだろうか?

いや、

全国47都道府県を巡る旅、

残コン技術フォーラムを通して実感として知っていること。

「みんな、超困っている」

なのに、動かない。

いや、

動けない。


残コン解決の旅路

残コンはおろか生コンそのものがそうだが、

非常にローカルな産業。

だからこそ情報の流動性が非常に低い。

個別で個別に苦労して完結してしまっている。

地域や枠組みを超えた連携に昇華しづらい。

それが残コンというテーマ。

そこに横ぐしを刺す。

それが僕たちの今やっていること。


日本のあちこちで起きていること。

世界のあちこちで起きていること。

僕たちがそれを伝える。

残コンに最も困っている国。

間違いなく、我が国、JAPANだ。

他の国のどの地域を見ても、

残コンソリューションの普及は日本と同様限定的。

最初に残コン解決の標準を作るのは、

最も残コンに苦労をしている僕たち日本。

そうあるべき。


世界の残コンの実態を知るにつけ、

その情熱はますます過熱する。

燃え広がる。

消せないくらいだ。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/12/27

あわせて読むなら!

  • 「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    岡山駅到着直前で左手に見えるこの物体。岡山は光コンクリートに佇む謎の設備はこれから多くの笑顔を建設現場に届けることになるだろう。始まる、光クラッシャーの伝説。http://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配」玄関アプローチ、水たまりができないとの事で、業者様に注文。長岡生コンで材工共(※材料供給だけでなく工事も請け負う方式)で見学会を実施。27m2、厚さ100mm、施工 長岡生コ...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    共感を作るために、具体的な手段。建設現場で今日も繰り返される悪習、モルタル0.5m3とポンプ返し。技術は確立されているのに、それが未だ普及していない理由はなにか?それは、課題意識をきちんともって共感を...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    動く京都の残コンスラッジ事情具体的な方策の一つとして、先行モルタル(0.5m3)の完全撤廃。もちろん、赤字で出荷するモルタルの習慣を取りやめること、そして事後発生する残コンを抑制するという実用的な目的...

    詳しく見る

  • 「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「製品を買えば解決する」そんな風に誤解されている残コンやスラッジの問題。そんなに都合のいい話があれば誰もスラッジに困らない。岡山白石建設は常に進化のきっかけを作る。残コンスラッジ衝撃の新章突入なるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ