長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「壁がどんどん壊れていく」 ベルギー・残コン

「壁がどんどん壊れていく」 ベルギー・残コン

突然ですが、

ベルギー行ったことありますか?

僕、トランジットで「居た」ことはあります。

ただ、行ったことはありません。

そもそも、

「行った」

って何をもって行ったとなるのだろうか。

僕はN.Y.C(ニューヨークシティー)に1週間旅行に行ったことがある。

その後しばらくこう言い張った。

「僕はN.Y.Cに住んでいたことがある」

住む、と、居た、と、行った。

それぞれ、どれほどの違いがあるのだろうか?

地球規模の環境破壊の前でその違いはどれほど重要なのだろう?

生コンブログの始まりである。


26104907_10155423395202830_676684535_o.jpg


26142832_10155423395212830_1844376442_o.jpg

※なんかこのナンバープレートで一気に異国情緒が醸し出される


26132605_10155423395217830_1649219908_o.jpg

※真ん中にあるのはペットボトルの蓋だろうか。なんか、これもおしゃれな感じがする


26145428_10155423395207830_811344560_o.jpg


26108271_10155423395227830_144222147_o.jpg


日本で残コン技術フォーラムをやっている。

一方、世界でも残コンに対する意識は徐々に高まりつつある。

前回はオーストリア

そして、今回はベルギーの報告。

世界の車窓からをほうふつとさせる。

世界の残コンから。

これ、シリーズ化できそうだ。


万国共通の困りごと。

生コンというど地場産業でありながらも、

グローバリゼーションは他人事ではない。

かく言う当社長岡生コンも、

複数の国と地域の技術を見聞することで、

実際にいくつかの事業を興したり携わったりしてきた。

もう、日本語しかしゃべりません。

そういうあり方は希薄になっていくのだろう。

かといって英語がぺらぺらなわけじゃないけど。

英語だけじゃない。


昨日などは韓国の規格協会の関係者から連絡があった。

お隣の国だ。

下手すると沖縄よりも近い。

僕からしたら博多に行く感じの気軽さだろうか。

イタリアを基準にすると博多もハワイも韓国も変わらない。

(というか、イタリアはマジで遠い)

韓国の規格協会の関係者が当社WEBサイトを閲覧し、

再生骨材コンクリートの運用に興味を持たれたという。

とても大切な人脈として大切にしていきたい。

石頭の日本の規格はほっといて韓国で成功事例をつくってしまうというのもありかもしれない。


壁がどんどん壊れていく。

故郷を愛したり自分のことを大切にしたりするのはいい。

ただ、世の中は変化していく。

生コン屋も変化していく。

今自分がやっていることが正しい。

それは完全な誤解だ。

欺瞞である。

もしそのように思っているのだとしたら、

破滅の始まり。

僕は常に自分は勘違いをしていることを前提としている。

正しいことなんて絶対にありえない。

変化が本質だ。

もちろん原理原則というものがあるかもしれないけれど、

原理原則は本を読んで知るものごとではなく、

はいつくばって行動しまくった末に削られてようやく見えてくるものだと信じている。


ベルギーでも動き始めている。

8年ほど前にジョルジオさんと僕たちが出会って生まれた技術。

それはもはや日本とイタリアだけのものじゃなくなっている。

世界の残コンに困っているすべての人。

その人たちのために少しずつ役に立ち始めている。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/12/28

あわせて読むなら!

  • 「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    横山産業の長濱さんがいろんなことを教えてくれる。僕たちが捨てた「ドラム内改質」。そして進化してきた残コンスラッジ処理システム。先祖返りとも言えるドラム改質に今再び注目が集まる。 ドラム内改質は基本お勧...

    詳しく見る

  • 「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    あらゆるソリューションがあるはずなのに、いつまでたっても業界から抜本的に消滅しない「残コン」と「スラッジ」という問題。個別企業では調査力に限界があるから?そうではない、「残コン・スラッジが解決しないワ...

    詳しく見る

  • 「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    変わる。根元から習慣を断ち切る。そのきっかけ、「残コン」。成人病や習慣病のように、「わかってはいるけれど変化できない」残コン処理。さまざまな地域で根元から変化した生コン工場の群像。 電気もない、配管も...

    詳しく見る

  • 「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    生コン工場は生コンを製造する施設。「雑然としてたってほこりっぽくたっていいんだ!」口ではそういうけど、実際はスッキリしてたほうがいいでしょ? これは、徳島県の冨士建設工業の劇的ビフォーアフターのお話。...

    詳しく見る

  • 「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    構内に溜まりに溜まったスラッジをなんとか一掃したい。だから、当日の残コンに対して同じくらいの量を混ぜて1日でも早くなくしたい!多くの生コン関係者から寄せられる質問。「スラッジを入れすぎるとどうなるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ