長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「今やりよらんと、いつまでたってもできん」 高野生コン・スラッジ・残コン

「今やりよらんと、いつまでたってもできん」 高野生コン・スラッジ・残コン

スラッジの山を見るとワクワクする。

こんな心境ご理解いただけるだろうか。

今年から始まった残コン解決スタートアップ支援プロジェクト。

ポジティブな女性工場長宮嶋さんの元気がきっかけだった。

(参考ブログ;「トロンメル要りませんよ」)

まったくご縁のない静岡の生コン屋に連絡をしてきて、

いつもの僕の気のない対応(ほんとごめんなさいその節は)にもめげず、

わざわざ静岡まで足を運んで、

「なんとかしなくてはならないんです」

という情熱をぶつける。

その情熱に多くの人たちが動かされた。

残コン解決スタートアップ支援プロジェクトの始まりだった。


26906216_1984909251760692_1297312410_o.jpg

※残コン・スラッジの現状を「事実」「解釈」「行動」というフレームワークで理解する


takanonamakonnnosuketti.PNG

※構内の導線を検討するスケッチ


「今やりよらんと、いつまでたってもできん」

スラッジや残コン問題の本質を突いた発言だと思う。

多くの生コン工場の御多分に漏れず、

高野生コンも長年スラッジという問題を先送りしてきた。

抜本的解決の方法論が見当たらなかったのだ。

ある日新任女性工場長が声を上げた。

スラッジを解決しよう

ベテラン男性職員は誰も取り合わなかった。

トロンメルが要らない

フィルタープレスが要らない。

何をこの素人工場長は言い出すのか?

そんな反応だったそうだ。

めげず熱意と情熱を持ち続けた。

その熱に動かされたのは周囲だった。


「工場長の言ってることじゃさっぱり分からんかったけど、この絵と説明聞いてたらよく分かった」

「つくりは簡単なんだな」

「今やりよらんと、いつまでたってもできん」


動き出した瞬間だった。


初めての自転車の練習に立ち会うのと似ている。

自転車を後ろから支えて一緒に走る。

最初は不安定。

徐々にふらつかなくなっていき、

たまに5秒とか10秒とか手をはなす。

よろけそうになるとまた支える。

いつしか手を放してもよろけない時間が長くなる。

そして自転車は誰の支えもなくひとりでに走れるようになる。


スラッジの問題で一番大切なのは自転車に乗ろうとする人。

誰が支えても、

どんな高性能な自転車を買い与えても、

本人が漕ぎ出す意志を持たなければ自転車は走らない。

現状を変えようとする勇気がなければ、

いつまでたってもスラッジや残コンの問題は解消しない。

それが真理。


高野生コンさんは3月に京都の生コン青年部の見学会を受け入れる。

それまでを目途に残コン・スラッジリサイクルシステムを始動予定だそうだ。

今回スタートアップ支援にお伺いをさせていただいたのは二見さん。

彼の報告によれば高野生コンさんは非常に愛情にあふれたあたたかい事業所。

たった一人の意志だけではなかなかものごとは前に進まない。

それはこれまで多くの工場の現状を見てきて痛切に感じているコト。

なんだかんだいっても工場長を支えようとする周囲の人たちの協力。

そして工場長の熱意や本気度。


スラッジや残コンという問題を通して、

生コン工場に従事する素晴らしい人たちと交流できること。

これ以上の幸福を僕たちは想像しえない。

スラッジ解決スタートアップ支援プロジェクト。

今年はこのプロジェクトに熱が入る。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/01/13

あわせて読むなら!

  • 「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    「【残コン】ドラム内改質は基本お勧めしません【が】」

    横山産業の長濱さんがいろんなことを教えてくれる。僕たちが捨てた「ドラム内改質」。そして進化してきた残コンスラッジ処理システム。先祖返りとも言えるドラム改質に今再び注目が集まる。 ドラム内改質は基本お勧...

    詳しく見る

  • 「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    「【粉いくらなの?】残コン・スラッジが解決しないワケ」

    あらゆるソリューションがあるはずなのに、いつまでたっても業界から抜本的に消滅しない「残コン」と「スラッジ」という問題。個別企業では調査力に限界があるから?そうではない、「残コン・スラッジが解決しないワ...

    詳しく見る

  • 「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    「変化を志向する生コン工場の群像|月刊残コン Vol.18」

    変わる。根元から習慣を断ち切る。そのきっかけ、「残コン」。成人病や習慣病のように、「わかってはいるけれど変化できない」残コン処理。さまざまな地域で根元から変化した生コン工場の群像。 電気もない、配管も...

    詳しく見る

  • 「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    「生コン工場スッキリしませんか?【劇的ビフォーアフター】」

    生コン工場は生コンを製造する施設。「雑然としてたってほこりっぽくたっていいんだ!」口ではそういうけど、実際はスッキリしてたほうがいいでしょ? これは、徳島県の冨士建設工業の劇的ビフォーアフターのお話。...

    詳しく見る

  • 「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    「スラッジを入れすぎるとどうなるか?【残コンスラッジ処理システム】」

    構内に溜まりに溜まったスラッジをなんとか一掃したい。だから、当日の残コンに対して同じくらいの量を混ぜて1日でも早くなくしたい!多くの生コン関係者から寄せられる質問。「スラッジを入れすぎるとどうなるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ