長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「住宅建設における残コンを取り巻く課題」 残コン・洗浄水・住宅・ヘドロ・ポンプ

「住宅建設における残コンを取り巻く課題」 残コン・洗浄水・住宅・ヘドロ・ポンプ

住宅着工件数だけ残コンが発生する。


ハウスメーカーで家建てた人いるだろうか。

全国で展開している。

北海道から沖縄まで。

よく見かける全国的ハウスメーカー。

数千棟、数万棟。

詳しくはわからないけどたくさん家を建てているメーカー。

そんなハウスメーカーからこのところ問合せがかまびすしい。

残コンについてである。

環境に対しての一般の目は日に日に厳しくなってきている。

環境だけじゃない。

コンプライアンスに対しても同じだけ関心が高まっている。

誰もが知っている有名ハウスメーカー。

このところ3件。

ほぼ同時に引き合いが寄せられている。

これからますます増えるだろう。

逆に言えば引き合いを寄せないメーカーは、

「ちょっと大丈夫?」

くらい遅れたメーカーになるかもしれない。


27744193_1153891704713160_2035444110_o.jpg

※メーカーの技術者の方をお招きしてデモンストレーション


27746428_1153891671379830_229014444_o.jpg

※各種技術の結果を踏まえた議論


住宅建設における残コンを取り巻く課題

普段生コンを納めさせていただいてはいるけれど、

そこにどのような問題があるかはあまり知らない。

実際に当社をお訪ねいただき、

住宅建設における残コン周りの課題を伺うことができた。


・いわゆる残コン

・打設後のポンプに残る残コン

・モルタル(セメント)系作業を行った洗浄水(ヘドロ)


以前記事にも紹介したことがある。

ゼネコンよりも実際は苦労をしているのがハウスメーカー。

なぜならその棟数はゼネコンの比ではないからだ。

住宅着工件数だけ残コンが発生する。

それぞれを、適宜適正に処理をする必要がある。

残コンという問題に対しての世間の目が厳しくなる。

誰かがババ抜きのババを引く。

その前に適正な処理ができる方法論を確立しておく

これは確実にすべてのハウスメーカーが関心を持たざるを得ないテーマ。


プロジェクトがスタートする。

複数社のメーカーがその場に寄り合い、

同一のテーマに関して議論する。

実験を協力する。

解決するためのシステムを開発する。


残コン技術フォーラムがいよいよ1か年の活動を完了する。

そんな今、

残コンを取り巻く様々が動き始めている。

引き続きこの場で住宅建設における残コンを取り巻く課題に関して。

紹介していきたいと思う。


コンクリートで不幸になる人を0に


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/02/04

あわせて読むなら!

  • 「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    岡山駅到着直前で左手に見えるこの物体。岡山は光コンクリートに佇む謎の設備はこれから多くの笑顔を建設現場に届けることになるだろう。始まる、光クラッシャーの伝説。http://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配」玄関アプローチ、水たまりができないとの事で、業者様に注文。長岡生コンで材工共(※材料供給だけでなく工事も請け負う方式)で見学会を実施。27m2、厚さ100mm、施工 長岡生コ...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    共感を作るために、具体的な手段。建設現場で今日も繰り返される悪習、モルタル0.5m3とポンプ返し。技術は確立されているのに、それが未だ普及していない理由はなにか?それは、課題意識をきちんともって共感を...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    動く京都の残コンスラッジ事情具体的な方策の一つとして、先行モルタル(0.5m3)の完全撤廃。もちろん、赤字で出荷するモルタルの習慣を取りやめること、そして事後発生する残コンを抑制するという実用的な目的...

    詳しく見る

  • 「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「製品を買えば解決する」そんな風に誤解されている残コンやスラッジの問題。そんなに都合のいい話があれば誰もスラッジに困らない。岡山白石建設は常に進化のきっかけを作る。残コンスラッジ衝撃の新章突入なるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ