長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

「残コンスラッジ処理システム」

「残コンスラッジ処理システム」

・設置スペース36m2〜60m2程度
・3種類のピット(①スリット ②乾燥曝気 ③残コン改質)
・ハンドリングタイム 約2日間(残コンや残水が製品に変わるまで)
・出口(①RC砕石 ②生コン用骨材 ※JIS外品)
・製造原価t/500円程度
・1日の作業時間夕方15分程度、朝15分程度(1名)

現場から戻ってきた残水や終業時ドラム内の洗浄水(懸濁水)は、

①スリットピット

に排出する。

夕方から翌朝にかけスリットの隙間から水を絞り出す。

D77870FD-0C96-4E67-A497-55FE326E477C.jpeg

※スリットピットの写真。残水と洗浄水を排出

3821CD28-FB68-4A28-AFF8-E737C0CE1425.png

※翌朝絞られた状態の写真。絞り残渣を得る

BFF71C61-8A75-4F0E-8DEE-8CEF6B04681A.png

※スリットの構造

696EA9DF-FBBA-4470-B4F8-17EA126DF3CE.jpeg

※絞り残渣(②感想曝気ピット)


②乾燥曝気ピット

で絞り残渣の水分を1日蒸発させる(スランプ0)

③改質ピット

には当日の残コンと絞り残渣を投入し高分子(Re-con ZERo)を添加して攪拌する。


F1AD4965-DB3E-4168-A924-9DA6C7F29501.jpeg

※改質ピット

※ホイルローダーによる改質→http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_254.html

※いずれも10分程度の攪拌で改質が完了する

7A6A79D2-7713-4ECD-8F30-414146D4A29B.jpeg

※改質されできあがった製品の様子(出口 ①RC砕石 ②生コン骨材)
81706E3C-B347-4484-B7BF-C31FCECF763C.jpeg
※設置スペース(手前)ならびにストックスペース(奥)の全景
4E220E5F-E89E-4782-8C13-CF8F8E672F34.jpeg

※ストックスペース写真。


・設置スペース36m2〜60m2程度
・3種類のピット(①スリット ②乾燥曝気 ③残コン改質)
・ハンドリングタイム 約2日間(残コンや残水が製品に変わるまで)
・出口(①RC砕石 ②生コン用骨材 ※JIS外品)
・製造原価t/500円程度
・1日の作業時間夕方15分程度、朝15分程度(1名)
・使用重機バックホウ推奨(ホイルローダーでも可)


詳細は1時間半の壁の外に勇気を持って駆け出した生コン工場で共有しています。


工場見学随時受付


生コンでいいこと。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/03/17

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら