長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

【静岡】「金具を使って簡単に脱着できるようにしてみました」残コン、群雄割拠

【静岡】「金具を使って簡単に脱着できるようにしてみました」残コン、群雄割拠

群雄割拠。同時代に多くの英雄が活躍した戦国時代。今、生コン産業にもそんな英雄たちのドラマが始まろうとしているのかもしれない。茨城の木村真人に続き、静岡の遠藤肇。



とりあえず明日から噴霧器を使って試して見ます

6BA75C0F-B4DB-42B9-AA6A-10FBABB3B393.jpeg

茨城の豪傑木村真人に呼応したかのように。

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_427.html

伊豆の辣腕、遠藤肇が動いた。

お疲れ様です。シートやっとできました。今回は金具を使って簡単に脱着出来るようにしてみました。とりあえず明日から噴霧器を使って試してみます。


伊豆全域をその腕力で支配してきた遠藤肇。

きっと今が戦国時代なら。

遠藤肇と木村真人が互いに存在を知り合うことはなかったはずだ。

この出会いは幸をもたらすのか。

それは、誰にもわからない。

時代のみぞ知る。

豪傑同士の出会い。


FC33EC5D-5DF2-4A5C-9977-051C0FBBBB1A.jpeg

簡単に着脱できるようにしてみました。

風貌からは想像ができないそのキメの細やかさ。

これが、遠藤肇の魅力の1つを示す。

ボタンを外すように気軽に外せるシート。

そのシートは噴霧された混和剤が外気にさらされ雲散霧消しないよう。

そんな配慮が施されている。


59C4EAA2-1F0C-4994-BB9E-02C0BDE9B80F.jpeg

そして、茨城の木村真人が示したように片手で操作できる噴霧器が設置される。


4AEA94C2-7E8B-4AA2-9836-9DAAD477D3D2.jpeg

きっとこんな生コン車が数年後街中を当たり前に走っていることになるはずだ。



その混和剤の雰囲気はブレード部分を常に湿らせる。

成分が作用し、水和反応という時計は止まる。

荷下ろし。

そのまま、運転。

工場に戻れる。

ステップに上がる必要はない。

貴重な時間を割く必要だってない。

あなたは、今まで当たり前だった余計な作業をする必要がない。

噴霧器を数回プッシュするだけ。

涼しい顔で運転席に乗り込もう。

きっとそんな未来がすぐそこまできている。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/11/13

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら